アトピーと保湿

アトピーと保湿がわかる目次

  • 肌を保湿するの目的
  • 保湿剤の種類とタイミング
  • 肌にいい有効成分
  • 整体との相乗効果
  • 整体を受けたほうがいい場合

保湿の目的

私たちの肌は自ら適切な水分を保つことができるようになっています。スキンケアはその本来の肌質へ戻す手助けです。

保湿剤などをいつまでも使い続けるのはスキンケアに依存しております。本来の肌質、つまり素肌が清潔で潤いのある環境を整えていくことが保湿をはじめとするスキンケアの目的です。

保湿剤の種類とタイミング

肌に化粧水を使うタイミング

アトピー肌は乾燥している場合が多いです。しかし、無暗に化粧水で保湿をすると返って乾燥肌になります。

化粧水を使う条件は「汗をかける」ことです。

もし、汗をかけない場合は整体をうけて自律神経や体のめぐりをよくしましょう。

クリームを使うタイミング

クリームは保水です。汗をかけることが条件です。他にも傷繰りがある場合には使用するとよいでしょう。

もし、なかなか傷が治らない場合には整体と組み合わせて、体のめぐりを良くすることで治癒を促進させることが出来ます。

美容液を使用するタイミング

保湿ではなく肌質を整える時に使用します。汗が出て皮脂が分泌されている時が効果的です。

肌が硬い時、ぼこぼこしている時、色が気になるときなどに使用します。

もし、肌だけでなく冷えやむくみなどもある場合には整体で体のめぐりをよくしましょう。代謝が活発になり美容液との相乗効果が得られます。

電話予約

LINEで予約する

肌にいい有効成分

美容液(エッセンス)は、化粧水とことなり、粘度が高く、保湿機能と共にクリームや乳液のようなエモリエント(柔軟)機能を合わせ持っています。昨今では、しっとりした感触を与え、肌荒れを防ぐ保湿用タイプだけでなく、日焼けによるシミ・ソバカスを防ぐための美白用タイプ、紫外線から皮膚を守る紫外線防止タイプ、ハリやツヤを保つ小ジワ防止タイプ、化粧下地を兼ねたタイプなど様々な付加価値の高い機能を備えた美容液があります。

保湿用タイプ

保湿用タイプには、ヒアルロン酸、コンドロイチン硫酸、コラーゲン、エラスチンなどの水溶性の高分子を中心に様々な保湿剤や増粘剤が配合されており、薄い皮膜を作って高い保湿効果が得られます。これにスクワランやセラミド、リン脂質のレシチン、そして動植物油脂など油性のエモリエント成分も一緒に配合され、それぞれの効果を高めています。

美白用タイプ

美白用タイプには表皮にあるメラニンを還元して淡くするため、あるいはメラニン合成に関与する酸素チロシナーゼを阻害して、メラニンの生成を抑えるため、、ビタミンC誘導体やアルブチン、エラグ酸、ルシノール、カミツレエキスなどの美白剤が配合されています。これらの薬剤を安定化するためには、例えばpHを一定のハニにコントロールしたり、抗酸化剤など安定剤を配合する処方がされています。

紫外線防止用タイプ

紫外線防止用タイプには、紫外線から肌を保護するため、紫外線吸収剤、紫外線散乱剤などの紫外線防止剤や抗酸化剤が配合されています。紫外線防止剤は、美容液に配合するとその働きはマイルドになり、SPF5〜10程度で生活紫外線防止ように効果があります。

化粧下地用タイプ

化粧下地用タイプには、隠そうと親和性の高いヒアルロン酸やコラーゲンなど生体性高分子を中心に皮膚に柔軟性を与える油性成分が配合されています。角層表面の改善がなされ、なめらかで均一な皮膚に整える効果に優れているので、ファンデーションののびやツキ、化粧もちを良くします。

電話予約

LINEで予約する

整体との相乗効果

スキンケアは肌の外からのアプローチです。汗がかけない場合や代謝が落ちている時は整体が効果的です。

体のめぐりをよくして、老廃物の除去だけでなく新陳代謝が高まりスキンケアの効果が倍増します。

整体を受けたほうがいい場合

もし、このような場合は整体を受けたほうが様です。

・冷えやむくみがある

・汗をかけないで乾燥する

・髪の毛がパサついている

・肌がボロボロ向ける

・良くひび割れる

・手にしわが多い

このような場合は整体で解決できます。スキンケアだけでは思ったとおりの結果が出ないことがあります。

そんな時は整体との相乗効果で体を良くできます。まずは、一度ご相談くださいませ。

電話予約

LINEで予約する

  • このエントリーをはてなブックマークに追加