かゆみを抑える対処法

かゆみを抑える対処法

  • かゆみが起きる原因
  • かゆみを止めるには何をすれば良いか
  • かゆみを止めるのに効果的な方法
  • 整体を受けることでかゆみが起きなくなる
  • 整体を受けた方が良い場合

かゆみが起きる理由

かゆみが起きる原因

かゆみはアトピー性皮膚炎に限らず起こる感覚です。この感覚は体が訴えるサインの1つなのです。それを読み解くことができれば対処法は自然と思い浮かびます。

身近なかゆみは

・むくんでかゆみが出る

・靴下を脱いだらかゆくなる

・蚊に刺されでかゆくなる

などかゆみはアレルギー症状以外にも起こるものなのです。アトピー性皮膚炎wおはじめとするかゆみの対処法は、アトピーの炎症をどうするのか?という視点で考えてしまっております。だから、薬での対処が主流になっているのです。

しかし、かゆみの原因が炎症でない場合は、薬も効きにくいのです。ではどうすれば良いか?それは体の巡りをよくすることでかゆみは治まっていきます。

かゆみを止めるには何をすれば良いか

かゆみを止めるには何をすれば良いか

かゆみの原因は3つあります

・巡りが滞る

・熱のこもり

・異物に対する反応

これらは共通して巡りをよくすることで解消できます。

その大ひょい的な方法は「温める」「冷やす」ことです。それぞれ共通して巡りをよくします。しかし、それぞれに特徴があります。

それは「最大限の力で巡りをよくする」「最小限の力で巡りをよくする」です。炎症がある場合は、アイシングが有効です。保湿ができないで潤いもないときは、温めることで皮疹分泌を促して乾燥肌も改善できます。

 

かゆみを止めるのに効果的な方法

整体を受けることでかゆみが起きなくなる

整体を受けることでかゆみが起きなくなる

いかがでしたでしょうか?

体へ温熱や冷却の刺激を加えることで巡りがよくなります。これらの効果は体が刺激に対して適切に反応するから起こるのです。特に自律神経が乱れているときは、同じことをしてもなかなか結果を得ることが難しいです。ですので、自律神経も整えながらセルフケアをすると早く良くなっていくのです。

整体を受けた方が良い場合

整体を受けた方が良い場合

もし、このような場合は整体を受けることをおすすめいたします。

・汗をかけない

・かきむしると肌に傷ができやすい

・傷の治りが悪い

・常にかゆくて耐えられない

このような場合は、自分の状態を把握できていません。手当たり次第に試してしまう傾向の方が多いです。そんな場合は、整体を受けることでしっかりとカウンセリングしてもらい、今の自分にあったケアを紹介してもらう必要があります。問診だけでなく実際に肌を触り見ることができる専門家への受診をおすすめいたします。

アトピー整体の電話予約

  • このエントリーをはてなブックマークに追加