夜寝ているときに頭がかゆい原因

夜寝るときに頭がかゆい

  • 夜寝ているときに痒くなる原因
  • かゆみを取る方法
  • 緊張を取る快眠まくら
  • 体の火照りをよるアイスまくら
  • 整体特みわせて相乗効果
  • 整体を受けた方はいい場合

夜寝ているときに頭が痒くなる3つの原因

寝ている時に頭が痒くなる3つの理由

人間の体温は、寝ているときは本来下がるものです。特に顔や頭などは、熱がこもると寝つきが悪くなるくらい温度に敏感な部位です。むかしから「頭冷やして足冷やさず」というくらい養生法としても有名なものです。

そんな頭や顔が痒くなるのは、この熱のこもりによることが多いです。他にも複数の原因が重なってかゆみが起こることがあります。

痒みという感覚は「熱のこもり」「異物に対する反応」「滞り」によって起こります。以下のリストはその例です。もし該当する場合には、先ほどの3つの原因を除去していきましょう。

  • 頭皮が汚れている
  • 頭皮が乾燥している
  • すすぎ残しがある
  • 頭皮を強く洗っている
  • 寝ているときに歯ぎしりや噛みグセがある
  • まくらとの相性が悪い
  • 汗をかけないで熱がこもる
  • 頭皮にカビ菌が増えている
  • ストレスが溜まっている

かゆみの原因にはこれらの他に、栄養不足や自律神経の乱れなどもあります。では、どうすればかゆみは取れるのでしょうか。

頭のかゆみを取る方法

多くの場合は、「熱のこもり」「異物に対する反応」「めぐりの悪さ」と分けることができます。

共通する項目などはまとめて対策を紹介します。

頭が痒くなる原因

シャンプーの仕方に問題がある

シャンプーの仕方に問題があると、頭皮を痛めてしまいます。その結果、炎症が起きてかゆみを引き起こします。また、すすぎ不足であれば、毛穴のつまりやダニの餌となってかゆみが起きます。多くの場合はシャンプーをおとすときのすすぎ時間を「丁寧に」「時間をかけて」「優しく」行うことで解決します。

チェックするときは、直接頭皮の色をみましょう。赤みを帯びている場合は、シャンプーそのものが合わない場合、こすりすぎなどが考えられます。そのときはシャンプー剤の変更やすすぎ落としのみにして頭皮を休息させましょう。

他にも、シャンプーの成分自体が刺激になる場合もあります。刺激に対して反応して痒みが起こります。または、その刺激によって炎症の起きたところは、刺激に過敏になります。もし、そのような場合は、湯洗いにするか、オイルを数滴頭皮になじませてからシャンプーをされると、頭皮が保護されて痒みが起こりにくくなります。

頭皮に熱がこもる場合

発汗ができない場合、寝ているときも頭に熱がこもりやすくなります。その結果、夜の寝苦しさだけでなく後の頭部や顔の乾燥まで招いてしまいます。そのような症状を防ぐには頭部を冷ますことが有効です。発汗を促すことも大事なのですが、それには時間がかかることがあります。まずは保冷剤などでしっかりと冷まして寝るときに鮫た状態を作ります。それでも寝ているときに熱がこもってしまうのであれば、アイスまくらが有効です。熱がこもってしまう原因は、自律神経の乱れも関係します。夜のテレビやパソコン、スマホの使用などが多いです。

頭部の緊張があるとき

まくらとの相性が悪いと首や顎周りに力が入ってしまします。睡眠時間の平均は6〜8時間と長いので、力が入ったままだとめぐりが悪くなり頭部に熱がこもります。その結果、かゆみが起こります。そのような場合は力の抜けるまくらや姿勢を作りましょう。そうすることで寝ているときのめぐりの悪さが解消されます。オススメは「快眠まくら」です。タオルを使用することで簡単に作れます。

緊張を取る快眠まくら

体の火照りをよるアイスまくら

整体特みわせて相乗効果

整体特みわせて相乗効果

頭皮や顔のかゆみは冷却してめぐりをよくすることで解消されます。それでも治りにくい場合は、筋肉や骨格の調節が必要です。またはめぐりをよくするために内臓の調節や自律神経を整えることでよくなります。これらは整体で可能です。自宅でのセルフケアと組み合わせることで早くよくなります。

整体を受けた方はいい場合

整体を受けた方はいい場合

もしこのような場合は整体を受けた方が良いです。

・夜寝つきが悪くかゆみで目がさめる

・寝汗をかいて痒くなる

・湿疹が広がって眠れない

・朝乾燥している

このような問題は体の中に原因があります。その原因は整体で解決できます。早めの受診をオススメいたします。

電話予約

LINEで予約する

  • このエントリーをはてなブックマークに追加