アトピーと化粧水

スキンケアで肌荒れをよくする

スキンケアで肌荒れをよくする

アトピーと化粧品 目次

  • アトピーに良い化粧品とは
  • アトピー体質の正体
  • 化粧品の効果をチェックする
  • 化粧品を使う本当の目的
  • 整体を受けることで相乗効果
  • 整体を受けた方がいい場合

アトピーの化粧品選び

アトピーに良い化粧品とは

スキンケア選びのポイント

スキンケアの目的は肌の環境づくりです。もしこのような場合はスキンケア以外で対応する場合があります。

・汗をかけない

・肌が炎症して傷がある

・火照りがなかなか取れない

・くすみがきになる

このような場合は肌の外からお手入れをしても、なかなか思った通りの結果を得られないことがあります。スキンケアは肌の環境づくりです。何かを付け足すのではなく、汗や皮脂が出やすいようにしているだけです。

アトピー体質の正体

アトピーにいいという化粧品は確かにあります。そして、化粧品を使用することでよくなった事実もあります。大切なのは、その化粧品は今の自分の素肌に必要なタイミングかどうかです。

 

よくアトピー体質だからと耳にします。ではそのアトピー体質とはどのような状態のことをいうのでしょうか?

 

私のみてきた中で、アトピー体質と呼べるものの一つとして、乾燥肌を作りやすい方がおられます。

 

肌にはヒアルロン酸というものがあり、これは水を肌へ保つ役割を担っています。アトピー体質と呼ばれる方は、このヒアルロン酸を分解する酵素が多い方がおられます。

 

もし、そのような場合にはこの分解酵素の働きを抑制する必要があります。

 

単に乾燥肌と一言で済ますのでは正しい選択ができません。乾燥肌を引き起こしている原因を追求することで、適切な対処ができます。

化粧品の効果をチェックする

現在使っている化粧品の効果を見るポイントがあります。それは自分オス肌の状態をチェックするのです。

・朝起きた時

・お風呂あがり

この2つに共通するのは「スッピンの状態」です。

化粧品を使用することで、もっちり、しっとりします。しかし、商品自体の効果ではなく、その環境でいたことで、素肌そのものがもっちり、しっとりできたかを確認します。

 

化粧品を使う本当の目的

化粧品とは、自分の素肌が本来の機能を発揮できる環境を整えるために使用します。

 

つまり、肌の代謝である細胞の生まれ変わりや皮脂や汗を必要なだけ分泌できるということです。

 

化粧品に依存するのではなく、化粧品を使って促していくのです。素肌の状態がよくなれば、使用する頻度や量は自然と減ってくるものです。

整体を受けることで相乗効果

整体を受けることで相乗効果

化粧品は素肌がもつ本来の機能が発揮できるように環境を整えるものです。症状にいいというような薬のように扱っては、思った通りの結果は得られません。

 

自分の素肌の状態を把握することで、どんな風に環境を整えれば良いかが見えてきます。そして、使用した結果は、朝起きた時やお風呂上がりの素肌に現れます。

 

化粧品を選ぶことよりも、自分自身に目を向けることで、結果を得ることができます

もし、どんな風に見ればわからない場合には一度ご相談くださいませ。今まで気づけなかったことがきっと見つかります。そうすることで悩みもなくすことができます。是非一緒に体をよくしていきましょう。

整体を受けた方がいい場合

整体を受けた方がいい場合

もし、このような場合は気を付けましょう。

・化粧水を使う頻度が増えた

・使わないとつっぱる感じがする

・冷え性やむくみがある

・色素沈着が気になる

・乾燥肌が良くならない

このような場合は化粧品の界面活性剤のダメージを受けている可能性があります。体の中を整えてめぐりをよく吸うrことで改善できます。早めの受診をお勧めいたします。

電話予約

アトピーと化粧水に関する関連記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加