秋に悪化するアトピー

秋に悪化するアトピー

秋に悪化するアトピーの原因と対処

秋における気候の変化

残暑

夏の暑さが尾を引いています。真夏日があり、熱帯夜になることもこの時期には起こります。

秋雨

梅雨時期のようにシトシトと雨の続く火があります。中には台風の影響を受けて豪雨になることもあります。

秋晴れ

低気圧による雨(秋雨)が通過して、その後やってくる高気圧によって、低温で乾燥した空気へと変化します。

体に起こる変化

気圧の変動が激しい時期です。自律神経の乱れが起こりやすい時期です。

とくに日中と夜の差が生まれます。梅雨〜夏にかけて発汗できていないと、乾燥肌に拍車がかかります。

体は適応できないときに引き起こす症状

秋は寒暖の差が激しくなります。さらに乾燥してくるので呼吸器系にも影響が出やすい時期です。

 

乾燥肌になる場合とじゅくじゅくした湿疹が出るケースがいりまじります。これは梅雨〜夏の過ごし方の影響を受けています。

アトピーに類似する症状

この時期には湿疹の出方にバラツキが出ます。乾燥肌もいれば、じゅくじゅくした湿疹が出る場合もあります。

秋におけるアトピーケア

この時期は自分を取り巻く環境とのギャップをなくすことが大切です。急激な温度や気圧の変化に影響を受けます。とくに自律神経の乱れが起こりやすいです。

 

着る服も1枚の羽織物を持ち歩くように調節できるようにしましょう。

 

 

まとめ

秋は気温や気温の差が起こりやすい時期です。そのギャップに適応できないと体は症状を引き起こします。

 

日常生活では、衣類や食事などの養生をするとともに、冬の時期に備える必要があります。

 

冬には代謝が活発になる時期です。梅雨〜夏には環境の後押しもあって発汗などが促されました。今度は自分自身の力で秋から冬を乗り越えていくことになります。夏液の流れを良くして、内臓が持つ本来の働きを十分に発揮できるようにしていきましょう。

 

梅雨〜夏は過剰に働きすぎて症状が出ます。秋〜冬は内臓機能の低下によって症状が起こります。

 

もし、今の現状がどうなっているかわかなない場合には一度ご相談ください。体を知ることで自分にあったベストのケアの仕方を見つけていきましょう。

アトピーと季節について詳しくはこちら

アトピーと季節

アトピーと季節に関する関連記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加