顔のアトピーが治らないときに取るべき栄養素

顔のアトピー

顔の肌荒れが起きる時に見るべきポイント

顔のどこへ出ているかを確認

顔に出ている赤みやかゆみなどの皮膚の症状は目立ちます。ただしそれが気になるからと言って隠してしまってはいけません。実はその出ている部位がからだの異常を知らせているサインかもしれないからです。

肌は内臓の鏡です。特に顔は出ている部位によって胃腸、循環器、内分泌など体のどの臓器や機能に負担がかかっているかがわかります。その体からのk声から改善のためにヒントをつかんでいきましょう。

肌荒れは内側と外側の2つの問題が影響している

肌荒れがあった時には3つのポイントを気にかけます。1つが直接的なかぶれの有無。2つ目がアレルゲンとの摂取や接触。3つ目が体の中の変化です。

直接的なかぶれ

かぶれの場合は特徴があります。それがかぶれた部分と健康な部分との境界が明瞭になることです。その見た目から肌荒れの原因を特定していきます。かぶれの場合はかぶれたものに振れないこと。そして炎症を抑えることで良くなります。

アレルゲンとの接触や摂取

アレルギーを日本語でいうと「過敏」です。他のものよりも反応しやすいものがあります。アレルゲンとなるものの摂取やそれが接触する環境に板かを確認します。前提として自分がどんなアレルゲンに反応しやすいかの検査をされているものとします。

 

良くあるのがハウスダストやカビなどです。エアコンの風や掃除の後に症状が出る場合は要注意です。アレルゲンが直接肌に触れて症状を出していることもあります。この場合はアレルゲンの除去をまずします。そして自分自身のい体調管理も併せて行います。体力が血ている時には免疫反応が過敏になることもあります。

体の中の問題

直接的なかぶれ、そしてアレルゲンでも該当しない場合には体の中に問題があります。内臓や循環などの変化がかゆみを始めとする皮膚症状を起こしている可能性が高いです。これは整体などで体を整えることで良くなります。

肌荒れには乾燥と炎症の種類がある

乾燥肌の場合にはじめにすべきこと

体の外側の問題は刺激を避けて保護する

体の内側の問題は栄養を摂り巡りを良くする

整体をすることで体の回復が早まる3つの理由

  • このエントリーをはてなブックマークに追加