その母乳が赤ちゃんをアトピーにする

妊娠中の状態が胎児に影響する

初めての食事は母親の血液

私たちの体は食べたものからできています。
では胎児は何を食べて体を作っているのでしょうか?

それは母親の体とつながったへその緒から供給される血液を使い発育していくのです。

マイナス1歳からの栄養管理

体質が変わるのには半年以上かかる

赤ちゃんは10月10日の時間を経て生まれ出ます。
その期間の内に皮膚や内臓などの諸機関が作られます。
内臓はこのうちの受精から4か月で作られます。ですので受精直後あらの生活習慣は胎児に大きく影響するのです

とはいっても授かったことに気が付くのには個人差があります。
気が付いてからではすでに大きなストレスが加わっている可能性もあります。

食べたものの影響は時間差で現れてきます。
なので子供を授かると思ったその時から食生活をふくむ生活開園をするべきなのです。

体質が変わるには半年以上かかるとも言われています。
ですので1年前から子供のために栄養管理を見直していき必要があるのです。

栄養素はバランスよく摂る

亜鉛不足が乾燥肌を作る

母体は栄養不足にならないようにバランスの取れた食事を求めるのです。胎児が求めるものを欲することもあり、今まで食べようと思ってもいないものが食べたくなることも良くあります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加