アトピーでおでこや目の周りの痒み対策に有効なセルフケア

1,おでこやまぶたのかゆみの原因とは?

  • 目にかかる負担
  • 視力の変化
  • 白内障などの既往歴

まぶたやおでこに負担がかかるとかゆみが起こりやすいです。

目の周りには神経があり、それらが目の疲労などに伴って硬く緊張してしまいます。その緊張を解消したいという働きがけでかゆみを引き起こします。

 

2,おでこやまぶたにかゆみが起こる理由はと

目に負担がかかると、まぶたやおでこにかゆみが起こりやすいです。

では、なぜかゆみが起こるのでしょうか?それには理由があります。

目に負担がかかることで血液を集めて目を栄養しようと働きます。しかし、十分に栄養できない場合には、周囲の神経は負担を感じ取って緊張します。また、目津駅が集まり続けることによってむくみや熱感を帯びて乾燥を引き起こします。そのむくみや乾燥がかゆみを起こします。かゆみを感じてかくことによって、充血を促し、潤しを一時的に与えることができます。しかし、繰り返し起こることで、粘膜や皮膚が欠損して炎症が起こります。2時的な損傷が起こりかゆみや炎症が拡大されていきます。

3,おでこやまぶたにかゆみが起こる人の特徴

普段から目を酷使する方に起こりやすいです。

また、白内障などの手術を行なっている方は、後発生の白内障という続発的な症状が起こり、目に負担がかかりやすく、目の周囲に症状が起こりやすいです。

4,おでこやまぶたにかゆみが起こる時にする対処

物理的な刺激を遮断して炎症を抑えるために冷やすことが良いです。乾燥や熱感が落ち着いた時には、目の疲労回復のために次第に温め巡りを促します。

ピントを合わせる目の筋肉や眼球を動かし安定させる筋肉の過度な負担を覗くことで、目の周囲に不要な血液はたまりにくくなります。

5,おでこやまぶたにかゆみが起こらないための予防

もし、視力を矯正している場合には、日常で使用する範囲にピントが合うように度を設定し直します。

また、過去に白内障をしている場合には、後発白内障の疑いがないかを確認します。

上記の2つは、目に過度な負担を軽減する対策となります。

そのほかには、視力にまつわる抗酸化の栄養素であるルテインの摂取や紫外線のカット、目の周囲の疲労回復を行うことて湿疹やかゆみの改善を測ることができます。

6,整体でおでこやまぶたのかゆみが解消できる理由

目の疲労は神経や筋肉に伝播します。その強張りを解消することで目にかかった負担を取り除けます。

また、目に関する疲労や負担は頭蓋骨を調整することで間接的に解消もできます。

このような背景から、整体でも目の周囲に起こる引きつりや強張りを解消することで湿疹やかゆみへの改善を測ることができます。

7,この記事のまとめ

さて、いかがでしたでしょうか?

まぶたやおでこの周りの赤みや湿疹は、皮膚の問題と思われがちです。しかし、皮膚以外にも赤みやかゆみを引き起こす要素はあります。スキンケアをしてもなかなか改善されない場合には、目の周囲に問題がある場合があります。そんな時には、視力の調整や目の循環を促して疲労回復をさせることでよくなります。

是非とも試してみてくださいませ。

まぶたのアトピーや赤みについて詳しくはこちら

まぶたのアトピーや赤み

まぶたのアトピーや赤みに関する関連記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

川崎市多摩区のアトピー専門整体「英気治療院」

(当日予約も受付け中)土日祝日も営業

0120-71-4976

0120-71-4976
ネット予約はコチラ LINE予約はコチラ
受付時間
9:00-21:00
定休日
7月は1日、5日、12日、15日、19日、26日、8月は2日、9日、18にいt、19日、23日、30日です。(別途、休診日以外では、当日予約も可能です)

〒214-0014神奈川県川崎市多摩区登戸2075-2コスモスパジオ向ヶ丘遊園502-A