まぶたの赤みを取り除くアイマスク

まぶたの赤みの原因

  • まぶたが赤くなるときの特徴
  • まぶたが赤くなる原因
  • こんなときは要注意
  • まぶたの赤みを取り除くケア
  • 整体を受けることで改善しやすい
  • 整体を受けた方が良い場合

まぶたが赤くなるときの特徴

まぶたが赤くなるときの特徴

まぶたが赤くなるときは、炎症やかぶれの他にも負担がかかると起こります。つまり、スマホやパソコンなどの使用によって目が疲れると起こります。ただし目の充血のようにすぐに出てくるわけではありません。赤みは血液の鬱滞です。炎症が起こっているときは必要があって血液を集めています。しかし、鬱滞の場合は血液が行き場を失い滞っているのです。

まぶたが赤くなる原因

まぶたが赤くなる原因

まぶたが赤くなるのはそこに血液があるからです。他には皮膚が薄くなる、血管が拡張しているなど血液自体が顕著に目に見える形になっていることもあります。代表的なのは目のクマです。目の下の脂肪組織が薄くなって、目に見えるようになっています。まぶたをこすりすぎると炎症が起こり赤くなります。その他にも搔き壊しで皮膚が薄くなっても起こります。それ以外には、目に負担をかけて目ではなくまぶたや目の周りに血液が鬱滞することでも起こります。このような場合は血液の巡りを良くすれば変わります。ただし、炎症や感染症の場合は注意が必要です。

こんなときは要注意

感染症の赤みに要注意

顔に出る赤みは、はじめにそれが自力で対処しても良いのか鑑別が必要です。その方法の1つとして「触れて押してみる」というのがあります。押して痛みがあれば「感染症」の可能性があります。この場合は医師の診療の元治療することが早く良くなります。

もし、押しても痛くない場合は、熱を帯びているかを確認します。熱があれば冷ますことが有効です。その方法として「アイマスク」がオススメです。

特にほてりもない場合は血液の鬱滞です。この場合は「おしぼりマスク」で巡りを促すと良いです。

まぶたの赤みを取り除くケア

まぶたの赤みを取り除くケア

ほてりをとるアイマスク

目のうっ血を改善するおしぼりマスク

整体を受けることで改善しやすい

整体を受けることで改善しやすい

顔の赤みは今このときに起きている問題が関係していることが少ないです。赤くなったときよりも前に堅田へ負担がかかることが多いです。特にまぶたは目の疲れが多いです。他にもかみ合わせなどで顔に血液の鬱滞が起こることでもみられます。

そのような場合は、原因に対して対処する必要があります。目の前の赤みはセルフケアで良くできます。そして赤くなる原因は専門家に聞くことで見つけることができます。同じように赤みを出さないためにも整体をはじめとする専門家にアドバイスをもらうことで早く良くなります。

整体を受けた方が良い場合

整体を受けた方が良い場合

もしこのような場合は専門家に治療をしてもらった方が良いです。

・顔の赤みが繰り返し起こる

・顔の赤みが引かない

・薬を塗っても変わらない

このような場合は、体の中に問題があることが多いです。一度専門家に相談する必要があります。

当院では下記のフォームからご相談できます。お気軽にご相談くださいませ。

電話予約

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

川崎市多摩区のアトピー専門整体「英気治療院」

(当日予約も受付け中)土曜日、祝日も営業

0120-71-4976

0120-71-4976
メールでのご予約はコチラ LINEからのご予約はコチラ
受付時間
9:00-21:00
定休日
11月の休診6〜9日、10日の午前、16日の午後、26日です。(当日予約も可能です)

〒214-0014神奈川県川崎市多摩区登戸2075-2コスモスパジオ向ヶ丘遊園502