痒くて掻き壊してしまう理由

  • 肌が壊れてしまう理由
  • 肌を掻き壊さないための対処法
  • セルフケアで肌を丈夫に
  • 整体を受けることで肌は丈夫になる
  • 整体を受けたほうがよい場合

肌が壊れてしまう理由

肌が壊れてしまうのは、いくつかの条件の時の起こります。

・肌を壊すほどの刺激が加わる

・栄養不足で肌がもろい

・熱を帯びて肌がもろくなる

このような条件で肌は壊れていきます。逆に言いますと、来られの条件をクリアすれば肌は壊れることなく元のキレイな状態になっていきます。

肌を掻き壊さないための対処法

肌を掻き壊さないためには、肌そのものと肌に触れるものの双方を整える必要があります。

・爪を切る

・衣服に上から掻かない

・皮脂の分泌を促す

・体の熱を冷ます

など体の状態と状況を整えていきます。

セルフケアで肌を丈夫に

アイスマッサージでほてりを取り除く

足湯で皮脂の分泌を促す

整体を受けることで肌は丈夫になる

整体を受けることで肌は丈夫になる

掻き壊しは、我慢しても限界があります。意識している時は何とかこらえることができますが寝てしまった後は無意識に掻いてしまうこともあります。この掻くということは残念ながら止めることはできません。意識があるときに冷ましたり、保湿をするときにはコントロールできます。そうでない場合は、掻いても掻き壊れないようにするしかありません。そんな肌を丈夫にする方法は、整体で可能です。

・皮膚の柔軟性をだす

・皮膚の隙間を緩めて放熱させる

・自律神経を整えて発汗を促す

など整体でかゆみ自体を抑えたり、肌を丈夫にする方法があります。ですので、整体と汲み置合わせることで早くよくなります。

手の湿疹が良くなる

before画像

処置前

after画像

処置後(翌日)

正しい処置をすればひび割れなどの傷もすぐによくなります。1〜2日で薄皮は貼るのが正常な反応です。もし、それでも傷ができたり治らない場合は体の中に問題がある場合です。

※お客様の感想であり、効果効能を保障するものではありません。

子供の肘の湿疹

before画像

施術前

after画像

施術後

アトピーもどきの湿疹です。神経の緊張を解いてアイスマッサージをすることで肌を守る皮脂や汗の分泌を促しました。この写真は施術後3日での変化です。

※お客様の感想であり、効果効能を保障するものではありません。

整体を受けたほうがよい場合

整体を受けたほうがよい場合

もしこのような場合は整体を受けたほうがよいです。

・掻き壊しが止まらない

・肌に熱がありのぼせ気味

・夜寝ている時に掻いている

・常にかゆみを感じている

自分ではコントロールできないかゆみなどある場合には、かゆみだけでなく、肌そのものを丈夫にする必要があります。それは整体で可能です。早めの受診をお勧めいいたします。

電話予約

  • このエントリーをはてなブックマークに追加