アトピーで使われる保湿剤の種類

保湿剤の種類

化粧水

化粧水には潤いを与えることを目的に使われることが多いです。しかし、化粧水の成分や使うタイミングによってようとは異なるのはご存知でしたか?

補水

化粧水の役割は「補水」です。補水とは水を補うと書いて補水です。肌に打つ老いを与えることを目的に使われています。

肌環境を整える

化粧水の商品には弱酸性のものがあります。洗顔後に肌がツッパつ場合には、肌の環境がアルカリ性に傾いていることもあります。

例えば石鹸で洗顔した場合にはカルシウムの膜が貼られることがあります。この膜は肌の露出を防ぎ、乾燥を予防してくれます。ただし、肌の状態や皮脂や汗を出しにくい時には必要以上に引きつりを感じます。

 

この場合に弱酸性の化粧水で肌の環境を整えて、アルカリ性の膜を中和してくれます。

クリーム

クリームは油と水を混ぜたもの。役割は保水です。化粧水で水分を補ったあとに蓋をする目的に使われます。

バリア機能を助ける保水

皮脂の分泌が少ない場合や乾燥肌の時に化粧水とセットで使われます。肌の露出を防ぎ、乾燥肌の進行を止めます。

滑剤としてのクリーム

汗は血液からできています。クリームは油を含んでいるため、肌のマッサージをする時の滑剤にもなります。すり込むのではなく、刺激を少なく、血流をよくすることで体の循環を促すことができます。

美容液

エッセンスは皮膚に対する栄養成分です。保湿剤以上に肌にとって有効な成分を多く含んでいるため、見た目の変化が一番体感しやすいものです。

肌を柔らかくするエモリエント効果

アトピー肌は長期的な刺激によって徐々に厚くなっていきます。それは刺激に対する自然な反応なのです。超とペンだこができるように刺激が加わり続けている限り厚みは代わりにくのです。

 

そこでエッセンスを使用することで、皮膚を柔らかくすることができるため、刺激による厚みを和らげるように働きかけるのです。

肌のくすみを薄める美白効果

シミやくすみの原因は紫外線以外にもあります。例えば皮膚の細胞がもろくなることで細胞自体を強化するためにメラニンで覆われることもあるのです。このメラニンに対しても美容液の成分が働きかけることでシミやくすみの進行を遅らせることができます。

天然の保湿剤は汗と皮脂

スキンケアは私たちの身体の機能をサポートするものです。私たちの身体には本来、肌を潤わせる機能が備わっています。それが汗と皮脂です。汗は自然な化粧水で、その汗と皮脂が混ざることで天然のクリームになります。スキンケアはそれらが自然と出せるまでのつなぎです。そのことを忘れずに素肌がキレイを目指してスキンケアをしていきましょう。

整体で体の巡りを良くすると内側から保湿される

汗は何からできているでしょうか?身体の体液の中の血液です。汗がかけない人はこの血の巡りが良くないことが多いです。その問題点は、栄養不足、水分不足、循環不足など様々です。これらの問題を解決して身体の巡りをよくすることで肌のキメが整います。血液は内臓なら生み出されますので内臓の機能を高める整体を受けることで身体の内側から潤いのある素肌を作ることができるのです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加