膝のアトピー治療(症例4)

  • 症例24 歩くと足が張ってかゆい 10代 男性
  • 症例25 マラソン走ると膝がかゆい 10代 男性
  • 症例26 寝ている時に足を掻いてしまう 30代 男性

症例24 歩くと足が張ってかゆい 10代 男性

歩くと足が張ってかゆい

施術内容

首、まぶた
→緊張が強い。目の疲労
膝内側
→足への負担
ということでした。

セルフケアでは
胸の押し上げ
背中呼吸
タオルの牽引
足のローリング
などされてくださいませ

できたかどうかのチェック項目は
歩き方がスムーズ
音がない
疲れにくい
など観察されてくださいませ

変化の兆し
傷がなくなる
などがあります

考察・解説

かっyみは、負担がかかっている時に感じやすいです。歩いて痒くなる場合は、歩き方に問題があり膝などへ負担がかかっています。その場合は、歩き方を修正します。そうすることで、痒みの程度や頻度は治っていきます。今回はそのようなケースでした。

症例25 マラソン走ると膝がかゆい 10代 男性

マラソン走ると膝がかゆい

施術内容

マラソンで走ると膝がかゆい
→膝への負担

ということでした。

セルフケアでは
<膝>
かかとまでつけての爪先立ち
走る時に、脇締める(肩甲骨を寄せて、肘で脇をこするくらいの感覚)

<内臓のケア>
内臓の手当て

などされてくださいませ

できたかどうかのチェックは
走った後の疲労感や痒み

など観察されてくださいませ

変化の兆し
走ってもかゆみが減る
などがあります

考察・解説

痒みや湿疹は、負担のかかる部分に起こります。特に癖がある場合には、運動などで強調されると症状が出やすいです。

その場合は、膝などへ負担をかけないようにすることに加えて、負担をかけてしまった部分へのケアも必要になります。体の扱い方が変わることで、運動しても痒みを感じる程度や頻度は減っていきます。今回はそのようなケースでした。

症例26 寝ている時に足を掻いてしまう 30代 男性

寝ている時に足を掻いてしまう

施術内容

膝裏から体液が出る
腕や足がかゆい
目の周りの赤み
首がかゆい
夜になると手や足をかいている
ということでした

体を見てみると
うっ血が目立つ
消化器系の負担がある(舌のひび割れ)
慢性的なストレスがある
交差性反応

セルフケアでは
ペットボトルマッサージ
かっさでさする
<肌の保護>
フィルムドレッシング
という状態でした

できたかどうかのチェックは
肌のうっ血が取れる
首方周りが河原かくなる
など観察されてくださいませ

変化の兆しは
傷が減る
体液が出なくなる
などあります

解説・考察

寝ている時の痒みは、体を回復させたいという反応です。その場合は、日中の体にかかった負担が取りきれていないことを示しています。その場合は、寝ている時に掻いてしまった日中の過ごし方を見直します。、また、寝る前に、体をケアすることで、必要以上にかくことは無くなります。今回はそのようなケースでした。

電話予約

LINEで予約する

膝のアトピーについて詳しくはこちら

膝のアトピー

膝のアトピーに関する関連記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

川崎市多摩区のアトピー専門整体「英気治療院」

(当日予約も受付け中)土日祝日も営業

0120-71-4976

0120-71-4976
ネット予約はコチラ LINE予約はコチラ
受付時間
9:00-21:00
定休日
7月は1日、5日、12日、15日、19日、26日、8月は2日、9日、18にいt、19日、23日、30日です。(別途、休診日以外では、当日予約も可能です)

〒214-0014神奈川県川崎市多摩区登戸2075-2コスモスパジオ向ヶ丘遊園502-A