妊婦の整体

写真は左右にスライドできます

1,妊娠時に整体必要?

妊娠中には、安静にするというイメージが一般的です。
しかし、実際に妊婦さんを見ていると、臨月まではしっかりと動いている方も仕事をされる方も多く見られます。

胎児が宿るお腹で動くことは、解任される前と体の体型も体重もかなり変わっています。もしかしたら、体に負担をかけながら動いていることもあります。

そんな時は、体に無理なく動ける姿勢を意識すると良いです。
また、負担がかかった部分にもケアをすることで、症状を起こすことなく無事に出産を迎えることができます。

2,妊婦で起こる体の変化

解任すると女性のお身体の中で分泌されるホルモンのバランスが変わります。妊娠状態を維持するホルモンが分泌されます。

また、出産に備えて骨盤などの関節が動きやすくなるようにもなります。
胎児の発育に伴って、体が変化しやすくなっているのです。

しかし、この変化は、良くも悪くも影響します。
無理な姿勢をすると、体は通常では動かないような動作までしてしまいます。
骨盤や股関節の痛みなどが代表的な変化です。

3,妊娠中に起こる症状

胎児の発育に伴いちゃい重が増えます。また、皮膚が伸ばされます。
また、重心が変わるので、ややこしを剃った姿勢にもなりやすいです。
このような偏った姿勢や重心バランスが、体にさらなる負担をかけます。

体が発しているサイン

体に無理が加わることで、症状が起こります。
皮膚のひきつりでは、痒みや乾燥が起こります。掻きこわして皮膚に炎症が起こりやすいです。しかし、そのまま放置すると妊娠線という、真皮層のひび割れが起こります。

ケアとしては、クリームをにって保湿とマッサージが有効です。

4,整体でできること

整体では、骨盤のゆとりを持たせて、胎児の発育に応じて緩やかに動ける状態にします。
また、腸腰筋という足の付け根の筋肉だけでなく、お尻の筋肉や内腿の筋肉も満遍なく使えるようにすると、体を支えやすくなり、むくみも解消されます。

5,セルフケアも大切

バランスボールを使った体操やマタニティーヨガもオススメです。
今の体格にあった姿勢を作り、コントロールできる
ようになります。

6,この記事のまとめ

いかがでしたでしょうか?
体を安静にするのは、怪我や病気の時です。体力を温存する目的であれば良いですが、変わりゆく体格を適応させるには、むしろ動いた方が良いのです。

ご参考いただければ幸いです