アトピーが運動で悪化するとき

写真は左右にスライドできます

アトピーと運動

アトピーと運動

どんな運動がいいのか?

どんな運動がいいのか?

結論の詳細

結論の詳細

運動はやりすぎると悪化する

運動はやりすぎると悪化する

運動をすると良くなる理由

運動をすると良くなる理由

運動をするタイミングと強度を気をつける

運動をするタイミングと強度を気をつける

オススメの運動

オススメの運動

まとめ

まとめ

アトピーは運動をすると治るものと悪化するものがある。

アトピーは運動をすると治るということが言われています。しかし、実際にはどうなんだろうという疑問もあります。そんな疑問にお答えしました。結論から言うと、悪化する運動やタイミングがあります。それ以外でしたら、運動はアトピー改善には有効なケアです。
それでは、まずは悪化する運動やその理由について解説させていただきます。

アトピーでは運動をやりすぎると悪化する

  • 炎症を助長させる
  • 熱がこもる
  • 熱が表面に出てくる
  • 血液の消耗

アトピーはアレルギー性皮膚炎がベースとなっております。ですので、炎症を起こすような運動をすると、他の炎症を助長してしまう恐れがあります。ですので、筋肉痛が怒るほどの運動は、体の状態が良くなってからが良いです。

運動をすると良くなる理由

運動をする目的は何かを考えていきましょう。そうすることで、どんな効果効能を得ればいいのかが明確になります。

運動をすると良くなる理由

  • 循環を良くする
  • 緊張の緩和
運動をするときにイメージするのが、ジョギングやエクササイズのようなアクティブなものかと思います。
この2つが主な目的になるかと思います。循環を良くすることが目的であれば、いわゆる運動でなくても良いです。例えば入浴もその範疇に入ります。
アレルギーや痒みは過緊張で起こりやすくなります。その解消のために、固まった筋肉を緩めることが有効です。また、血液のめぐりを良くすることも良いです。鬱滞による炎症の解消を促すことができます。その場合は、入浴やストレッチも安全に上記2つの項目を満たすことができます。傷があることでうまくいかない場合は、マッサージ機などを用いることも良いでしょう。
何れにせよ、スポーツジムで行うようは激しい運動がアトピー改善に最優先ではないということです。

運動をするタイミングと強度を気をつける

運動をするタイミングと強度を気をつける

  • 季節の変わり目
  • 体と外気の気温差がある
  • 炎症が治まっていない
  • 体力が戻っていない

血流の鬱滞や熱のこもりでも痒みや炎症は起こります。寒い中の雪かきでも悪化することもあります。現在の体の状態を加味した上で、選択されると良いです。

オススメの運動

オススメの運動

  • 入浴
  • ストレッチ
  • マッサージ
  • 呼吸法
  • ウォーキング

上記の内容は、いつでも意識すればできるものです。特に激しい運動ではなく、体に対する負担も少ないです。運動の目的は、血液のめぐりを良くして、きんにくん緊張を緩和することです。さらには、皮膚の運動によってキメを作り皮膚を柔軟にします。体を動かし移動することで、認知能力を整えることもできます。大切なのは、ただ運動をするだけでなく、目的意識を持って行うことです。歩く動き1つでも、体に及ぼす影響は大きいです。是非とも、無理なく継続できる方法をされていただければと思います。

この記事のまとめ

まとめ

アトピーを運動で良くすることはできます。しかし、それだけでは不十分です。スキンケアや薬でのコントロールをした上で併せて運動をすることで効果を実感できるものです。運動は、血液のめぐりを良くして筋肉の緊張を緩和することができます。運動でも手段にとらわれず、目的意識を持って取り組むことで、目標を達成することはできます。是非とも、そのように取り組まれてみてくださいませ。