アトピーが慢性化すると副腎に負担がかかる

アトピー性皮膚炎は炎症反応

アトピー性皮膚炎はアレルギー反応の1つです。

アレルギー反応とは、体に対して異物が侵入した時にそれを排除しようとする働きます。

 

免疫にはいくつか種類があります。
一番初めには粘膜にある免疫が働きます。
そして体内に入った時に働く免疫
最後に細胞内に入ってしまった際に働く免疫など
異物や体に不要なものなどの標的がどこにいるかのよって反応数免疫が異なります。

 

このシステムに反応してアレルギーは引き起こされます。

 

特に花粉症などは肌や粘膜に花粉などの異物が触れることで起こります。
種類の違うアレルギーであっても、複数の症状を引き起こします。

 

一言でアレルギーと言ってもその症状の出方は異なるのです。
さらに、アトピーの人であっても、花粉に反応してかゆみが出ることもあります

不要なものを入れない能力

体は不要なものを排除する際に様々な経路で排泄します。

体の中に入る前に対処する

花粉などはこれに当たります。
鼻水やくしゃみなどを介して排泄います。

体の中で処理する

主に内臓の働きによって無害なものに処理されます。
ただし、内臓に負担がかかり、別の問題が起こる場合もあります。

排泄する

汗などの体から排泄すすところから体外に出す。
他にも吹き出物のように本来体から出るべきでないところからも出ることがあります。
その時は、内臓の処理能力が低下していることもあります。

炎症が起きるとき

炎症とは

炎症とは体の代謝が活発な状態です。
ひとは生きるために食べ物を摂取して、そこからエネルギーを得ています
その過程で消化吸収とで得られた栄養素から異化と同化によってエネルギーを生み出します。
このような一連の流れを代謝といいます
怪我をしてときに炎症が起きるのは、細胞の再生を促すために、代謝が活発になっているのです。

炎症は自然とおさまるもの

足首の捻挫をして直後は痛みや腫れが起きます。
それには意味があります。

炎症の5兆項

炎症の5兆項というものがあります。

痛みはそれ以上傷めないように
腫れは壊れた部分を守るため
赤みは、血液が集まっているため
機能障害は動かすことで悪化するのを防ぐため
熱感は血液が集まっているため

このような意味があって炎症は起きます。
おおよろ2~3日を目安の急性期と呼ばれる経過を終えて徐々になだらかに関服していきます。

痛みが起きたときには内臓も働く

試合中に怪我をしても
そんなに痛みを感じないときがあります

それは体の中でアドレナリンがでているから

アドレナリンはいわゆる興奮剤の様なもの
痛みなど軽度のものなら緩和できます

これには副腎のホルモンが関係もします
副腎はストレスなどに対応出来る臓器です
この副腎が出すホルモンによって様々な錦秋処置が体の中でも起きています
このホルモンを体の中にある自然ンステロイドとも言います

体の中のステロイド

副腎が出すホルモン

副腎の働きの1つ緊急時に体ができ央出来るスイッチを持っています。
このスイッチは副腎皮質から出されるホルモンによって起こります。

血糖値を挙げる
これは緊急時にすぐにでも動けるように

代謝を挙げる
細胞の再生を促進

など様々あります

条件付きの反応

副腎皮質のホルモンが作用するのは緊急時です。
つまり、一時はとても体が活性化しますが、そっれは一時に限る反応です。

その一時は特に生命維持に必要な時です。
痛みの抑制などは特に動くために、生きるために秘湯ナウな副腎の働きン1つです。

しかし、この一時が常に起こり続けたらどうなるでしょうか?

一時のストレスに対して反応するように機能する臓器ですので
臓器が疲労していきます。

これが副腎疲労の始まります。

内臓とアトピーの関係

内臓も役割がある

内臓には生命時のための役割を持っています。
しかし、肉体と同じで必要以上に酷使してしまうと疲労します。

大きなストレスならそれに気が付けますが
少しずつのストレスの場合じわじわと負担が蓄積していって
いつの間にか具合が悪くなっていきます。

日常的なストレスに気づく

当たり前と思っていることも体にとっては意外と負担になることもあります。

怪我が肉体的にも精神的にも大きなストレスです。
ですが、自然と治癒することでよくなります

ただし、なかなか良くならないアトピー性皮膚炎などはストレスが溜まりやすいものです。
皮膚の炎症によるもの
精神的なストレス
など、これらが日常的に起きているのです

そのような背景もあり、内臓に対する治療が必要不可欠になります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加