眼精疲労と顔の赤み

今回はこちら目の周りの

顔の赤みは、炎症と炎症以外があります

この区別の仕方を見ていきましょう

 

目の周りが赤い理由とは

  1. 神経の緊張
  2. 目の乾燥
  3. 炎症

早速、目の周りが赤い理由についてお話しましょう

3つの理由があります

神経が緊張する

一つ目の神経の緊張は目が疲れたりすると起きます。

瞼がよくぴくするのも、緊張して筋肉が痙攣しているのです。

このような緊張することによって、血液が集まってそれで真っ赤になることだってあります。

目の乾燥

二つ目の目の乾燥です。

瞼の周りというのは、目の中の潤いに対して影響されます。

瞼の赤みは、口元と一緒で、口の中が乾くと唇が乾燥します。

同じように、目の中が乾燥すると瞼をはじめ、目の周りが乾燥して、そしてそこに対して異物から守ろうとせ血液が集まることもあります。

皮膚の炎症

3つ目が炎症です。

これは、異物が来た時にそれを処理しようとしたり、傷があった時に治そうとする反応で起きます。

一言で目の周りが赤いのは、これだけの理由があります。

次に、赤みがあったときどうすべきかをご案内いたします。

 

赤い時の注目すべき点

赤みの変化を見る

 

  1. 変化しない:炎症
  2. 変化あり :血流

炎症による赤み

炎症であれば、期間はかかるけど時間とともに良くなります。

その代表的なものを言えば日焼けです。

顔の赤みは、一日を通してずっと変化しないです。

炎症以外の赤み

もう一つの炎症以外とを区別する方法は、1日の赤みの変化を見ます。

朝起きたてとか入浴の前後で赤みが変わるもの、これらはすべて血流の問題です。

もちろん炎症と炎症以外とが混在してる場合があります。

変化するものであれば炎症以外となります。

まず炎症についてどうすべきかご案内しましょう。

 

炎症の場合の対処

  1. 傷の保護
  2. 薬の使用

炎症が起きた場合、まず2つの対処をしましょう

一つは、皮膚がもろかったり傷がついていることが多いで、傷の保護をします。

有名なものですとワセリンです。

ワセリンを塗って、そして皮膚の保護すると良いです。

二つ目は薬です。

炎症は強過ぎると炎症によってかゆみが起きます。

そしてかゆくてかいてまた、炎症を起こす。

そういった繰り返しになります。

なので、必要以上に炎症は抑え、必要最小限にとどめる必要がああります。

もちろん薬の使用に関しては、専門の先生と相談して使用してみてください。

かゆみがあれば、まずはかゆみをとる。

傷を保護して異物がが入らない

強すぎる炎症を抑える対処をすれば期間はかかるけど時間とともに炎症はよくなります。

では、それ以外のものはどうやって解決するかを次に解説いたします。

 

炎症以外の赤み

  1. 乾燥:潤す
  2. 疲労:回復
  3. 緊張:休める

炎症以外の赤みは、疲労、緊張、乾燥があります。

対処法としては、乾燥しては潤します。

水で潤すことで赤みが変わったり、スキンケアを塗ることによって変えます

目が疲れている時は、目を休める回復させることをしましょう。マッサージとかホットアイマスクなどもいいです。

最後に目の緊張です。

使いすぎるとやっぱり目は緊張しやすいです。

ずっと使うというのをやめて1回休眠を取るとかアイマスクをするとか休めることをすると良いです。

目が疲れてくると、瞬きが多くなる、目のぴくつくなどそういったものが入ってきます。

赤くなった理由、それをわかれば今みたいに適切な対処ができます。ぜひ、観察して対処をしてみましょう。

おすすめのケアをご案内します。

3つのケアをご紹介ます。

おすすめのケア

  1. 首かたの血流改善
  2. 首の関節を動かす
  3. 目の周りにワセリン

目の状態をよくする血流改善

例えば首肩がこっている場合には、目を栄養する首の血流を促すのが良いです。

緊張したり疲れ目になると首肩が凝り固まります。そうすることで、目も疲れやすくなり、悪ん循環に陥りがちです。

そんな時こそ、首肩まわりの血流改善をすることで、疲労が回復しやすいです。

首の関節を動かす

首の関節を鳴らすって言う人も見受けられます。ただし、注意点があります。それは、ゆっくり大きく回すということです。ボキボキや反動をつけてバキっと鳴らすと首の関節に負担をかけてしまいますので、注意必要です。

目の周りにワセリン

顔の赤みは、目の乾燥によっても起こります。目の乾燥が起こると、その周囲の水分を奪い潤いを共湯とします。ですので、その乾燥から守るために、瞼や目の周囲へワセリンを塗ることが良いです。

まとめ

さて、いかがでしょうか?

赤みっていうのは、炎症と炎症以外があります。1日で変化するものは炎症以外です。

まずは、炎症とそれ以外を区別しましょう。

問題がわかればやるべき対処が選択できます。

眼精疲労によっても顔の赤みが起こるケースもあります。是非とも、赤みその物だけでなく、赤くなった理由を見つけて、赤くなりにくい体にしていきましょう。