かゆみの原因がカビの場合

アトピーとカビ

かゆみの原因を知る方法

かゆみを感じたときにどんな対処をされていますか?実は、体が辛いと感じたときにする行動がこの先の未来を変えます。

 

痒いと感じたときにどうすると楽になるのか?これを知ることができれば改善への道は近くなります。その方法は後述致します。

状況と状態を把握

かゆみを感じたときに自分の体がとんな風になっているかを把握することが状態を把握するです。熱を持っているのか、赤くなっているのかなどかゆみなど辛い症状以外の変化を見ましょう。

 

また、辛さを感じるときの環境を知りましょう。どんな時期に、どんな場所で感じますか?

もしかしたら、自分の体以外にかゆみを引き起こす原因があるかもしれません。

アレルギー検査を受ける

アレルギーとは日本語で「過敏」という意味です。これはひとよりも特定の物質へ過剰に反応してしまう状態をいいます。このときの特定の物質を「アレルゲン」と言います。

 

どんなものがアレルゲンになっているかは血液検査でわかります。そのときに遅延型と即時型の2つは検査されると良いでしょう。

 

すぐに反応を示すのを即時型。2〜3時間語に反応が出るのを遅延型と分類しております。

 

これらを知っておくことで辛さを感じて振り返って見たときに何を見れば良いのかの手がかりになります。

かゆみを感じたときにすること

かゆみを感じたときにすべきことは自分自信の状態を観察します。次にににつけているものを外して、辛い部分をすすぎます。これで楽になれば何か異物が刺激していた証拠です。

 

このようにして、掻き壊す以外の対応をしてみましょう。そうすることで何が原因であったかがわかります。

カビが原因だったケース

カビが原因でかゆみが出ていたケースがあります。その気づきはあるキーワードでした。汗をかくと痒い。これだけでは汗が刺激になったのかと思ってしまいます。しかし、同じように汗を書くお風呂ではかゆみを感じていませんでした。ここから服を着たときに衣類の何かが溶け出して刺激になたのではないかと考えました。

 

洗剤、化学繊維過敏症など考えた結果、たどり着いたのが洗濯機のカビでした。洗剤を変える以外に変化がないので外泊したときの違いでわかりました。このようにして1つずつ変化をみていきます。細かい点が改善のヒントになっています。

まとめ

かゆみを感じるときは様々な原因が考えられます。それを探るときは自分の体の状態や周囲を取り巻く状況を把握することで見えてきます。

 

次にどのように対処するかで、何が影響していたのかを絞っていきます。1つずつですが変化を見ていくことで原因がわかります。

 

もし、自分自身で見つけられない場合には一度ご相談くださいませ。一緒に探して体をよくしていきましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

川崎市多摩区のアトピー専門整体「英気治療院」

(当日予約も受付け中)土曜日、祝日も営業

0120-71-4976

0120-71-4976
メールでのご予約はコチラ LINEからのご予約はコチラ
受付時間
9:00-21:00
定休日
11月の休診6〜9日、10日の午前、16日の午後、26日です。(当日予約も可能です)

〒214-0014神奈川県川崎市多摩区登戸2075-2コスモスパジオ向ヶ丘遊園502