アトピーとアレルギー

アレルギーとは?

アレルギーは過敏という意味

過敏に反応してしまうこと

アレルギーとは、日本語で「過敏」という意味です。

どんなことが起こるかといえば、免疫反応が反応しやすくなってしまうものがあるということです。

 

免疫とは、「疫」を「免れる」と書きます。疫とは疫病などの体に対して必要のないものです。免疫とは、それらの不要なものを排除する働きを言います。

アレルギーは、この排除する働きが、体に害を及ばさないものでも、過敏になり働いてしまうことを言います。

 

アレルギーの種類

アレルギーには種類がある

  • 即時型
  • 遅発型

即時型

アレルギー検査には、種類があります。即時型アレルギーは、摂取や接触をしてすぐに反応してしまうものをさします。

食物アレルギーやカビやダニなどを体の外に触れるものなど多くあります。その多くは血液検査で見つけることができます。

過敏に反応してしまうのは、2つあります。

1つは、体にとって反応しやすい物質に触れる場合です。

もう1つは、体が弱ることで過敏いなっているのかも考えられます。

遅発型

遅発型のアレルギー検査は、数時間から数週間かけて炎症が起こるものです。

この検査では、アレルギーの抗体をを見るだけでなく、腸の炎症状態を把握することができます。

一般的な対処法

アレルギー検査でアレルゲンがと規定できた際は、除去するのが一般的です。しかし、抗体に反応しやすくなった原因があれば、その原因に対して対処しなければアレルギー症状は変わらないです。

英気治療院の考える原因

  • 腸管免疫の異常
  • 有害金属
  • カンジダ菌の増殖

腸管免疫の異常

腸内で炎症が起きていると、アレルギー症状が起こりやすくなります

例えば、腸内にカンジダ菌が増殖することで炎症が起こります。他にも、有害金属が腸管免疫を狂わせてしまいます。

また、腸内のうっ血が起こることで、腸内免疫に異常が北しやすくなります。

アレルギーが出た時にすべきこと

アレルギー症状が起きた時には、何に反応しているかを確認します。

そのためには、まず血液検査をすることが有効です。

また、食事日記をつけておくことで、アレスギー症状を引き起こした傾向から原因を見つけることができます。

アレルギー症状を予防するために

アレルギー症状は、特定のものに対して過剰に反応してしまうことです。この特定のものをアレルゲンと言います。

血液検査で抗体反応があるものは、日頃から気をつけて起きます。必要以上に摂取したりしないようにします。また、症状が出ていなくても、胃腸の機能が低下しているときはアレルゲンの摂取は避けるべきです。

腸内環境を整えておくことで、アレルゲンが体の中に入りにくくなります。

他にも、慢性的な炎症があると、アレルギー症状が起こりやすくなります。ですので、歯科の問題や耳鼻科の問題なども解消することで、アレルギー症状を予防することができます。

整体を受けるとよくなる理由

整体で免疫を調節

整体で自律神経調節

免疫は内臓などを中心に働きます。6割は腸管、4割は血液などと言われています。

この血液や腸管は内臓の働きや自律神経によって管理されています。内臓に疲労がたまることで、免疫のバランスが崩れてアレルギー症状を起こしやすくなります。

例えば、冷えやむくみのほか便秘などの症状がある場合には注意が必要です。腸管免疫は働きにくくなっています。この状態が続くとアレルギー症状を発症しやすくなります。

整体を受けたほうがいい場合

整体を受けた方がいい場合

もし、このような場合は整体を受けた法が良いです。

・便秘がある

・冷え性やむくみがある

・口が乾きやすい

・食後に眠くなりやすい

このような場合は内臓の疲労があります。このまま続くとアレルギー症状を悪化させます。このような問題は整体で解決できます。おあやめの受診をお勧めいたします。

この記事のまとめ

さて、いかがでしたでしょうか。

アレルギー症状は、体質だけでなく、体の状態によって引き起こされてしまうものです。ですので、腸内環境をはじめとするケアをすることで、予防ができます。

是非とも、アレルギーを避けれだけでなく、アレルギー症状そのものが起こりにくい体になるよう、ケアをしてみてくださいませ。

電話予約

LINEで予約する

施術料金

初見料3240円(税込)

