赤ちゃんアトピーの改善写真

赤ちゃんの見るポイント

皮膚の硬さ

赤ちゃんは誰もが生まれたてで柔らかいという印象を持ちがちです。

 

しかし、それは実際とは異なります

 

例えば母体が栄養不足の場合、出産直後であっても赤ちゃんは乾燥肌で生まれてくることもあります
その原因の1つに「亜鉛不足」というものがあります
亜鉛は肌の乾燥と密接な関係があり、妊婦さんの時にもとっておいた方がよいとされる栄養素です。

 

話を戻しますと、皮膚の硬さはとても重要な要素です
例えば皮下循環が悪いとかゆみを引きお起こすことがあります

 

赤ちゃんは言葉を発すつことが出来ません
そのため、母親が察してあげる必要があります

 

その目安の1つに単に肌が乾燥しているだけでなく、肌の硬さも指標になります。
ぷにぷにしていそうな肌も、循環が悪いことで少しごわついた皮膚になります。

 

l声にならない訴えを、肌の変化として気付いてあげることで
不快感を訴える前に対応することが出来ます

体の動き

赤ちゃんjは発育とともに体の動かし方が変化してきます。
特に首が座って寝返りをすることが出来ることで体の発育は加速していきます。

 

体の動きで見ていただきたいのは動きの硬さです
動きの硬さとは
・体の緊張
・部分だけの動き
・反応の速さ

いわゆる運動神経と言われるようなものです
赤ちゃんの頃はすべての動きの出発点であり、すべての動作ができるのです
この時期に動きが悪かったり、なかなか動こうとしない時には体に異常が起きている可能でいがあります

 

脳とは不思議なもので、体の発育を促すためなのかわかりませんが
いろいろな反応を出して動かそうと促します

 

かゆみもその一つかと思います

 

体の動きが悪い部分は
・動かしにくい
・発育が遅れている
・弱い部分
などの理由により、赤みや痒みが出ることがあります

 

発育に段階でうまく体を動かすことが出来ないことで部分に負担がかかることがあります
単純に痒みだけをとるのではなく、動かし方を改善することで良くすることが出来ます

食事

赤ちゃんのアトピーは発育とタイミングが重要なファクターです。

 

何が重要かというと、内臓の発達と食事の管理が関係あるのです。
具体的に言えば、子供の内臓の発育に応じて食事を蛙の秘湯があるのです。

 

しかし、子供の内臓の発達状況は目に見えません。
おおよそ5~6か月が離乳食にお開始と言われています。

 

その大まかな時期や子供の興味関心に応じて離乳食が開始します。
しかし、5~6カ月というのは万人受けするわけありません。

 

目の前にいるその子の状況や状態に応じて離乳食の開始時期を変えなければなりません。
腹部や背部にアトピー様の症状が出やすい子はもしかしたら内臓の負担による症状の場合があります

 

アトピーの症状が弱いところに出るという特徴があります。
ですので、もし腹部や背部にかゆみや赤みが出た時は要注意です

こんなところに変化があったら要注意

どこにかゆみが出るか

まずはどこに痒みが出るかということを確認しましょう。
基本的に弱い部分にかゆみが出る傾向があります。

 

例えば腹部や背部は胃腸に問題がある場合にかゆみや赤みが出るけいこぅにあります。

 

皮膚そのものではなく、その内面に問題があることもあります。

 

例えば、大人の場合にはお酒を飲んで肝臓、つまり右脇腹の周囲に湿疹が出ることもあります。
そのような事例から、弱い部位にかゆみや発赤、湿疹が出ることがあるということです。

頻繁に行う癖

ただ何となくの行動は、いつの間にか無意識の癖になることがあります。

 

手の甲や耳の後ろ、髪を書き上げる時のでこをさするなど
無意識の癖があると思います。

 

始めはほんの些細なきっかけだったかもしれませんが、いつの間にか
条件反射のように繰り返していることがあります。

 

これが繰り返されると、癖とをばれる無意識に内に反応してしまうものになります。

 

赤ちゃんや子供に理屈は通用しません。

 

ですので、体がその行為を求めているから発言しているのです。

 

その行動の意味をしっかりと理解できることで
同じ掻き毟るとい行為でも対応の仕方が変わってくるのです。

もし、症状があったらこんなことをしよう

掻きむしる行為を見た時に

初めに失礼を承知でお伝えします。
これが事実です。もし、気に食わないことがありましたら
それは改善のヒントです。

 

なんにも知らない親御酸の場合
自分に問題があることを避けがちです。

 

しかし、赤ちゃんは親御さんの生活状況が大きく影響してきます

 

10月10日のその生活習慣が
生まれてから育つまでの上層になります

 

そこでうまくいかないと、ほかの子たちよりも
少し遅れてスタートする場合があります

 

もし、お子案が肌に問題を抱えている場合には
海親であるご自身の過ごし方に問題がるとまず考えてください

 

そして、次にそのこが健やかに過ごせるように
何をすればよいか考えていただきたいです

 

痒いという感覚があるとき
ほとんどの場合はそれ以前に問題があります

 

そのことへ目を無手毛ていただければ
どれだけ多くの人が変われることかと思います。

 

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加