関節にできる湿疹の原因

関節の湿疹の原因

  • 関節にできる湿疹の特徴
  • 関節にできる湿疹の原因
  • 関節にできる湿疹のチェック方法
  • 関節の湿疹は整体を受けると改善しやすい
  • 整体を受けた方がいい場合

関節にできる湿疹の特徴

関節にでる湿疹の特徴

関節にできる湿疹の多くは関節のラインと関節の周辺に広がるとようにできるケースがあります。これらは似ているようで原因が異なります。

関節のシワを見てみましょう。しわの溝に沿ってできるのは関節に負担がかかっているためにできます。首や手首に多く見られます。その時に注目するのが、しわの数と深さです。

関節にできる湿疹の原因

首の湿疹は姿勢の負担で起こる

関節にできる湿疹の原因の1つに「関節に負担をかけている」ということが挙げられます。

・同じ動きをする

・関節に過度な圧力が加わる

・関節の形にそぐわない動きをする

このようなことが代表的な原因です。これが関節ではなく筋肉や腱であれば「腱鞘炎」などの症状となります。関節そのものの炎症である「関節炎」ではなく、皮膚のその以上が出ると湿疹という形になります。

関節にできる湿疹のチェック方法

関節の湿疹は整体を受けると改善しやすい

関節の湿疹は整体を受けると改善しやすい

ひび割れなどの傷には、湿潤療法や薬が有効です。しかし、そのひび割れが起きた原因は関節の使い方にあります。繰り返す湿疹などは関節や軟部組織を整体で整えることで繰り返さずに済みます。

整体を受けた方がいい場合

整体を受けた方がいい場合

もしこのような場合は、整体を受けた方がよいです。

・ひび割れを繰り返す

・湿疹が広がっている

・薬の効き目が悪い

このような場合はすぐに整体で指の使い方を整えた方が良いです。早めの受診をお勧めいたします。

電話予約

LINEで予約する

  • このエントリーをはてなブックマークに追加