アトピーの赤い顔

しかし顔、赤顔はアトピー性皮膚炎の症状の1つです。しかし、そんな顔の赤みは炎症だけで起こるのでしょうか?アトピーに限らず、顔が赤くなる時はあります。その理由は血液が集まることどうしても慢性化している症状の場合は、全て同じ原因と考えがちです。しかし、その実態をよく観察すると、赤みが怒るタイミングの違いや複数の要素があることに気がつき今回は、そんな顔が赤くなり理由や対策についてご説明させていただきます。

1,顔が赤くなる3つの理由

  • 皮膚が薄くて赤く見える
  • 血液が集まって赤く見える

皮膚が薄くて赤く見える

皮膚が透けて見えると赤くなる

体を中で、赤くなる要素は血液が皮膚を介して見えているからです。皮膚を介して赤く見える場合は、皮膚が薄いときと血液が多く集まっている時に必ずます。目の下のクマは、目の下の脂肪隊という組織が消耗されて、皮膚の奥の静脈が透けて見えることで起きています。同じように、皮膚が薄いことで赤ら顔になりやすいこともあります。その1つが酒さ様顔貌(しゅさようがんぼう)です。この症状は別のページで案内しておりますので、そちらをご参照くださいませ。

では、皮膚が透ける以外に、どんなことがあるでしょうか。それは、血液が多く集まっているからです。

血液が集まって赤く見える

顔が赤いのは血液がある丸から

顔の場合は、乾燥、炎症、鬱血、充血など様々な状態によって皮膚が赤くなります。血液が集まることで、集まった部分の皮膚が赤くなります

皮膚が薄いだけでなく、血液が必要以上に集まることで、集まった皮膚の部分は赤くなります。アトピー性皮膚炎は、アレルギー症状として炎症が起こります。そのため、異物の除去が完了することでつまり、一定の期間経過かすることで、赤みは引いていきます。

しかし炎症以外の赤みの場合は赤みが出たり引いたり1日の中で移り変わります。この様な場合は、薬の塗布以外のケアが必要になります。

2,炎症以外の原因

  • 鬱血で顔が赤くなる
  • 充血で顔が赤くなる
  • 乾燥で赤くなる

血液が集まることで、皮膚が薄くなくて、赤くなることがあります。それでは、なぜ血液が集まったのでしょうか。その理由は、必要があって血液を集めている、または血液が滞り鬱滞してそれぞれ血液が多いのですが、集めているのと、その場所に溜まっているのでは、原因も異なります。

首肩こりで血液が鬱滞している

しかし、首肩こりがあると、血液のめぐりが阻まれて一定の部分に溜まってしまいます。そうすることで、その部分にある血液の量が多くなり赤くなります。

血液は体温を運ぶます。ですので、首肩こりがあると一部に血液が集まるので、のぼせやすくなり、乾燥引き起こします。皮膚の赤みは、皮膚本来でなく、体の中の不調が皮膚に影響することもあります。

首肩こりで顔が赤くなる

緊張して充血する

顔の神経には、様々な神経があります。顔の神経は、目、耳、鼻、口などの感覚器官と関連しています。例えば、目が疲れると目が充血しますが、目の周りの目の疲労によって神経が緊張し、皮膚にも血液が集まり、そのために目の周りの皮膚やまぶたまで赤くなります。

この様にして、体の負担のかかる部分には、緊張が起き、それに伴い血液も集まるのです。体に負担がかかり、充血した場合は、その部分を休めるとともに、緊張した神経を緩めるケアを行います。

過度な緊張で充血する

皮膚が乾燥して赤くなる

皮膚のバリア機能が低下することで、皮膚周囲の菌やウイルスから身を守る力が弱くなり、免疫系統に負担がかかります。このため、皮膚では、バイキンが入ってきてもいい様に皮膚の下に血液を集めるのです。皮膚が乾燥するのは、かあrだのめぐりの悪さや皮膚のもろさなど様々な原因が考えられたます。

乾燥で顔が赤くなる

3,スキンケアでの対策

  • 傷にはワセリン
  • ほてる乾燥はクリーム

アトピーのスキンケアの代表は、ワセリンです。ワセリンは、あぶらなので保護や保温に適しています。つまり、傷がある部分には皮膚の代わりに保護することができます。しかし、顔の火照りがある場合は、熱がこもるので適してはいません。その場合は、クリームなどでスキンケアをするのが有効です。

皮膚の傷にはワセリン

4,血液の滞りを解消させる方法

神経の緊張緩和にローラ針

小児鍼や皮膚鍼と呼ばれるもので、刺さない優しい鍼です。皮膚にコロコロと転がし、チクチクさせることで緊張を緩和できます。

冷えのぼせには湯たんぽ

手足の冷え対策には、湯たんぽがオススメです。特に金属のものですと、耐久性もあり、持続時間も長いので使い勝手が良いです。

5,英気治療院での取り組み

  • 過緊張の緩和をしてめぐりをよくする
  • 頭蓋骨や内臓など体の中を整えることでめぐりをよくする
  • 食生活や姿勢などの習慣を変える

アトピー性皮膚炎でも起こる顔の赤みは、生活習慣が大きく関わっています。赤みをとる取り組みは大前提ですが、赤くならない予防的な対策も必要となります。そのうちで影響が強いのが姿勢と食この2つを変えていることで、顔のほてりや乾燥なども解消することができます。

6,この記事のまとめ

さて、いかがでしたでしょうか?

顔の赤みは、炎症以外にも起こります。その原因を取り除くことで、薬もスキンケアも必要のない体にすることができます。1度体をよくすることができれば、維持する労力は少なくて食事のや姿勢改善をすることが、顔の赤みの予防となります。皮膚の問題ですが、皮膚以外のケアがとても大切になります。絶対とも、推奨のローラー鍼や湯たんぽなども活用してケアに取り組まれてみてくださいください。