首のアトピーもどき

首のアトピーもどき

  • アトピーもどきの3つの特徴
  • アトピーもどきの治し方
  • 首の湿疹をよくするセルフケア
  • 整体と組み合わせることで相乗効果
  • 整体を受けた方がいい場合

アトピーもどきの3つの特徴

薬が効かない湿疹

薬が効かない湿疹はアトピーもどき

ステロイドなどの薬が聞きにくいのが特徴です。ステロイドなどの抗炎症薬は炎症を抑える薬です。しかし、アトピーもどきは肌の炎症ではありません。かき壊しによる傷や炎症には効果がありますが、体の中に問題がある場合は効果を期待できません。

湿疹の形が特徴的

アトピーもどきは形に特徴がある

薬も効かないアトピーもどきは、独特の形をしています。その1つが「筋肉の形に湿疹ができる」です。このような場合は筋肉に負担がかかっている場合があります。皮膚ではなく筋肉に対して対処することでよくなります。

かゆみを感じる条件がある

アトピーもどきの特徴

通常、かゆみは3つの条件でかゆみが起こります。「熱のこもり」「めぐりの滞り」「異物の侵入」それ以外にもかゆみが起こります。そのタイミングと部位が特徴的です。決まったタイミングで決まったところに出るのがアトピーもどきの特徴です。

アトピーもどきの治し方

アトピーもどきの治し方

このようなアトピーもどきは、塗り薬のような外からのアプローチでは、なかなか変化しません。今回のような「首の筋肉」に問題がある場合は3つの方法が有効です。1つは、筋肉の「位置」と「かたち」を整える。2つめは、筋肉の「使い方」つまり機能面を整える。3つ目は筋肉を統合している「呼吸」や「姿勢」を整えるです。

首の湿疹をよくするセルフケア

3つの姿勢と呼吸法で体のチェックやセルフケアができます。まずはここから試してみてください。

整体と組み合わせることで相乗効果

整体と組み合わせることで相乗効果

体の使い方は無意識に癖がつきます。まずはその癖に気づけるk十が最優先です。体をチェックして動かしやすい状態にされた方は、変化は早いです。動かしやすい状態を維持するために、セルフケアをさせるとより効果的です。

整体を受けた方がいい場合

整体を受けた方がいい場合

もしこのような場合は、整体を受けることをお勧めいたします。

・首肩こりがあり湿疹がある

・湿疹の範囲が広がってきた

・お風呂に入るなど温まると痒くなる

・かゆみを感じる頻度が増えた

このような場合は、徐々に問題が進行しています。この問題は整体で解決できますので、早めの受診をお勧めいたします。

http://eiki-tiryouin.co.jp/tel/?1

  • このエントリーをはてなブックマークに追加