敏感肌

敏感肌の悩み

もしかしたら、その悩みの原因は敏感肌なのかもしれません。
皮膚の状態を整え、丈夫な皮膚にすることで解消できます。
今回は、そんな敏感肌について解説させていただきます。

 

敏感肌とは

敏感肌とは

敏感肌とは、実は科学的に明確な定義はありません。
衣類の摩擦が気になる、お風呂上がりにヒリヒリ、チクチクする、皮膚が引き連れるけども目に見える症状がない状態を訴える状態を敏感肌と呼ぶことが多いです。敏感肌の多くは、健康な肌に比べて、バリア機能が低下していて、皮脂が少なく、乾燥していることが多いです。つまりは、状態を表す呼び名が敏感肌なのです。

敏感肌の特徴

敏感肌の特徴

  • バリア機能が低下している
  • 皮脂の分泌が少ない
  • 乾燥していることが多い
  • 感覚が過敏

敏感肌は、外部の刺激に対して過剰に反応することが多いです。敏感肌は、皮膚そのものの弱さ以外にも、刺激に対して過剰に班のする場合があります。このような状態がつずくことで、ニキビや赤ら側、皮膚炎などの状態へとつながりやすくなります。

敏感肌の対策

敏感肌の対策

  • 皮膚の保護
  • 血流改善
  • 感覚を正常化
  • 刺激を避ける

皮膚の問題

皮膚が過敏な時は、何をやっても反応する場合があります。そんな時は、一度刺激をなくすことに努めると良いです。スキンケアでは、浸透するような薬やいつも使っている化粧品を一旦休止してみるのも手です。
また、皮膚が薄い、もろい場合は栄養補給を促すために血流改善をしても容易です。マッサージや蒸しタオルなどをすることで、皮膚の脆弱さを解消することにつながります。

皮膚以外の問題

敏感肌は感覚過敏でも起こりやすいです。感覚過敏は神経の緊張や感覚入力の乱れにあります。マッサージや血流改善などで神経の緊張を解消しても良いです。または、自分の手で手当てをする、触れる以外の刺激を与えることで感覚を整えることも可能です。
さらに、いつも使っている化粧品に対して反応することもあります。食べ物であれば、毎日同じ食べ物を取っていることで、その食べ物に対してアレルギー反応を起こる場合もあります。日焼け止め、クリームなども毎日使っていることで、皮膚が乾燥しやすくなるのです。

この記事のまとめ<

敏感肌の対策

敏感肌は、皮膚の脆さと刺激に対して過剰に反応する2パターンがあります。皮膚そのものへのケアに加えて、皮膚以外の対処も並行して行うことで、改善に導くことができます。ぜひとも試してみてくださいませ。