脛のアトピー

スネがかゆくなる理由

  • 指がうまく使えない
  • 足首が固い
  • 血の巡りが悪い
  • 肌が乾燥している

脛がかゆくなる理由は、肌の乾燥以外にもあります。例えば筋肉のこわばりや血の巡りの悪さなどがその一例です。かゆみは肌への刺激だけではなく、血液の滞りや神経の圧迫などによっても引き起こされます。だから、スキンケアをまずして、それでも痒みが収まらない場合には、肌よりも深い部分の問題を解決する必要があります。

 

スネがかゆくなる原因

  • 姿勢が悪い
  • 疲労の蓄積
  • 浮き指

脛がかゆくなる原因は、足首やふくらはぎ脛などの部分に負担がかかると起こります。

その代表的な例が、猫背です。猫背になるとつま先に体重がかかり常にすでに力が入ります。そのため筋肉がこわばり、神経が圧迫され、また、血の巡りも悪くなり痒みが引き起こされます。

他にも、指がうまく使えないために、足首を固めてしまい関節のこわばりや神経の圧迫が起こる場合もあります。

 

スネの痒み対策

  • 足裏をよくほぐす
  • 足首をよく回す
  • ふくらはぎをよく揉む
  • 足湯をする

すねの筋肉は指の筋肉や足首を動かす筋肉がついています。白筋肉の疲労は、体の姿勢によって蓄積されます。例えば、巻きがたや猫背などによって、姿勢が前かがみになるとつま先に体重が乗ってしまい脛や足首に負担がかかります。このような姿勢が続くことで、血の巡りが悪くなりかゆみや乾燥肌を引き起こすことがあります。

 

動画で解説

この記事のまとめ

スネの痒みは、皮膚以外の問題でも起こります。その原因は普段の体の使い方による過度な負担や疲労の蓄積のことが多いです。まずは、スキンケアをして様子を見ましょう。それでも変わらない場合は、この記事にあるようなケアをして、スネにかかる負担を減らして変化を観察されてみてくださいませ。

この記事がお役に立てれば幸いです。