頬がかゆい

頬周りのかゆみは、人目に付くので気になりますよね。かゆい時につい触れてしまい、気がついたら赤くなってしまう。鏡を見るたびに憂鬱になってしまいますよね。そんな頬の赤みは、薬で抑えられる問題であれば、いっときの処置でよくなります。しかし、繰り返したり、ぶり返す痒みや赤みは、皮膚そのものに問題がない場合があります。

そんな頬のかゆみの原因を英気治療院の取り組みを交えて解説させていただきます。

1,頬がかゆい理由

頬がかゆい理由とは

  • 乾燥してかゆい
  • こわばりを解消したい
  • 異物がある

皮膚に異物があるときに、それを排除したいと体は察して、かゆみという感覚を引き起こします。虫が皮膚についたときのあの不快感もかゆみに類似した反応です。

また、毛穴が詰まるときに起こるむず痒さもその1つです。このように、かゆみは、皮膚表面に対してえぐる、なぞる、こするなど働きかけている行動行為なのです。それによってかゆみが治れば問題ありません。しかし、傷ができる、繰り返す場合は、かゆみを引き起こした原因がぬぐいきれていません。

それでは、その皮膚よりも深い部分にある原因とはなんでしょうか?

2,頬がかゆい原因

頬の痒みの原因

  • 異物の排除
  • 熱の発散
  • 巡りを促す
  • コリを緩める

皮膚そのものに対する対処

かゆみは皮膚に対して、浅く広く刺激を与える行為です。皮膚に異物が理、それを排除するときに起こります。原因は、体の中や外から本来あるべきでない異物があることです。ニキビやアレルゲンがそれにあたります。このような原因であれば、異物が排除されるとかゆみは治ります。

また、皮膚が乾燥することで、感覚過敏やかゆみを感じることがあります。この時のかゆみは、過敏になることだけでなく、その乾燥した状態を解消するために、こする行為を行います。皮膚表面に摩擦の刺激を与えることで、皮脂や汗の分泌が促されます。乾燥であれば、潤わせる、感覚過敏であれば保護する膜は貼る、またはかゆみ以外の刺激を加え得ることで解消できます。

皮膚に傷ができる原因

皮膚の中の原因

神経や筋肉がこわばることでかゆみが出ます。その時のかゆみ右派「むず痒い」感じがします。指や爪を立ててえぐるように強くかくことがあります。頬のかゆみは、皮膚、神経、筋肉などその部分におある組織の以上をかゆみとして感じているのです。

神経や筋肉であれば、頬をかくことでなくても、そのこわばりや緊張を解消できます。例えば口の中をマッサージする、神経の走行に沿った部分を指圧するなどを行えば、頬にでるむず痒さは解消されやすくなります。

3,一般的なかゆみへの対処

頬がかゆときにますスキンケアをすべし

  • スキンケアをして保湿を行う
  • かゆみ止めなどの薬を使用する

頬にかゆみが出た場合は、アレルギー反応かどうかを調べます。もし、アレルギー症状であれば、かゆみ止めや炎症どめの薬を服用したり塗布することで解消できます。

また、アレルゲンの摂取や接触がない場合は、皮膚そのものの乾燥によって起きていることを疑います。炎症であれば炎症反応の兆候があります。炎症の兆候は、発赤、熱感、腫脹、疼痛。機能障害のことをさします。乾燥だけの場合でも、神経線維が皮膚表面に伸びてきて、感覚過敏を引き起こします。

皮膚が乾燥して、感覚過敏が起きている場合は、乾燥対策と保護が必要になります。皮脂や汗の分泌を促す、蒸発を防ぐことをスキンケアで行います。また、保護して過敏な状態を抑えることで、感覚異常は戻りやすくなります。

しかし、このような皮膚へ対してのアプローチでも十分に取り切ればい場合は、皮膚よりも奥に問題があります。その場合は、深い部分に対して対処する必要があります。

4,英気治療院の取り組み

頬のかゆみ対策

  • 筋肉を緩めてこわばりを解消
  • 神経の緊張を解消する
  • 姿勢を解消して骨格の歪みを整える

姿勢と呼吸を整えることで、筋肉のこわばりや神経の起こる緊張を解消します。表情筋は呼吸と関連が深いです。そのため、浅い呼吸になると表情も固くなり、口も乾きやすくなります。そのため、自律神経が緊張状態になりやすく、神経も緊張しやすくなります。このようにして、筋肉や神経が硬くなり、かゆみを感じやすくなります。

また、姿勢をただし骨格を整えることで、体の力みが抜けやすくなります。その結果、緊張やこわばりにくい体にすることもできます。

かゆみへの対処はもちろん、かゆみにくい体にすることができます。

5,この記事のまとめ

さて、いかがでしたでしょうか?

体に起こるかゆみには、引き起こす理由があります。その原因に対してきちんと対応できれば、ほんの少しかくことで頬のかゆみは治ります。しかし、かいても治らない場合は、皮膚よりも深い部分に原因があります。そのような場合は、深い部分へアプローチして原因を解消することでかゆみやかく行為を止めることができます。

是非とも、繰り返す、止まらないかゆみでお悩みの場合は、体の中で起きている変化にも目を向けてみてくださいませ。