夏に悪化するアトピー

夏に悪化するアトピー 目次

  • 夏に悪化するアトピーの原因と対処
  • 夏における気候の変化
  • 夏の暑さで体に起こる変化
  • 夏の気候の変化で体に起こる変化
  • 夏に起こるアトピー症状
  • 夏におけるアトピーケア

夏のアトピー対策

夏に悪化するアトピーの原因と対処

夏に悪化するアトピーは「熱のこもり」によるものが多いです。梅雨時期に汗をかけなかった場合、体に熱がこもりやすく、強いかゆみを引き起こします。

夏における気候の変化

夏の気候は温度によって呼び名が変わります。夏日、真夏日、猛暑。場合によっては酷暑などと呼ばれることもあります。大ききくは気温によって分類荒れています。

夏日(25度程度)

真夏日(30度程度)

猛暑(35度程度)

体に起こる変化

夏は熱で脳へ負担がかる

体は36.5度で体温を維持しようと機能します。これは自律神経が働き発汗を促します。発汗以外にも呼吸などあらゆる方法を使って体の熱を冷まそうとします。

 

とくに熱を持ちやすいのは頭部です。脳は体の中で一番エルギーを使い、熱がこもりやすい場所でもあります。

 

熱のこもりは熱中症などを引き起こし、体温調節中秋が乱れます。このような重篤なものが起こる前に、発汗不足などの自律神経の以上が先駆けて起こります。

夏の気候の変化で体に起こる変化

急激な環境の変化では自律神経の働きが十分に働きません。正確に言うと、周囲の環境の変化に自律神経の反応が追いつかないという状態になります。

 

そのため体の体温は徐々に上がります。この体温の上昇に伴い、体の周囲の熱によって血液をはじめとする体液は体表面に湯どうさせられます。

水分は温度変化に左右されやすいです。体表面いある体液は熱を持ち体の中までも温めていきます。

 

また、体液は温まることで粘性を帯びてふドロドロになります。さらに発汗方によってミネラル不足にも陥ります。体は熱の働きによって熱くなりますが、体は干からびたように徐々に硬くもろくなっていきます。見た目の皮膚の状態とは逆に、体の中から脱水が起こるのです。

夏に起こるアトピー症状

皮膚の問題では乾燥肌になりやすいです。それも日中の暑い時ではなく、夜やお風呂上がりなどに起こりやすいです。必要以上に熱を帯びるため乾燥しやすいでのす。

夏におけるアトピーケア

血液をサラサラに

暑いからといって冷たい飲み物などでつい体の中を冷やしてしまいがちです。大切なのは滅駅がドロドロになっているので、まずはそのドロドロ血液を解消することです。

 

内臓はこのドロドロ血液を送るため、心臓に負担がかかります。抓りケツ越が上がりやすくなるのです。さらに血液をろ過したり、解毒する肝臓や腎臓にも負担がかかります。

 

血液を冷やすことよりもサラサラにすることの方が重要です。飲料水などの飲み過ぎではお腹が冷えます。とくに下腹部の冷えが目立ちます。

必要な水分は常温が良いでしょう。そしてひとつまみの塩や塩分を含む漬物や梅干しなどを適度に食すのもおすすめです。

冷やすならお腹よりも頭を優先

夏のアトピーは頭を冷やす

熱の影響を一番受けるのは脳です。体の中で一番高いところ位置しています。さらに一番エネルギーを消費して熱を帯びやすいです。

 

熱は上に上がる性質があります。ライターの火を見ればわかりやすいです。着火するところは青く、火の先は赤いです。赤い方が熱が高いのです。

 

冷やす場所はおでこ、後頭部、首を中心いされると良いでしょう。また、頭蓋骨の動きが硬いと熱を発散できないので、頭蓋骨調節をすることで熱の発散しやすい女体を作れます。

まとめ

夏は気温の違いによって呼び方が異なります。特徴は高い気温と湿度によって体が熱くなることです。湿度がある分、体温は影響されやすいです。

皮膚表面が熱くなり乾燥しやすくなります。しかし、表面だけでなく体の中の血液なども影響を受けています。血液はドロドロになり内臓機能へ負担をかけます。乾燥してきた皮膚のケアだけでなく、体をめぐり血液や内臓へのケアも大切です。とくに夏を帯びやすい頭を冷やすことは忘れてはいけません。

 

暑いと気づいた時にはすでに熱がこもっています。適度に水分補給や直射日光を避けて体への負担を減らしましょう。

 

体には様々な変化が出ます。夏の変化は喉に出ます。もし、体の変化をもっと知りたい方はご相談くださいませ。一緒に自分にあったケアをして見つけていきましょう。

アトピーと季節について詳しくはこちら

アトピーと季節

アトピーと季節に関する関連記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加