手のアトピー(症例2)

  • 症例9 複数の傷のある痒み 40代 女性
  • 症例10 特定の場所へ行くと手がかぶれる 40代 女性
  • 症例11 寝ている間にかいてしまう手の痒み 40代 女性
  • 症例12 腸内環境改善とともに湿疹がよくなった 40代 女性
  • 症例13 むくみが抜けた後に傷が減った事例 40代 女性
  • 症例14 薬も効かない手のひらの湿疹 60代 女性
  • 症例15 手首周りが荒れて治らない 40代 女性
  • 症例16 指の疲労が痒みを起こす 30代 女性

症例9 複数の傷のある痒み 40代 女性

複数の傷のある痒み

施術内容

鼻の皮がむける
→化粧の刺激
帰宅後に腰がかゆい
→人間関係?
手のアレがある
→アトピーもどき
ということでした。

セルフケアでは
<腕のケア>
ペットボトルマッサージ

<皮脂や汗を出す>
ホットパック(血流を促し皮脂や汗を出す)

<胃腸ケア>
ボーンブロス
→アミノ酸摂取

など確認されてくださいませ

変化の兆し
傷が治る
などがあります

考察・解説

複数の痒みがある場合は、傷があるとことを優先にします。また、傷がある場合は、皮膚以外の問題を考えます。内臓の反応点や筋肉や神経の場合もあります。今回は、それぞれが複数重なっているケースです。

症例10 特定の場所へ行くと手がかぶれる 40代 女性

特定の場所へ行くと手がかぶれる

施術内容

手の荒れが辛い
→むくみや
おでこのスキンケアで保護できた
ということでした。

セルフケアでは
ハンドバス
ハンドマッサージ
などされてくださいませ

できたかどうかのチェック項目は
内臓の反応点
爪の付け根をつまんでも痛みが少ない
手のひらが柔らかくなる
手のひらの硬さが抜ける
など観察されてくださいませ

変化の兆し
手も傷がなくなる
手がシミなくなる
などがあります

考察・解説

アレルゲンの摂取や接触がないことが大前提です。その上で、特定の場所で手が痒くなるのは、体に対して何かしらのストレスを受けています。そのストレスがあるときに、痒み以外の体の変化を読み解きます。手がむくんだり、指の緊張が強いなどの症状が見られやすいです。その場合は、対処として緩めて巡らせます。そうすることで、痒みの程度や頻度は治ります。今回はそのようなケースでした。

症例11 寝ている間にかいてしまう手の痒み 40代 女性

寝ている間にかいてしまう手の痒み 

施術内容

手の甲をかいてしまう
→支帯、て首回りの問題
目の周りの赤み、首の赤み
→緊張。目の負担
ということでした。

セルフケアでは
手首回りをマッサージ
お腹の手当て
などされてくださいませ

できたかどうかのチェック項目
指のグーパーのしやすさ
首の周りやすさ
筋肉柔かさ
など観察されてくださいませ

変化の兆し
傷がなくなる
などがあります

考察・観察

寝ている時にかいてしまう痒みは、寝ている時に体を治したいという働きかけです。傷ができるということであれば、皮膚よりも深い部分に問題がある証拠になります。今回はそのようなケースでした。

