慢性疲労の原因は副腎にある

肉体疲労は心地よい

体を動かすと疲れを感じるのは誰もが経験した来たことです。
しかし、この疲れるという感覚は経験するモにごとが増えるにつれて違いがあることに気が付きます。

 

具体的には、体を動かしたことで感じる肉体疲労と脳を使った神経披露
そして考える思考やストレスなどによる精神的な負荷による精神的疲労などに分類することができます。

 

同じ疲労と言っても、疲労を感じるまでの過程が異なり、感じ方が違うのです。
人間は動物です。

 

ですので、運動による疲労感は、実は心地よくも感じることがあります。
運動によって血液循環に負荷がかかり、刺激されています。

 

循環がよくなるのは体にっていいことです。
心地良いという感覚は、体にとって必要な感覚です。

 

疲労感には種類があり、それぞれ感じ方が違う。
ぜひ、この違いを感じてみてください。

内臓疲労はけだるい

肉体疲労はっこち良いという感覚を伝えました。

気を付けていただきたいのは、適度な肉体疲労がこの感覚を得られます。
重労働では二浪を通り越して疲弊していきます。

 

適度な肉体疲労は、食欲と睡眠欲を刺激します。
そのような体の反応は体が回復する上で必要な事であります。

 

人間にはよっきゅの分類がありあす
3大欲求と呼ばれるのものがあります。
・食欲
・睡眠欲
・性欲

これらを満たしたいという欲求を根底に持っています。

 

肉体疲労はこれらの欲求を促します。
そすてそれらを満たすような行動を起こしていきます。

 

では、そのほかの疲労はどのような版化が起きるでしょうか?

 

神経披露というものがあります。
神経伝達の異常をきたしたりします。

 

具体的には自律神経失調症などもこれらに含みます。
その先には内臓があります。

 

神経披露と内臓疲労には関連があります。

 

内臓に負担がかかるとどのようなことが起きるでしょうか?

・胃もたれ
・食欲不振
・便秘や下痢など

このような変化がでます。
もしそうなったらどうしますか?

 

このようなときには具合が悪く感じて、安静にするように休みます。

 

同じ疲労であっても、肉体疲労と神経(内臓)疲労とでは感じ方や対処の仕方さえ変わります。

消耗戦が続くと副腎疲労になる

体は披露すると元の状態に戻ろうとします。
例えば睡眠や食事を摂ることで回復しようとします。

 

安静にしてそれ以上負担がかからないようにするというのも対応の一つです。

 

もう少し細かいことを話しますと
ストレスを受けて疲労という感覚を感じることで肉体は変化します。

 

その疲労の状況によって、環境に適応する働きなのです。

 

肉体疲労は筋肉などもありますが
当然神経やホルモン、内臓なども関係しています。

 

その主たる主たる働く箇所の違いによって
感じ方や体の変化の仕方が異なるのです。

 

つまり、肉体疲労であっても
神経系や精神面にも影響を及ぼしているのです。

 

特にこのストレスという刺激に対して働く内臓は副腎と言われえるものです。

 

肉体疲労jのところでもお伝えしたように
適度な疲労感はよい体の変化をもたらします。

 

しかし、過度な負担や長期にわたる刺激の連続する環境では
体は疲弊していきます。

 

当然肉体的な変化だけでなく
先ほどの副腎という臓器にもこの負担はかかります。

 

近年ではこの副腎にかかる負担を副腎疲労と呼び
注目を集めています。

副腎疲労とは

副腎とは神経と内臓の双方へ働きかけることが出来ます。

 

自律神経は2種類あります。

 

運動する時などは交感神経が働きます。

 

食事をしたりリラックスするときには副交感神経が働きます。

 

副腎はこの2つの自律神経の働きをサポートしています。

 

さらに副腎ではホルモンの分泌もされます。
性ホルモンに関係するホルモン
代謝に関係するホルモン
などあります

 

緊急時に働いたりストレスを受けることで副腎は刺激を受け方らだへ働きかけます。

 

まず副腎に変化が出る

 

なので体への疲労が過度になると副腎に影響が出やすいのです。

 

逆に言うと、即時反応する副腎が弱まると
環境の変化に対して対応できなくもなります

 

いつまでも風邪のようなダルさが続いたり
精神的に滅入ってしまうなどが起こります

 

どのような疲労を感じていますか?

 

アトピーノ症状でも同じようなことが言えます。

 

肉体的、精神的にストレスを受け続けることで
副腎疲労が起こりやすいです。

 

今一度、ご自身の体の状謡を見直してみましょう。
もしかしたら、副腎疲労になりかけているかもしれません

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加