1歳児のアトピーで多い悩みと解決法

  • 湿疹は体の弱い部分に出る
  • お腹の湿疹は離乳食で胃腸への負担
  • 胸の汗もは呼吸器得の負担
  • 整体で発育を整えることで肌の悩みは解決する
  • 整体を受けるべき場合

湿疹は体の弱い部分に出る

乳幼児は湿疹は体からのサインです。その多くは体の弱い部分や負担のかかっているところに出る傾向があります。その負担や弱さがわかれば育児の方法で良くすることが出来ます。

お腹の湿疹は離乳食で胃腸への負担

お腹にできる湿疹は胃腸が弱いときや負担のかかった時の出ます。乳幼児ですと蚊帳過ぎる離乳食や胃腸の未発達によるものが多いです。この場合は時間をかけて食事をさせるか消化の良いものに変えます。

特に唾液が出ているかどうかは胃腸の負担や発育を見るのに必要なものです。

胸の汗もは呼吸器得の負担

気候の変化によってあせもが出ることがあります。汗のケアは着替えや適度な拭き取りです。しかし、心肺機能に負担がかかるときは胸や首回りに湿疹ができやすいです。特に梅雨から夏にかけては多く見られます。

 

整体で発育を整えることで肌の悩みは解決する

肌に起こる湿疹は皮膚の明代以外にも起こります。特に発育と生活リズムの不一致で起こるケースが多いです。この発育のスピードには個人差があります。整体では本来の発育のスピードに追い付かせるように整えていきます。肌だけではなく体の動きやなども変わっていきます。

整体を受けるべき場合

もし、お子さんがこのような場合は整体を受けたほうがいいです。

・胸やお腹に湿疹がある

・よだれが少ない

・体の反応が鈍い

・ハイハイが遅い

これらは発育の状態を見ています。もしこのようなものに該当すれば整体で解決できます。早めの受診をお勧めいたします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加