あなたの今の状況をカウンセリングさせて頂き、原因を特定するための検査を詳細に徹底して行います。そのための初見料として初回のみ頂いております。

施術料6480円(税込)

あなたの体を優しい整体で調節します。(20〜30分程度)

5つの特徴

理由その1

内臓調節することで、アレルギー症状を起こしにくくする

内臓と自律神経

感情は内臓から起こると言われています。くよくよした時に胃腸に症状が出るなど内臓との感情は強く結びついています。

内臓は皮膚をはじめとする血液や汗なども作っています。乾燥肌や素肌がもろくなってしまうのは内臓の働きが影響されています。

食べたものを消化吸収できるように、そしてきちんと排泄できること体の中から変わっていきます。

理由その2

頭蓋骨を調節して、自律神経を整えることで体質改善を図る

自律神経は脳から派生したものです。気温や気圧の影響を受けると頭は風船のように膨らんでしまいます。この状態ですと、ちょっとした刺激に対しても過敏に反応してしまいます。頭蓋骨調節ではこのような脳圧の調節をして脳の機能を正常に戻します。

 

脳はホルモンの分泌もします。副腎疲労などもこの脳にかかわる症状の1つです。脳の中から流れる髄液の巡りを整えて、脳の機能を高めることで、これらの症状を改善していきます。

理由その3

セルフケアで体をケアすることで薬から卒業する

セルフケアのアドバイス

かゆみや赤みを感じるのは日常生活の中で起こります。そのつらさを感じたときに、掻き壊す以外に対処できると皮膚は良くなっていきます。

施術で良い状態にして、それを維持できる方法をご紹介します。

理由その4

肌の状態を測定して炎症や乾燥の度合いを明確にする

体の栄養状態や炎症の度合い、乾燥の具合などを測定できます。整体や日ごろの生活習慣が改善できたことを客観的に把握することができます。

理由その5

カウンセリングで自分に起こるかゆみの原因を特定していきます

カウンセリング

かゆみを感じたときの辛さは計り知れないでしょう。誰にもわかってもらえないつらさや不安をお聞かせください。

 

想い

私も幼い頃悩んでいました。

私の弟や私自身も肌のトラブルを患った経験があります。その時は、食べるものから着るものまで変えることで良くなりました。生活習慣を変えればよくなるものと知って育ちました。

子供のころに学んだ経験は、環境や自己管理で良くなれるということでした。

 

慢性湿疹は生活習慣病

慢性湿疹は風邪と同じです。

風邪に完治がない、風邪の特効薬がない。それでも風邪で一生悩み苦しむことはありません。それは、その時に応じて適切な対処ができているからです。その方法や道筋が確立されているので悩む人がいないのです。

 

アトピー改善の筋道

慢性化した湿疹もよくできます。

そのためにも正しい道すじを知って対応できれば変われるということを伝え広めなくてはと感じております。

薬にだけ頼るのではなく、「なぜ症状が起きたのか?」その気付きが必要です。その改善のヒントを一緒に考え、改善できることで肌の症状を必要としなくなります。

私は、自分が変われたように、セルフケアを通じで変われる人生の手助けをいたします。もし、悩まれている場合には、一度ご相談ください。一緒に改善のきっかけをつかみましょう。

電話予約

LINEで予約する

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

川崎市多摩区のアトピー専門整体「英気治療院」

(当日予約も受付け中)土日祝日も営業

0120-71-4976

0120-71-4976
ネット予約はコチラ LINE予約はコチラ
営業時間
9:00-21:00
定休日
12月は6、9、13、22、23、24日です。(別途、休診日以外では、当日予約も可能です)

〒214-0014神奈川県川崎市多摩区登戸2075-2コスモスパジオ向ヶ丘遊園502-A