アミロイド苔癬の対処

肌のかゆみでかき続けていると、いつのまにか色が変わったりボコボコになります。これは皮膚の変形です。この変形は「かく」という刺激に対しての反応です。つまりアトピーだからなったのではなく、かき続けていることによって起こる変化なのです。こmの変化は、自分の体が作り出したものです。ですが、自分の体が作ったものなので、自分の力で変えることができるのです。その過程や考え方についてお伝えさせていただきます。

  • アミロイド苔癬とは
  • アミロイド苔癬できる過程
  • アミロイド苔癬を治す過程
  • どんな方法が有効?
  • まとめ

1,アミロイド苔癬とは

皮膚アミロイドーシス

アミロイド苔癬、結節性アミロイドーシス、斑状アミロイドーシスの3つに分類される。アミロイド苔癬はアミロイド原線維は皮膚のケラチンであり下腿に斑状の非常にそう痒のある紅褐色調の丘疹を呈する。結節性アミロイドーシスのアミロイド原線維は単クローン性免疫グロブリンであり四肢、顔面または体幹に単発ないし多発性の平滑な、結節性病変を呈する。紫斑の有無は問わない。斑状アミロイドーシスのアミロイド原線維は皮膚のケラチンであり上背部に好発し、そう痒を伴う。灰色褐色、網様の黄斑病変で、しばしば特徴的なさざなみ型のパターンを呈する。

wikiより引用
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%83%9F%E3%83%AD%E3%82%A4%E3%83%89%E3%83%BC%E3%82%B7%E3%82%B9

アミロイドをわかりやすくいうと「かさぶた」のようなものです。体を保護するためにできた組織です。傷の場合にできたかさぶたであれば、傷あとが治れば自然と剥がれ落ちます。しかし、今回のような、「かき壊し」によってできた苔癬であれば、できる理由が異なりますので、放置してもなかなか変化しません。その理由は、傷口の修復までの保護ではなく、傷ができなくなるための保護だからです。これがわかれば、取るべき対処も変わっていきます。

1-1.どんな人がなるの?

アミロイド苔癬は、急にできるものではありません。多くの場合、繰り返す刺激が起こり、その反応としてできます。ですので、かゆみや摩擦などの刺激が加わり続ける仕事や生活を送っている人に起こりやすいです。そういったことから、アトピーをはじめとする掻きぐせがある方に見られやすい症状です。

1-2.どういうことをするとなるの?

アミロイド苔癬は、刺激に対する反応で起こります。この刺激は摩擦や掻き壊しのような刺激によって起こります。ただ掻き壊すだけなら、傷や乾燥などで終わります。しかし、繰り返し刺激が加わると、肌はその刺激に対して適応します。その適応の結果が、対戦という固い皮膚を作ることになるのです。

2.アミロイド苔癬できる過程

アミロイド苔癬は、肌を丈夫にするための肌の変形です。言い換えれば肌が刺激が加わり続ける環境に対して適応した結果なのです。ですので、掻き壊しや摩擦による刺激が加わり、傷や乾燥がまず起こります。このような刺激が加わり続けることで、はじめはホクロのように点ができます。一度できたら、次は早いです。刺激が加わり、傷ができる前に肌が反応します。掻いたあとには苔癬を作るという「癖」ができてしまいます。似通った部分や刺激が加わりやすい部分はすぐに対戦ができやすくなります。苔癬ができた部分にも、ムズムズした感じなどを感じやすくなります。余計に掻き続けてしまい、治りにくい環境を作ってしまうのです。

2-1.アミロイド苔癬の原因とは?

