胸がかゆい

胸元がかゆい汗がたまる傷ができるなど人目につくので気になってしまう部分のかゆみはとても辛いものです。汗をかいてかゆければ、拭うことで楽になるはずです。それでも、いつもかゆみが出てしまう、気になって触ってしまい傷をつけてしまうなど、辛い症状がいつも離れな状態ですと体も心も疲れてしまいます。
皮膚のかゆみは、炎症であれば、薬を塗ることでよくなります。
しかし、傷ができるまでかく、汗疹を繰り返してしまう場合は、皮膚以外に問題があると考えます。その問題は、皮膚ではなく、皮膚よりも深い部分にあるので、薬以外のケアを行います。そんな対処法や原因について、英気治療院の取り組もも交えて解説させていただきます。

1,胸がかゆい理由

暑い時にかゆい

胸にかゆみは、なぜ起こるのでしょうか?

かゆみという感覚自体は、異物の除去や巡りの悪いときに起こりやすいです。ですので、皮膚を傷つけるものではありません。そんなかゆみがなぜ起きるかを考えてみました。

  • 胸に異物があって違和感を感じている
  • 異物に対してアレルギー反応を起こしている
  • 巡りが悪くて促したい反応
  • 呼吸が苦しく、あばらを動かしたい
  • 胸の筋肉がこわばっているのを緩めたい

胸がかゆいとき、胸の皮膚そのものに問題があれば、皮膚そのものへの対処がまず行われます。炎症や乾燥などの問題であれば、保護や保湿などでしのぐことができます。しかし、かゆみの感覚が繰り返すようであれば。問題が解決されていません。

皮膚以外の問題があるときには、皮膚よりも深い部分へアプローチする必要があります。神経の緊張、血行不良、関節の問題であれば、その深さへ対してアプローチをしていきます。かゆみとは、体が異常を伝えるサインです。ですので、問題が解決されないければ、サインはで続けてしまいます。

2,胸がかゆい原因

胸がかゆい原因

かゆみの原因はなんでしょう?
よく聞かれる質問です。その答えは、人それぞれ異なります。そうはいっても、対処をするときには何かしらのあたりをつけて行います。

複数の要素があって、その上で影響力の高いものがかゆみの反応を引き起こします。そんな原因となるべく要素をいくつかご案内いたします。

  • 呼吸器の不具合が胸を固めてしまう
  • 姿勢不良で胸の筋肉が固まってしまった
  • 骨盤が硬くなり胸の骨が固まる
  • 体の緊張が強く感覚過敏を起こしている

体が固まることで、痒みやすい状態になってしまいます。そんな緊張による痒みは、胸にも起こります。

「汗をかいてかゆい」と感じる時、汗もかいてして痒みを感じていることもあります。汗そのものがかゆい場合は、そのタイミングも大切です。

つまり、汗をかくことそのものであれば、コリン作動性の痒みとして、対処の仕方が変わります。また、場合によっては汗をかいて体が冷えてから痒みを感じる場合もあります。その場合は、感覚過敏のこともあります。さらに、汗そのものに対してアレルギー反応をしていることもあります。

このように痒みの原因は様々あります。このような原因によって炎症が起これば、ステロイドの使用が有効です。しかし、薬を塗っても改善されない場合は、それ以外の対処が必要になります。

 

3,一般的なかゆみへの対処

痒みへの対処は保護と保湿

一般的に胸周りがかゆい時には、汗を拭う、保湿をする、薬で炎症を抑えることが行われます。そもそも第一選択でそれが行われるその理由はなんでしょうか?

  • スキンケアで潤す
  • 薬で炎症反応を抑える
  • 汗をぬぐって清潔にする

痒みを感じと時にすべきケアは、皮膚への一般的に行われます。スキンケアであれば、潤いを与え保護を目的とされます。衣類のスレや摩擦による乾燥や痒みへの対処となります。汗による痒みであれば、汗を拭うことが優先とされます。また、摩擦やアレルギー反応によって起きた炎症があれば、薬の使用によって炎症を最小限にとどめ、痒みにくい状態にします。

このように、一般的に行われるケアにも目的や意図があります。上記の理由であれば適切な処置をすることで解消できます。しかし、状態が異なる、痒みを繰り返してしまう場合には、皮膚以外のケアも必要になります。そんな取り組みについて解説したします。

4,英気治療院の取り組み

皮膚の痒みは自律神経を整える

皮膚へのケアで十分に痒みを抑えきれない場合は、皮膚以外にも問題があると考えます。

例えば、神経や筋肉の鬱血などがあることでも、痒みを感じことがあります。そのような場合は、痒みを感じた皮膚へのケアに加え、皮膚よりも深い部分へのケアも行うことで解消できます。

  • 胸周りの筋肉を緩める
  • あばらを動かし姿勢をただす
  • 自律神経を整え体の緊張を解消する

神経や筋肉の緊張は自律神経の影響も受けます。そのため、皮膚の感覚が過敏になってしまいます。その場合は、皮膚を保護するだけでなく、緊張した神経を緩めることで痒みにくい状態にすることが可能です。
また、骨格に歪みが生じることでも痒みを感じやすくなります。猫背や巻き方などはそんな姿勢不良の代表例です。この場合は、内臓や神経を整えることで姿勢をただし、緊張を緩和させます。このようにして、体の中から整えることで、痒みにくい状態にすることで、繰り返しかき壊す行為を止めることができます。

 

5,この記事のまとめ

さて、今がでしたでしょうか?

胸の痒みは、男性女性問わず起こりやすい部分の症状です。汗をかいてかゆいという訴えは多いですが、汗そのものに原因がある場合には、スキンケアや薬などの処置によって解消できます。しかし、それでも繰り返したり止まらない痒みは、皮膚よりも奥の問題を解決することで、解消できます。自律神経や普段の姿勢などが痒みを引き起こすこともあります。この場合は、体の中からケアをすることで、解消できますので、ご参考いただきぜひマッサージやストレッチをはじめとするケアを実践されてみてくださいませ。