皮膚の色素沈着の原因

目次

  • 色素沈着が起こる理由
  • 刺激が加わる
  • 細胞が脆い
  • 色素の起こる部分が弱い
  • 栄養不足で色素沈着が起こる時
  • 色素沈着をよくするために
  • 整体との相乗効果
  • まとめ

色素沈着ができる理由

色素沈着が起こる理由

皮膚の色素沈着は多くの原因で起こります。また、顔では頬、唇、歯、まぶたなど様々な部位で起こります。部位の違いや出方の違いによって原因は様々あります。その色素沈着の起こり方を知ることができれば、改善できることもあります。

色素沈着の起こり理由の多くは体を守るためです。それは大きく3つのことから身を守ります。1つは刺激が加わる。2つ目は細胞そのものが脆い。3つ目は内臓などの体の奥の部分が弱いために起こります。それぞれについて解説していきます。

刺激が加わる

刺激が加わると皮膚細胞はダメージを受けてしまいます。それから守るためにメラニンを分泌しています。代表的なのが紫外線です。メラニンによって吸収や拡散されます。

 

他にも摩擦などの物理的な刺激です。下着跡などにも見られる色素沈着はこのために起こります。

細胞が脆い

細胞が脆いとその脆さを補填するためにメラニンでコーティングします。例えばめぐりが悪い。めぐりが悪いことで必要な栄養素が運ばれません。

 

他にも栄養素が不足している状態です。細胞を作る材料が足りなくては脆い細胞ができてしまいます。

色素の起こる部分が弱い

弱い部分に色素が沈着することがあります。これは湿疹の出るパターンに似ています。

 

この弱い部分とは、内臓やあるいは関節など古傷があるような部位に多く見られます。目振りが悪かったり、気圧の変化に過敏なところは粉のような傾向にあります。

栄養不足で色素沈着が起こる時

体は食べたものでできています。その食べた栄養素は内臓によって消化吸収されます。そして血液を介して全身の細胞へ運ばれて、代謝によって組織や器官を形成します。

 

建物と同じで材料がよくないと耐久性は下がります。私たちの細胞も同じです。骨などがわかりやすいかと思います。カルシムやマグネシウム、そしてコラーゲンが不足すると見た目は同じでも折れやすくなります。皮膚でも同じようなことが起こります。

 

ですので、食べ物や栄養バランスは色素沈着に大きく関わってきます。

色素沈着をよくするために

食事の取り方や何をとるかが大切です。栄養バランスを考えると「まごわやさしい」や「彩りよく」などの見た目や献立の立て方が有名です。

また、栄養素単体の摂取ではなく、バランスよく摂るように心がけましょう。単体でビタミンなどを摂取すると過剰症などの恐れもありますので十分注意する必要があります。

 

食べ方ですが、よく噛んで味わいましょう。そうすることで、唾液の分泌が促され、消化吸収の助けになります。

整体との相乗効果

内臓で、特に胃腸機能の旗r気じゃ十分であれば食べたもんが効率よく吸収されます。

 

早食いや大食いでは、逆に胃腸に負担をかけてしまいます。これは肌荒れの原因にもなります。

 

内臓機能が働くことで、肌も綺麗になります。整体ではこのような内臓機能の働きを整えることが可能です。胃下垂で胃がもたれたり、腸の動きをよくすることで排泄機能も高まります。

 

胃腸の機能が整うことで、冷えやむくみなどの改善にもつながります。その結果、代謝も上がり美肌になることができるのです。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

 

色素沈着は3つの要素で起こります。その中でも栄養不足は周囲の環境に関係なく怒ってしまうものです。自分自身でコントロールできれば、細胞が丈夫で、綺麗な肌を保つことができます。

食事だけの効果では手間と時間がかかります。整体と組み合わせることで、良い状態を早く作り、自己管理でその状態をキープできます。その方が負担なく変わることができます。

 

もし、色素沈着などでお困りの場合には、一度ご相談くださいませ。一緒にその悩みを解決していきましょう。

アトピーの色素沈着について詳しくはこちら

アトピーの色素沈着

アトピーの色素沈着に関する関連記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加