色素沈着の原因は紫外線以外にある

色素沈着の原因

紫外線以外で色素沈着が起こる原因

色素沈着は皮膚の中にあるメラノサイト細胞がメラニンという物質を分泌することでできるとされています。

ではなぜ、そのメラニンが分泌されるのでしょうか。メラニンが分泌されることで起こるのは色が黒くなるだけではありません。実はメラニンを分泌された細胞は丈夫になるのです。つまり、細胞が丈夫にならなければいけない理由があるので色素沈着が起こるのです。

その理由は大きく分けて3つあります。1つは細胞が脆い。2つ目が刺激が加わっている。3つ目がめぐりが悪いです。それぞれについてご説明していきます。

細胞が脆い

細胞が脆いとその脆い細胞を守るためにメラニンでコーティングしていきます。メラニンは刺激から守るだけでなく、もともと弱い場所を守るためにも分泌されます。体にめぐりが悪く栄養状態が悪いとその部分の細胞は他の細胞よりももろくできます。血液などのめぐりが悪いことで色素は沈着していきます。細胞が脆いだけでなく、その部分よりも奥深い場所が弱い時にも起こります。

体の弱い部分を守る

シミなどでも良くあることですが、皮膚よりも深いところが弱いとシミができます。いわゆるたてのような役割としてシミをはじめとする色素沈着が起こります。時としてシミではなく一過性に湿疹としてあわられることもあります。内臓をはじめとする弱っている臓器付近にこのような変化は起こります。

刺激が加わる

紫外線によって身を守るためにメラニンが分泌されるのは周知かと思います。しかし、それ以外にも摩擦などの刺激が加わる部分いにも色素は沈着します。例えば関節や下着をつける部位です。

 

このようなところは常に摩擦を受けているので色素が沈着しやすいです。これを予防するには下着の繊維を変えて肌に優しい素材にする。下着の締め付けを調節するなど刺激を加えないことです。

紫外線以外でも皮膚にシミができる理由

紫外線は目に見えない刺激で体に炎症が起こっています。そのためその刺激から身を守るためにメラニンが分泌されます。

 

上記の3つ以外にも体を守るために色素沈着は起こります。体を観察してみて色素が付いている部分に答えがあります。

 

全てに共通して言えるのは、必要だから症状が出ているということです。

色素沈着を良くするために

肌は常に生まれ変わっています。この生まれ変わる周期をターンオアーバート行っています。このターンーオーバーは歳を重ねるごとに伸びていきます。他にも体の代謝のスピードや刺激の九九悪量や頻度など様々なことに影響されます。

 

大切なことは色素沈着は必要があって出ているものです。日焼けも紫外線に当たる量や頻度が少なくなればアカとなって落ちます。そして下の素肌の色に戻ります。

 

他の色素沈着も同じです。刺激となるものがなく、本来の代謝ができればなくなるものです。ただそれに気づけていないだけです。色素沈着を作り続けているのです。シミ抜きやレーザーで消しても再び起こるのは原因が解消されていないからです。

 

シミをはじめとする色素沈着は良くなるものです。もし、原因がわからない場合は一度ご相談くださいませ。一緒に原因を探してよくしチェいきましょう。

アトピーの色素沈着について詳しくはこちら

アトピーの色素沈着

アトピーの色素沈着に関する関連記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加