夜寝ているときに掻いてしまう

寝ている時にかく

寝ている時につい掻いてしまうことはありませんか?無意識なので、なかなか止められません。朝起きたら傷だらけで、気分も落ち込んでしまいます。もしかしたら、その掻き傷は、体をよくするために、本能的に動いているために起きているかもしれません。無意識に掻いてしまう行為には意味があります。その意味を読み解くことで、傷を作ることはなくなります。今回はそんな夜の搔き壊しについてご説明させていただきます。よろしくお願いいたします。

1,夜に掻いてしまう理由とは?

  1. 1,無意識に体を直す働きかけ
  2. 2,体の緊張が強い

無意識に何をする時には、意味があります。その意味とは、本能的に体を修正したいとう欲求です。この欲求は掻く以外にもよく見られることです。例えば、足を組んだり、頬づえをついたりすることも、無意識に体を修正したいという欲求の1つです。その意味に気付ければ、かくこと以外でも対処ができ、夜に肌を壊すことも無くなります。

1-1,無意識に体を直す働きかけ

体に不調があると、様々な感覚を体は引き起こします。傷があれば痛みます。痒みは、めぐりの悪さや冷え、むくみ、緊張などでも起こります。もし、アレルゲンの摂取がない場合は、体の中に痒みを引き起こす原因があるかもしれません。例えば、緊張が強い場合は、皮膚を壊しやすいです。傷ができても掻いてしまうのあれば、それは皮膚に問題がありません。皮膚が欠損しても掻きづつけてしまているのですから。そんな場合は、睡眠に入る前にケアをすることで、掻くことは治っていきます。

1-2,体の緊張が強い

体の緊張が強いことで、掻き壊しが起こります。寝返りや歯ぎしりなどもこの緊張が強いことで不具合をきたします。音が鳴ったり、おきたら関節のこわばりがあれば、それはきんちょいが強い証拠です。他にも低血糖を起こすと喉の渇きや汗をかくなど、痒み以外の症状もみられます。

夜汗をかいてかゆい

2,夜にかゆみが起こる原因

  • 1,体の緊張が強い
  • 2,体の冷え
  • 3,熱のこもり

痒みは、アレルゲンの摂取以外でも起こります。特に温度変化や体の緊張が多いです。冷えやむくみ、緊張は相互に影響しあいます。痒みで目が覚めた時に、その部分がどうなっているかの確認をすることで判明ます。

2-1,体の緊張が強い

体の緊張が強いと、その部分を緩めようとします。神経や筋肉、骨の硬さを取りたいという働きかけです。傷ができるほど掻く場合は、このようなことも考えられます。もし、このような場合は、体の緊張が抜けきっていないです。寝る前の過ごし方に問題があります。例えば、スマホなどの強い光を見ることで、目の周りが緊張して疲労も取れにくいです。そのような場合は、目の周りを掻くことが多いです。寝る前に目を休めて、マッサージなどすることで、予防が可能です。

2-2,体の冷え

特に夏の暑い時期には、関節周りの冷えが目立ちます。寒い時には、撫でさすり体温をあげようとします。この働きかけが、掻くという行為に置き換わってしまっています。この場合は、冷房などの空調を帰る、薄手の長袖にするなど寝ている時の体温調節をすることで解消できます。子供の搔き壊しの場合は、関節を温めたり、さすってあげることで、その行為は止まっていきます。

2-3,熱のこもり

熱がこもると、汗を開いたり、寝苦しくなります。体の緊張が強い場合にもこのようなことが見られます。痒みを感じた時に湿疹があるか確認します。もし毛穴に湿疹があれば、汗疹の可能性があります。これは、汗に対してアレルギー反応を生じたものです。その場合は、清潔にして汗を拭うことで解消できます。他にも寝返りが打てない場合は、血液のめぐりが鬱滞して、痒みを生じます。寝返りを打てないぶん、かいてその部分のうっ血を促そうとします。その繰り返しが、肌を傷つけます。このような場合は、体の緊張を解いたり、寝具の熱放散を高めるなどで解消できます。

3,夜にかゆみが起きたい対策

  • 1,体の緊張をとる
  • 2,空調を整える
  • 3,寝具を整える

寝ている時は、無意識です。そのため、起きている間に予防に取り組むことで、寝ている時の搔き壊しは防ぐことができます。

3-1,体の緊張をとる

ストレッチポールなどを使用することで、自律神経の働きを整えることができます。このようなことを寝る前にすることで、筋肉の緊張が抜けて、寝に入りやすくもなります。また、低温でゆっくりとお風呂に浸かることもオススメです。重力がない状態で、水圧のマッサージが加わるため、緊張が抜けやすいくなります。エプソムソルトというマグネシウムの入浴剤を入れることでも筋肉の緊張は抜けやすいです。

3-2,空調を整える

汗をかいてかゆい場合、もしかしたら冷えているかもしれません。その冷えが痒みを引き起こす場合、空調で冷やすのは逆効果です。もし、されるのであれば、送風などをオススメします。直接当てるのではなく、天井に向けて部屋全体の空気が動くようにすると、快適に過ごすことができます。

3-3,寝具を整える

寝具の通気性によっては、熱の発散が困難になります。高密度であれば、ダニなどが入りにくいですが、熱の発散がうまくいきません。オススメはすのこなどを布団の下に敷くことです。そうすることで、背中など熱のこもりやすい部分に熱の逃げ場ができます。寝ている時にどこがかゆいのか、そしてどんな姿勢で寝ているのかが改善のヒントになります。

4,まとめ

さて、いかがでしたでしょうか?

寝ている時の搔き壊しは、体の不調を整える働きかけです。無意識ですので、コントロールするのは困難かと思われます。しかし、起きている時から、痒みの原因は起きているます。ですので、寝る前の体への取り組みが、対処にも予防にもなるのです。寝るための準備をしっかりすれば、このようなことは防ぐことができます。是非とも、試して見てくださいませ。

アトピー症状の悩み解決について詳しくはこちら

アトピー症状の悩み解決

アトピー症状の悩み解決に関する関連記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加