アトピーが整体でよくなる理由

1,アトピーとは

アトピーとは、アレルギー症状によって皮膚に湿疹や痒みを主体とする症状が出る炎症性の疾患です。アレルギーは免疫異常で起こる体の反応です。本来は反応しない物質や刺激に対して過剰に反応するのがアレルギーです。この時に反応する物質をアレルゲンと言います。

アレルゲン

  • 花粉
  • 食べ物
  • ダニ

アレルゲンは、その物質が多い時期に反応しやすいです。特に、季節の変わり目に見られるものが多いです。春ですと春の花粉でスギやヒノキ。梅雨時期から夏はカビ。秋ならブタクサやカモガヤ。また乾燥する時期にはハウスダストやダニ。このように、周囲を取り巻く環境で、どんな物質が多いのかによって反応のしやすさが変わります。

これは、花粉やダニなどの物質が多いだけではなく、皮膚のバリア機能の低下もアレルゲンに反応しやすくなる要因です。

2,アトピーの症状

  • 湿疹
  • 赤み
  • 乾燥
  • 体液が出る
  • 落屑

皮膚に炎症が起きる時に伴う症状が多いです。炎症の症状は、発赤、熱感、腫脹、機能障害、疼痛がある5兆候です。さらに2時的に、皮膚の変形や落屑、乾燥なども起こります。

これらの症状は、異物に対する反応や組織の修復に必要だから起こります。しかし、長期的に続く、繰り返し起こり修復する前に炎症が広がって収拾がつかなくなってしまいます。

3,一般的なアトピーへの処置

  • ステロイドで炎症を抑える
  • 保湿剤で乾燥へ対処する
  • 内服薬で痒みを抑える

慢性的な炎症や傷ができる場合などは、睡眠を妨げて回復を送らせてしまいます。生活の質を保つためには、薬を使用する方が効果が早いです。また、自力で炎症を抑えられない場合も効率の道具としてとても有効です。しかし、痒みそのものが起きた原因への対処をしなくては、何回も繰り返してしまいます。

4,アトピーに対する整体での取り組み

  • お腹残りを緩めて免疫を正常化する
  • 骨格を整え、感覚過敏を解消する
  • 頭蓋骨調節で自律神経を調節

お腹残りを緩めて免疫を正常化する

アレルギー症状は、3つの手順で良くなります。

慢性的な炎症を解消する。腸内環境を整えて免疫を正常化。遺物の除去です。

そのうちの腸内環境を整える整体の方法で、お腹のコリをとることがあります。整体では、お腹のコリをとり、緩め内臓が持つ本来の働きを取り戻しています。

腸管免疫は体全体の免疫の6~7割を占めています。ですので、腸そのものの状態をよくして、免疫を正常化させます。

骨格を整え、感覚過敏を解消する

痒みは神経や血液が伝えています。その伝達経路は神経が担っています。この神経に圧迫やひきつりが起こると、感覚異常を引き起こします。感覚異常は、感覚鈍麻や感覚過敏に分かれます。

感覚鈍磨は、感じにくい状態です。体に異常が来ても違和感を感じないので、強い刺激としてサインを出します。痛みや痺れ痒みもその1つです。

感覚過敏は、少しの刺激でも過剰に反応してしまう状態です。くすぐったいや痒みもそれにあたります。神経の圧迫やひきつりがある部分によく見られます。

整体では、このような感覚異常に対して、神経の出入り口である背骨や骨盤を整え解消します。その結果、背骨や骨盤、頭蓋骨などを緩め、神経に起こる感覚異常が整います。

頭蓋骨調節で自律神経を調節

体の状態は、神経が脳に伝えて調節しています。内臓に向かうのが自律神経です。四肢末端の筋肉などには末梢神経が通っています。また、体の整体機能はホルモンを通じて伝達しています。この中枢が脳です。脳の状態は、血流が通っている状態が良い状態です。その状態は幕を通じて頭蓋骨に現れます。脳へ負担がかかると、頭皮や頭蓋骨が硬くなります。

整体では、この頭皮や頭蓋骨を緩め、脳の状態をよくします。そうすることで、自律神経やホルモン分泌を調節できます。

5,この記事のまとめ

さて、いかがでしたでしょうか?

かゆみや炎症に対するケアはまず必要です。それに加えて、痒みが起こらないようする対応も必要です。

整体を通じて、内臓や神経の状態を整え、痒みにくい体にすることは可能です。

ぜひ、今の現状で、なかなか痒みや炎症の悪循環から脱さられない場合には、骨格や内臓の調節を検討されて見てくださいませ。