おでこや頬にでる顔の赤みの原因と対策

アトピーの赤みの原因

1,アトピーの赤みの原因は3つある

#アトピーの赤み #赤みの原因 は3つある

  • 栄養不足で皮膚がうすい
  • 感覚過敏で触れてしまう
  • ストレスなどで乾燥している

皮膚に赤みが出るのは、炎症以外にあります。うっ血や充血はその原因の1つです。
肌の赤みがうっ血や充血と炎症との見分けは、時間帯によって赤みが変わるかです。

また、体そのものが赤くなりやすい状態というものがあります。栄養不足になり皮膚が薄くなる。感覚過敏でつい、かいててしまい刺激を加えてしまう。ストレスなどでホルモンが異常分泌をして乾燥してしまうなどがあります。

その結果、肌は修復や緊張を緩和するために血液を集めます。なので、肌は集まった血液のために赤く見えているのです。

2,アトピーの赤み炎症以外でも起こる

アトピーはアレルギー性の皮膚炎です。ですので、皮膚に炎症が起こることで赤みが出ます。しかし、肌の赤みは、アトピーでなくても起こります。そんな肌の赤みが、起きた理由や対策についてお説明させていただきます。

#アトピーの赤み#炎症 以外でも起こる

アトピーの炎症以外の赤みは、主にうっ血や充血で起こります。そのうっ血充血は、血液が集まった状態のことを言います。血液は様々な要素が関連して集まります。顔の赤みもそんなうっ血や充血で起こります。ですので、一様に薬のみではなかなか治りきらないのです。

うっ血や充血で起こる肌の赤みの他に、栄養不足や乾燥肌もあります。それぞれについて解説していきます。

  • 乾燥
  • 栄養不足
  • うっ血
  • 充血

乾燥すると肌が赤くなる

皮膚が乾燥すると赤くなります。その理由は、皮膚のバリア機能が低下して、皮膚の外から異物が侵入しやすい状態になります。バリア機能の低下した皮膚は、ブドウ球菌など細菌の攻撃にさらされやすくなります。そこで体は、体の中の血液を皮膚近くに集めて、細菌などが侵入しても対応できるように変化します。これが乾燥肌で肌が赤くなる理由です。

栄養不足で皮膚が薄くなり赤くなる

栄養不足になると、皮膚そのものが薄くなります。皮膚が薄くなると毛細血管が透けて見えます。うっ血や充血のように血液が多いわけではありません。肌が赤くなることに似た事例では、寝不足や夜更かしをした後の目のクマです。脂肪組織が消耗されて元々あった血管が透けて見えているのが目のクマなのです。栄養不足になると、このような皮膚がすけて毛細血管が透けて見えるのです。その結果、顔全体が赤くなって見えます。

3,うっ血で血液が滞り肌が赤く見える

#アトピーの赤み #うっ血 は血液が滞ること

  • 血液が多いので赤い
  • 血液が多いので皮膚が薄く引き延ばされる
  • 血液が多いので火照りが出る
  • 血液が多く、乾燥する

うっ血は巡りが止まり血液が溜まっている状態です血液が多いので赤く見えます。また血液が多いので、むくんで皮膚が引き伸されるため透けて赤く見えます。さらに、血液は体温を全身に運びます。その血液が顔などに止まり続けると、のぼせたように火照ります。顔に血液が滞った状態が続くことで、熱を帯びて乾燥します。このような二重三重の負担が顔や肌を赤くさせるのです。

血液が全身を流れている状態が正常です。負担を受けて緊張することで、血液が集まってしまうのがこのうっ血の病態です。

4,肌が赤くなるのは神経が緊張して充血が起こるから

#アトピーの赤み #充血 は血液が集まっている状態

  • 神経の緊張
  • 筋肉の修復
  • 炎症の影響

充血は、血液を集めすぎて多くなっている状態のことです。目が充血するときには、目の疲労や過度な緊張があります。このような充血は、顔全体でも起こります。それは、目の周りなどの神経が緊張したときに起こります。顔の充血はこのような神経の緊張を緩めるために、血液を集めている働きがけなのです。
充血は集めている状態ですので、お風呂に入ると血行が良くなり血液が集めたい部分に集めやすい状態になります。一時的に肌は赤くなりますが、その後の赤みがひていく変化を見れます。これは、血液が十分集まることで緊張を解くことができたのです。血液を理由がなくなれば、充血の赤みは自然と減っていくのです。

