赤ちゃんアトピーの3つの原因

赤ちゃんアトピーの原因は実は発育の過程にあります。
唯一目の前の自分の子供に合った子育てが出来ているかがカギです。

離乳食とアトピー

内臓の発育遅延が起こすアレルギー反応

消化不良が引き起こす

赤ちゃんは生後6か月程で母乳から離乳食に変わるの一般的です。
しかし、それはあくまで統計的なことです。
目の前にいるわが子の成長を良く見てください。本当に今のタイミングでしょうか?

 

生まれたときの体重が違えば、成長する速度にも個人差があります。
見た目の身長や体重はその発育の速度がわかります。

 

しかし、内臓をはじめとする目に見えない機関の発育は
どのようにして判断しているでしょうか?

 

食べものは消化というプロセスを経て体に吸収されます。
つまり、吸収されやすいように消化酵素などによって体の中へ入れるくらいの大きさになり初めて体の地となり肉となるのです。

 

このプロセスが未熟なままであれば、吸収されないどころか、腸壁を傷つけて未消化のまま体の中へ吸収されてしまいます。

 

体にとって役に立たないものは排除されます。
この過程がアレルギー反応です。

 

内臓が未発達であるために、なんでもない食べ物にまでアレルギー反応を示してしまうにはこのような理由があったのです

アトピーと皮膚

皮膚の発育速度が追い付かない

皮膚の成長はゆっくり

赤ちゃんの発育の速度はとても速いです。
骨や筋肉が身長を作り、その変化に応じて皮膚も作られ面積が増えていきます。

 

しかし、発育の速度に追いつかない場合には、肌は隙間ができてしまいます。
まるで引き伸ばした網タイツのようになり、体が乾燥しやすくなります。

 

急激なダイエットをしたときも、皮膚がその体型の変化に追いつかず、たるんでしまうことはよく見られます。妊婦の妊娠戦もそのうちの一つです。

 

これと同じように赤ちゃんにも同じことが起きています。
ただ妊娠戦の様な割れ目ができていないだけです。

 

そんなときは肌を軽めにマッサージをすることで、細やかな肌のきめを均一にできます。更には血流が良くなります。

赤ちゃんとはいはい

筋肉が弱い

体の負担がかかる

赤ちゃんは発育にともない活動的になります。
首が座る、ズリ這い、ハイハイ、つかまり立ちなど様々な運動様式を経験してついには2足立ち上がるのです。

 

しかし、それまでの過程で体の筋肉には負担がかかります。当然首などの細くて弱い部位には大きな不可が加わります。筋肉はその細い部位を守ろう緊張します。

 

その緊張が循環を滞らせてかゆみを引き起こすことがあります。

 

筋肉は伸び縮みして血流を流しています。
なので筋肉を固め続けるのはかえって負担になるのです。

 

速い成長が良いと勝手な判断で歩行器などを使わせてしまうことで、正し体の使い方を学習できなくなります。更には未発達な筋骨格へ負担がかかります。

 

かゆみは脳が与える体からのセンサーです。

 

その部位に何が起きているかの詳細を知ることで、対処し方が変わってきます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

川崎市多摩区のアトピー専門整体「英気治療院」

(当日予約も受付け中)土曜日、祝日も営業

0120-71-4976

0120-71-4976
メールでのご予約はコチラ LINEからのご予約はコチラ
受付時間
9:00-21:00
定休日
11月の休診6〜9日、10日の午前、16日の午後、26日です。(当日予約も可能です)

〒214-0014神奈川県川崎市多摩区登戸2075-2コスモスパジオ向ヶ丘遊園502