小児の整体

写真は左から右にスライドできます

1,小児の整体とは?

整体と聞いて、イメージされるのはボキボキやバキバキではないでしょうか?

イメージされた整体は、そんな一部のイメージです。
小児に行うっ整体は、「手当」や「なでさする」そんな柔らかなものです。

赤ちゃんの整体とは?

赤ちゃんの整体とは、小児の整体は発育を促す働きがけを行なっています。

子供が泣いた時に抱き寄せることもその1つです。
泣きじゃくることもを抱っこして、風通しの良いところに写して背中をさする。

こんな子をと見たことはないでしょうか?
「疳の虫」の時に行う光景です。

2,こんな子をと見たことはないでしょうか?

  • 同じ動きばかりしている
  • 寝ている時に首が片側に傾いている
  • 寝返りの時期が遅い
  • やけに早く歩き出した
  • 食事を落ち着いてできない

このようなことが観察できれば、それは発育や発達の不具合が起こっています。性格や人格の問題ではなく、体の扱い方や感覚の処置の仕方に問題があります。

3,3つの異変に着目

  • 寝返りのくせ
  • 首の傾き
  • 体の重さ

寝返りのくせ

寝返りとは、体を治したいい働きがけです。

ねているときに、体を緩めてよくしています。
歯ぎしりなどもその1つです。

寝返りの姿勢1つ見ても様々あります。
その姿勢の偏りが、体の不調を表しています。

首の傾き

首が片側に傾いている姿勢は、背骨の歪みや脳への負担を表しています

子供の首は特に弱いです。
そのため、背骨や脳の状態を顕著に反映しやすいです

負担がかかると背中や頭が固くなります。
それを解消させるために、首を傾けたり、寝ている時の頭にかかる圧の部分を変えます。

体の重さ

負担のかかる部分に体液が集まっているのです。

子供を抱く時に、無意識に重い部分を持っています。
この抱っこも手当の1つです

関わる側も、無意識にケアをしているのです。

4,英気治療院の小児の整体

チェックポイント

  • しわの出る部分
  • 動きの癖

このような部分も体の負担を見るポイントです。
しわができない姿勢を心がけましょう。

動きの癖は、発育中によく見かけます。
飽きるまで動かして見ましょう。
発達の過程で必要な感覚入力の場合もあります。

オススメのケア

背骨を緩める金魚体操
背中を緩めるタオルハンモック

これらは体を緩めるケアです。

5,この記事のまとめ

さて、言うかがでしたでしょうか?

小児に体を整えるkとおは、本来の速度で発育を促すことです。環境や栄養状態など様々な英子湯を受けながら、小児は育っていきます。そのストレスが強すぎると、うまく体を作ることも扱うこともできなくなっていきます。そのくせが姿勢や体に癖となって現れます。小児は自然と育つものではありません。小児に整体を施すと言うことは、本来あるべき状態へ導くことでもあります。是非、日頃から抱っこしたり触れることで、お子様の健康状態を感じ取って見てくださいませ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加