5,アトピーの赤み原因のうっ血は滞りを解消させる

#アトピーの赤み #うっ血 は滞りを解消

  • 筋肉を緩める
  • 関節の動きをスムーズにする
  • 呼吸を整える

肌のうっ血を解消するには3つあります。1つは、筋肉を緩めることです。筋肉を緩めることで、血行循環は良くなります。巡る道を作ればうっ血の赤みは解消できます。

2つ目は、関節の動きを良くすることで、うっ血を解消します。関節の動きがスムーズになることで、筋肉のこわばりも取れやすくなります。

3つ目は、呼吸を整えて、全身の血行を改善します。いきむと顔が赤くなります。これは圧が高くなって、血液が顔に集まったために起きています。このような呼吸の滞りは、血液の鬱滞や渋滞こ引き起こります。ですので、呼吸を深くスムーズにできることがうっ血の解消になります。

このようなケアをすることで体が緩みます。緩むことで巡りが良くなり、赤みはひいていきます。

6,アトピーの赤みは緊張を解消すると充血がなくなる

#アトピーの赤み #充血 は緊張を解消

  • 神経を刺激する
  • 目にかかる負担を減らす
  • 脳血流を促す

肌の赤みは、神経が緊張して充血を起こり赤くなっています。この神経の緊張を緩めることで血液が集まる必要がなくなり肌の色が戻ります。
充血は、血液を集めたくて血液を集めています。なので、神経を緩める集める必要をなくすことで解消できます。

また、神経が緊張する理由は、目や耳などの使いすぎによります。ですのです、目や耳など感覚器官にかかる負担を無くすることで神経の緊張を緩和できます。

最後に、脳の血流を促すと充血は治まります。脳には髄液という体液が流れています。これは脳や神経を栄養しています。髄液のめぐりが良いと感覚が正常化してして、神経の緊張が緩和されます。

7,肌の赤みの対処でオススメの3つの対処法

#アトピーの赤み #赤みの対処 でオススメは3つある

  • 栄養不足にはタンパク質などの栄養補給
  • 感覚過敏は緩めて刺激を減らす
  • 緊張は蒸しタオルなどで血行改善

肌の赤みは、原因に対する対処を施せば、自然とよくなっていきます。

皮膚そのものの構造に問題がある場合と、その周囲の影響を受けていることが多いです。肌の構造の問題とは、材料であるタンパク質不足です。ですので、食事で担保悪質を十分に摂取することでよくなります。目安は体重あたりの1倍のグラムです。50キロであれば、100グラムのタンパク質が必要になります。

また、乾燥肌や栄養不足では、神経が皮膚表面に伸びて感覚過敏を起こします。その結果、掻いてしまったり肌を傷つけ炎症も起こしてしまいます。対策は、かゆみを感じた時にメンタームなどの清涼感のある軟膏でかゆみを止めることです。

神経が緊張すると、感覚過敏になります。神経が緊張した結果、充血が起こり肌が赤くなります。そんな時は、血行循環をよくして緩めることで解消できます。オススメは蒸しタオルです。浴槽に浸かりながら顔に蒸しタオルをすると神経が緩み、皮脂や汗も出て乾燥肌対策にもなります。

8,この記事のまとめ

さて、いかがでしたでしょうか?

肌の赤みは炎症以外でも起こります。その理由は、神経の緊張や乾燥などで血液が集まることで起こっています。そのため、薬を塗るだけでは、炎症を抑えることができるのですが、神経の緊張を緩めたり、筋肉をほぐすまでに至らないので、なかなか肌の赤みが解消されにくいのです。

アトピー性皮膚炎の炎症以外の赤みは、このような場合は、神経や筋肉を緩めると良いです。オススメのケアは、メンタームで痒みを止める、蒸しタオルで血行循環をよくする、栄養補給でタンパク質を摂ることです。

是非とも、今行っているスキンケアに加えていただけるともっと肌の具合はよくなっていきます。

神経や筋肉はセルフケアや整体でも解消できますので、是非試してみてくださいませ。

英気治療院にLINEで予約

アトピーの悩みをL電話で相談

アトピーの悩みをメールで相談