アミロイド苔癬は、刺激に対する肌の変形です。ですので、刺激を加えることが原因となります。似たようなものであれば、ペンだこやまめなどもその1つです。ペンを持つ強さや持続時間などによって皮膚へ刺激が加わります。その部分を丈夫にしようとする体の反応でペンだこやまめができます。これらを解消する場合は、ペンを持つ強さや持つ時の刺激を少なくすることで、徐々に減っていきます。このようにして、肌そのものに対する刺激が苔癬を作っているのです。

3.アミロイド苔癬を治す過程

苔癬は刺激を加えて、肌が壊れて、壊れないようにする変化です。肌をよくするには、その反対をします。つまり、肌の修復を促して、肌が柔らかくなる環境を作り、刺激をなくすです。

苔癬は、分厚く、黒っぽい色を帯びてきます。これは皮膚が分厚くなり、色素沈着が起こることで肌を丈夫にしています。これらそそれぞれ肌が丈夫になるための変化です。治療をしていくと、皮膚の厚みや色味も変化していきます。しかし、それらには変わる傾向や家庭があります。まずは、

3-1.はじめに薄くなっていく

刺激を加えないようになると、皮膚は薄くなっていきます。それは刺激を加える程度が減った時に見られます。かく頻度や程度が変われば、肌はそれだけでも変わっていきます。その後は体の中を整えることでそれ以外の変化も出てきます。

3-2.皮がむける

炎症が起きた時には、色がくすんだり、皮がむけます。これは肌の代謝が促されたことによって起こります。炎症は代謝が活発になったものです。急激な変化が起こっている時には、落屑と言われる皮膚がパラパラ落ちることがあります。変化のしはじめなどにも見られやすいです。それはよくも悪くも変化する時に起こります。場合によっては脱皮するように剥がれることもあります。

3-3.色が薄くなる

苔癬は皮膚の肥厚(皮膚が厚くなる変化)以外にも、色素沈着も伴います。ボコボコした対戦が黒っぽく見られることもあるのはそのためです。この色素沈着も刺激に対する皮膚の適応です。しかし、皮膚表面だけでなく、皮膚が作られる過程で色がつきます。なので、色が変わるのは少し後になります。

4.どんな方法が有効?

ここまでで、アミロイド苔癬ができる理由や家庭についてお伝えさせていただきました。それでは、「どうすれば、よくなるの?」とお考えかと思います。次にオススメのケアについてご説明させていただきます。

4-1.肌を傷つけずにかゆみを抑える

まずは、苔癬ができるきっかけとなる「掻く」ということを無くします。方法は2つあります。1つはかゆみそのものが起こらないようにする対策です。2つ目は、かゆみが起きた時に肌を傷つけることなく対処する方法です。これらができれば、アミロイドを起こす原因がなくなります。温める冷やす、撫でるさするなどのことで解消ができます。

4-2.肌の代謝を高める

肌の代謝を高めることで、不要な組織と必要な組織に置き換えることができます。その中で大切なのが栄養素です。栄養素が不十分ですと脆い肌ができてしまいます。そうすると、刺激の強さではなく、肌の脆さで変形が起きてしまいます。血液を流して、栄養補給をしましょう。そうすることで肌が生まれ変わりやすくなります。

4-3.肌の環境を整える

肌は様々な環境の変化に適応します。刺激が加われば、壊れないように丈夫にするのもその適応の1つです。問題なのは、変形と言いう形を取っていることです。環境によって変わるのですから、反対に皮膚を柔らかくする環境を作ることができれば、肌はその環境に適応します。それがスキンケアです。多くの場合は、体の表面のケアしかしません。体の中の栄養素や循環の他、体の外の環境や刺激もコントロールすればよくなるものです。保湿と保護をすることができれば、アミロイド苔癬は、不要なものとなり、肌は元に戻っていきます。

 

まとめ

さて、いかがでしたでしょうか?

苔癬ができた過程がわかれば、原因の解消ができます。それでけでなく、体の反応の仕方がわかれば、元の肌に戻すことも可能なのです。しかし、色や変形の具合によっては期間がかかる場合があります。それだけ、苔癬そのものも時間をかけて作られたものですので、じっくりとケアをされることをオススメいたします。

アトピー症状の悩み解決について詳しくはこちら

アトピー症状の悩み解決

アトピー症状の悩み解決に関する関連記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

川崎市多摩区のアトピー専門整体「英気治療院」

(当日予約も受付け中)土日祝日も営業

0120-71-4976

0120-71-4976
ネット予約はコチラ LINE予約はコチラ
営業時間
9:00-21:00
定休日
10月は7、8、9、13、18、29日ですです。(別途、休診日以外では、当日予約も可能です)

〒214-0014神奈川県川崎市多摩区登戸2075-2コスモスパジオ向ヶ丘遊園502-A