アトピーの色素沈着

アトピーと色素沈着 目次

  • 色素沈着の起こり方
  • アトピーの色素沈着は良くなる
  • 色素沈着のメカニズム
  • アトピーで起こる3つのパターンの色素沈着
  • 整体で肌の代謝がよくなる
  • 整体を受けたほうがいい場合

色素沈着の起こり方

アトピーの色素沈着

紫外線で色素沈着ができる理由

皮膚に有害な紫外線が、皮膚細胞の奥深くまっで達しないように働いている防衛反応の1つがメラニン(メラニン色素)です。メラニンは紫外線を吸収したり撹乱させて皮膚を守る作用があります。

 

メラノサイト細胞とは

メラノサイト細胞は紫外線を感知すると、メラニンを大量に生成します。メラノサイトには蓄積する機能がないため、樹枝状突起を通して周囲の表皮細胞内に次々とメラニンを送り込みます。そしてメラニンを含んだ表皮細胞が、メラニンを細胞の角の上にちょうど帽子をかぶせたようにのせ(メラニンキャップと言います)細胞の角にある大切な遺伝子を守ります。メラニンによる紫外線に対するバリアゾーンとも言えます。

 

紫外線を浴びるのをやめると、やがてメラノサイト細胞はメラニンの生成を抑えるので、もとの正常な状態に戻るのです。メラニンの生成は、このように紫外線を浴びる量に応じて増えたり減ったりしますが、DNAのエラーなどで、時として局所的にメラニンをいつまでも大量に生成し続ける部位が出てくることがあります。

 

これは日焼けによる色素沈着で、そのまま放置しておくとシミになって残ることになります。このような現象は、新陳代謝が活発であれば起こりづらいのですが、加齢とともに増していきます。

メラニンが作られるまで

メラニンは肌色や髪の色を決めたり、シミなど肌の白村に関係する色素です。この色素はその生産工場であるメラノサイト内にあるメラノソームというカプセルの中で作られます。

 

メラニンのルーツは、アミノ酸の一種であるチロシンという物質です。このチロシンにチロシナーゼという酸化酵素が働きかけ、最終的に黒褐色のメラニン(ユウメラニン)となります。

 

ですから、チロシナーゼの作用が活発化去るのを抑制したり、チロシナーゼ自体の成熟を阻害すると、メラニンは作ら連句なります。すなわち、シミが増えたち濃くなったり、日焼けの後、肌が黒くなるのを帽子できるわけです。

 

チロシナーゼの働きを阻害する美肌成分は、ビタミンC誘導体、アルブチン、コウジ酸、エラグ酸などです。また、マグノリグナンはチロシナーゼ自体の成熟を阻害します。

メラニン生成の引き金

メラニン生成を進める酵素は、、チロシナーゼだけでなく、チロシナーゼ関連たんぱく質のTRP-1、TRP-2も関与しています。

 

さらに、メラニンの生成工場であるメラノサイトに刺激を伝えて活性化させる情報伝達物質の存在もあります。これらの物質の働きを風ずればメラニンが作られないというわけです。

メラニン生成に関与する情報伝達物質

情報伝達物質としては、エンドセリン(ET)、肝細胞増殖因子(SCF)、プロタグランジン、線維芽細胞増殖因子(bFGF)、メラノサイト刺激ホルモン(MSH)などがあります。

 

 

 

色素沈着を防ぐ美白剤

これらの酵素やサイトカインの働きを抑制する美白剤が幾つか開発されています。幾つか紹介しますと、エンドセリンを遮断するカモミラET、プロスタグランジン(炎症メディエーター)、の生成を抑えるトラネキサム酸、チロシナーゼ及びチロシナーゼ関連たんぱくの働きを阻害するルシノールなどです。

アトピーの色素沈着は良くなる

アトピー性皮膚炎の悩みに色素沈着があります。その原因は掻き壊しやステロイドの長期使用によると情報が飛び交っています。しかし、その情報は正しいのでしょうか?

 

色素沈着自体は身近なものです。その成り立ちと起こり方を理解できれば、改善できるものとわかります。その内容についてご説明いたします。

色素沈着のメカニズム

肌は食べたものから作られ、垢となって体からはがれ落ちます。この流れには一定の周期があります。28日が基準となります。年齢とともにその周期は伸びていくのが一般的です。このような周期をターンオーバーといいます。

 

つまり、常に同じではなく、見た目では分からないけども常に生まれ変わっています。色素沈着が起きて色がついているのは、色素沈着を起こし続けているのです。

 

色素沈着が起こる原因がわかり、除去できれば肌はもとの素肌の色に戻ります。

アトピーで起こる3つのパターンの色素沈着

色素沈着は3つのパターンで起こります、アトピーでも見られるのは、その条件がアトピーでも起こるからです。ですので、アトピー=色素沈着ではありません。その3つの条件についてご説明していきます。

刺激が加わる

色素沈着は、メラノサイト細胞という肌の細胞がメラニンを出すことで起こります。このメラニンは肌を守るために分泌されます。身近なものでは紫外線による日焼けです。

 

紫外線によらず、刺激が加わることでメラニンは分泌されるのです。それがアトピーでは掻き壊しです。その掻き壊す刺激に対抗して、肌を分厚くするだけでなく、細胞そのものを丈夫にするためにメラニンが分泌されるのです。

 

掻き壊すことがなくなれが、色素は次第に代謝されていきます。そして元の素肌に戻っていくのです。

めぐりが悪い

刺激が加わらなくても色素沈着が起こります。紫外線が直接当たらなくても身体にシミがみられることはないですか?このシミも色素沈着の1つです。

 

色素沈着は弱い細胞に起こります。例えば刺激が加わらなくても、身体の中が弱っているところに起こります。例えば循環が悪い部位にも起こります。体は細胞を守る以外にも、体の外へ「ここがおかしい」と知らせてくれています。

 

このような色素沈着はレーザーなどでとっても再び起こります。それは問題(弱い)が解消されていないからです。

栄養素が足りない

荒田の細胞が弱っているところへ色素沈着は起こります。それは刺激によって弱るもの。体の内側の弱さを示すもの。さらにはその部分への影響補給がうまくいかないために細胞そのものがもろくなったためにも起こります。

 

これは内臓などの反映ではなく、その部分がもろい肌になったために起こります。この場合は栄養補給をして、必要な栄養素を送ることで良くなります。

整体で肌の代謝がよくなる

色素沈着は紫外線や薬の使用だけで起こる物ではありません。なぜそこへ起こるのかの原理を理解できれば、対処法を選択できます。

色素沈着は起こってしまったものではなく、起こしているものです。その現在進行形に歯止めをかけることが出来れば、元の素肌に戻れます。

整体を受けたほうがいい場合

もし、このような場合は整体を受けたほうがよいです。

・肌のくすみが気になる

・スキンケアをしても結果が出ない

・冷え症やむくみがある

・すでに色素沈着がある

このような場合は、体の中に問題があります。そのような体に中の問題は整体で解決できます。早めの受診をお勧めいたします。

電話予約

LINEで予約する

  • このエントリーをはてなブックマークに追加