子供のアトピー改善にはサプリメントは必要

栄養の偏りが体を不健康にする

時期による栄養不足

私たちの体は食べたものでできています。胎児のころはこれらの栄養素を母親の血液を介して供給されていました。そのため、母親は栄養不足になりがちなので、亜鉛やカルシウムなど必要な栄養素を補給するように栄養管理をしっかりとします。しかし、生まれてからはそれらの管理を自分でしなくてはなりません。特に必要になってくるのが成長期です。この時期になると休息は発育の速度に対応できる必要があります。成長期は何回かありますが、その時にもしっかりとカロリーだけでなく栄養バランスを考えた食事が必要になります。

おやつにお菓子を食べてします子供

子供には間食が必要です。小さなころは1日のほとんどを寝ています。昼夜逆転するときもありますが、次第に昼寝の回数や寝る時間が一定になってきます。生後数か月の夜泣きはお腹がすくために起こるといわれています。それだけ栄養補給は大切なことです。

乳児期を過ぎると自分で食事を食べるとうになります。そこでは元気に動くようになり活動的な姿が多く見られます。その分だけ汗を多くかきエネルギーを消耗します。ただでさえ発育の速度が速いので栄養素を多く必要としている時期です。体を動かすの発育に必要な事。その分だけしっかりと栄養を取る必要があるのです。間食とお昼寝はその手段の1つです。この間食で大事なことは「おやつの時間にお菓子を与えないこと」です。

 

市販のお菓子には添加物が多く含まれています

食べ物には保存料を始めとした添加物が多く含まれています。これらの本当の目的は、食中毒をお粉差に用にするために入れられたのが始まりまです。そのうちに、商品の見た目の悪さをよくするためや食感を変えるためなど多くのことに利用されるようになりました。最近では味付けを変える事さえ行われています。この添加物はスナック菓子などのお菓子にも多く使われています。この人口甘味料などを始めとする添加物を食べることで味覚がおかしくなってしまいます。さらに、添加物には栄養素と結びついて、必要な分だけ補給できない弊害も起こります。お腹がいっぱいになるだけでは正しい食事はできないのです。

必要な栄養素を補給するために

なるべく手作りのものを

保存料などの添加物はその名の通り食中毒などを防ぐめに入れられています。そこで、手作りで作ることでその分の添加物を抜くことが出来ます。もちろん時間を作ることや手間はかかりますが、その愛情を込めた分だけ子供の体は健やかに育ちます。

時には栄養補給も

アレルギーを持っていることで必要な栄養素を摂ることが難しい子供もいます。その時には別途サプリメントなどで補給することも必要になります。なるべく自然なものから摂ることは理想的です。しかし、体の症状を長引かせてしまっては本末転倒です。時と場合によって手段を使い分けることも必要になります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

川崎市多摩区のアトピー専門整体「英気治療院」

(当日予約も受付け中)土曜日、祝日も営業

0120-71-4976

0120-71-4976
メールでのご予約はコチラ LINEからのご予約はコチラ
受付時間
9:00-21:00
定休日
11月の休診6〜9日、10日の午前、16日の午後、26日です。(当日予約も可能です)

〒214-0014神奈川県川崎市多摩区登戸2075-2コスモスパジオ向ヶ丘遊園502