症例12 腸内環境改善とともに湿疹がよくなった 40代 女性

腸内環境改善とともに湿疹がよくなった

施術内容

腕の赤みが減った
お通じが連続して出るようになった
ということでした。

セルフケアでは
ホットパック
お腹の手当て
などされてくださいませ

できたかどうかのチェック項目 
内臓の反応点

など観察されてくださいませ

変化の兆し
お通じが安定して出る
などがあります

考察・解説

手首には内臓の反応点があります。皮膚そのものに問題がない場合は、胃腸の状態を改善することで湿疹や痒みがよくなることがあります。今回はそのようなケースでした。

症例13 むくみが抜けた後に傷が減った事例 40代 女性

むくみが抜けた後に傷が減った事例

施術内容

手のむくみが減ったきた
目尻が切れた
ということでした。

セルフケアでは
お腹の手当て
目尻のケアはクリームなどを塗ってラップを貼る
ホットパック(血流を促し皮脂や汗を出す)
などされてくださいませ

できたかどうかのチェック項目
内臓の反応点の変化
同側の動きやすさ柔らかさ
など観察されてくださいませ

変化の兆し
傷がなくなる
皮膚のごわつきがなくなる
などがあります

考察・解説

傷ができる時は、肌が脆い、乾燥している、刺激過剰などの状態の変化で起こりやすくなります。逆にそのうちの1つでも解消できれば傷ができにくくなります。傷は肌荒れで優先して改善すべき症状です。今回はそのような傷の改善していくケースでした。

症例14 症例14 薬も効かない手のひらの湿疹 60代 女性 60代 女性

薬も効かない手のひらの湿疹

背術内容

両手のひらが荒れている
→歯の詰め物の疑い(アマルガム)
血液データ
建造への負担
タンパク質不足
遺産不足
ビタミンエE、VB3VC不足。
腸内環境の悪化
ということでした。

セルフケアでは
プロバイオティクス(有用な菌を入れる)
亜鉛摂取に煮干し

<アミノ摂取>
ボーンブロス

<手の代謝>
ハンドバス
など観察されてくださいませ

考察・解説

手足など末端の湿疹は、その部分に問題がないこともあります。例えば、アレルゲンの摂取や接触。他には歯科金属による免疫反応もあります。その場合は、慢性的な炎症を引き起こしている原因への対処が優先となります。今回はそのようなケースでした。

症例15 手首周りが荒れて治らない 40代 女性

手首周りが荒れて治らない

施術内容

風邪をひいて長い
腸内環境が良くなって手首がまし
ということでした。

セルフケアでは
お腹の手当て
鉄欠乏のケア
など観察されてくださいませ

できたかどうかのチェックは
内臓の反応

など観察されてくださいませ

変化の兆し
食欲がわく
舌の苔が春、ひび割れが減る
口内炎が治る
などがあります

考察・解説

体の不調は複数に渡って抱えることがあります。しかし、今出ている症状は、一番影響を受けている原因によって起こされます。貧血、腸内環境、手首そのもののどれが一番不調なのかを見抜ければ、適切な対処ができます。今回はそのようなケースでした。

症例16 指の疲労が痒みを起こす 30代 女性

指の疲労が痒みを起こす

施術内容

手首の荒れがある
→親指を立てる筋肉
首肩のこり
ふくらはぎに湿疹ができる
ということでした。

セルフケアでは
内臓のケア
腕のマッサージやストレッチ
など観察されてくださいませ

できたかどうかのチェックは
内臓の反応
指のケア
指のストレッチ
湿疹を保護する
など観察されてくださいませ

変化の兆し
指の指針の半甥が狭くなる
赤みが薄くなる
などがあります

解説・考察

湿疹やかゆみは、弱い部分や負担のかかる部分に起こります。直接的に筋に負担がかかれば、腱鞘炎という形をとります。しかし、その付近に痒みが先行すると、湿疹という形に出る場合があります。これを見分けるには、皮膚以外に起きている体の変化を観察することです。今回は皮膚以外の問題があったケースでした。

電話予約

LINEで予約する

手のアトピーについて詳しくはこちら

手のアトピー

手のアトピーに関する関連記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

川崎市多摩区のアトピー専門整体「英気治療院」

(当日予約も受付け中)土曜日、祝日も営業

0120-71-4976

0120-71-4976
メールでのご予約はコチラ LINEからのご予約はコチラ
受付時間
9:00-21:00
定休日
11月の休診6〜9日、10日の午前、16日の午後、26日です。(当日予約も可能です)

〒214-0014神奈川県川崎市多摩区登戸2075-2コスモスパジオ向ヶ丘遊園502