顔のアトピー症状を楽にする方法

顔のアトピー症状の見方

アトピー症状は部位によって原因が異なることが多いです。そしてアトピー症状は体の中と外の両面に問題があることがあり、多くにお場合は片側しか対処しないので、なかなか改善しにくい状況に陥ってしまうのです。

体の外の問題は皮膚の状態や体の周囲の環境です。これらはスキンケアで直接手当をする方法や花粉などのアレルゲンを除去する方法が一般的です。

 

実は外側の問題以外にも体の中を整えることで、組織の修復を高め、免疫を調節すれば症状はグッと良くなっていくのです。特に大切になってくるのが頭蓋骨の調節体液の流れを整えることです。

良くある3つの症状

顔のアトピー症状で多くあるのが、「かゆみ」「浸出液」「あかみ」です

炎症が起こることで体の水分が患部へ集まります。炎症が起こるのが一時であればよいのですが、慢性的に起こり続けるとから仇には負担がかかります。赤みは、体液の中尾特に血液のめぐりが慢性的に集まり続けていることで毛細血管が挌擁しているので起こります。

最も優先すべきは「皮膚の再生」

皮膚がない場合には無条件でかゆみや乾燥などの症状が出ます。様々な症状が出る中で、最優先にするのが皮膚の再生です。

 

皮膚が再生するにはある程度の処置が必要です。それが湿潤療法です。皮膚がない部分にワセリンなどを塗布して保護します。そしてラップを貼り潤った状態を保ちます。

汁があふれ出る時にすべき3つのこと

汁が出ているときは3つのことをしてよくします。1つ目は体のめぐりをよくする。2つ目は熱を冷ます。3つ目は栄養素を補給することです。

 

汁とは浸出液のことを指して言います。これが出るにはいくつかの理由があります。不要なものは出したくて出ている場合。肌を守りたくて出ている場合など様々です。

 

これらの体からの意図を読み取っていくことで汁を出さなくて良い体になっていきます。

頭蓋骨を整体で整えると炎症がおさまる理由

炎症が起きると頭や顔はむくんでいきます。それは炎症によって血液が集まっているからです。炎症とは代謝が活発になったときに起こるものです。短期間で起こるものですが、それが慢性化すると自律神経の乱れなどにつながります。炎症が起きているのではなく、起こし続けているのです。

 

このような状態を解除するのに頭蓋骨の調節は有効です。めぐりにくくなった体のめぐりをよくします。頭蓋骨を調節することで自律神経の働きを正常化します。

 

もし、顔や頭の肌荒れでお悩みの場合には一度ご相談くださいませ。

アトピーと頭蓋骨調整について詳しくはこちら

アトピーと頭蓋骨調整

  • このエントリーをはてなブックマークに追加