アトピーとうつ病

アトピーと精神疲労

アトピーと精神疲労

  • アトピーとうつ
  • こんな症状には要注意
  • アトピーが続くと自律神経が乱れる
  • アトピーうつ症状を良くする方法
  • 整体を受けることで薬に頼らなくてすむ
  • 整体を受けたほうがいい場合

アトピーとうつ

うつと自律神経

自律神経が乱れることで、精神的な負担がかかります。特に頭に熱がこもり

・やる気が起きない

・朝起きられなくなる

・夜寝つきが悪い

・些細な決断ができない

・注意力が散漫になって、人のいうことがすぐに理解できない

などうつ症状に近い状態になります。これは自律神経の乱れが精神消耗を引き起こしているために起こります。

こんな症状には要注意

自律神経失調症とアトピー

  • 眠れない(入眠困難)
  • 朝、目覚ましよりも早く目が覚める(早朝覚醒)
  • 夜中に何度も目を覚ます(中途覚醒)
  • 寝た気がしない(熟眠障害)
  • 疲れがずっと残っている
  • 心臓がドキドキする(動悸がする)
  • 息苦しさ、窒息感
  • 発汗異常

アトピーが続くと自律神経が乱れる

自律神経の乱れとアトピー

アトピーでは炎症が起こります。炎症は短期的に起こるものです。しかし、長期間続くと体は熱を帯びて自律神経が乱れやすくなります。その結果、脳へ負担がかかり思考や精神的な活動に支障をきたします。

アトピーうつ症状を良くする方法

自律神経の乱れには冷却

多くの場合は体に熱を持ち活動過多です。自律神経は緊張状態におなっております。体に熱があると活動しやすいですが、消耗しやすくもあります。いわゆるバーンアウト燃え尽き症候群になっていきます。そうならない前に体を冷まして落ち着かせます。特におでこや頭の後ろを保冷剤で冷ますのは効果的です。

当院では「アイスまくら」を推奨しています。頻度よく冷ますことで徐々に意識もはっきりしていきます。

整体を受けることで薬に頼らなくてすむ

自律神経失調症をよくする整体

自律神経の乱れが続くと「うつ症状」となりやすいです。しかし、その状態を薬で変えようとしても根本的な解決にはなりません。それはその状態になった起こり方が熱のこもり自律神経の乱れによるものだからです。発症した原因自体を変えることで薬に飲み頼ることなく体を浴することが出来ます。

整体を受けたほうがいい場合

整体を受けたほうがいい場合

もし、このような場合は整体を受けたほうが良いです。

・睡眠障害がある

・体がほてる

・やる気が起こらず判断力が鈍い

・ひどく疲れる

もしこのような場合は自律神経が乱れて、精神疲労が起こっています。このような問題は整体で解決できます。早めの受診をお勧めいたします。

電話予約

アトピーとうつ病に関する関連記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

川崎市多摩区のアトピー専門整体「英気治療院」

(当日予約も受付け中)土曜日、祝日も営業

0120-71-4976

0120-71-4976
メールでのご予約はコチラ LINEからのご予約はコチラ
受付時間
9:00-21:00
定休日
11月の休診6〜9日、10日の午前、16日の午後、26日です。(当日予約も可能です)

〒214-0014神奈川県川崎市多摩区登戸2075-2コスモスパジオ向ヶ丘遊園502