アトピーとストレス

ストレスと受けることでかゆみが増します。そんな悩みが多くありますが、そもそもなぜストレスを感じると皮膚が痒くなるのでしょうか?その理由は、自立神経にあります。自律神経の乱れが皮膚の感覚過敏を起こします。また、イライラを解消させたい代償として描くという行為を行なっています。そんなストレスとかゆみについて、より詳細な理由や英気治療院の取り組みについて解説させていただきます。

1,アトピー性皮膚炎とは

アトピー性皮膚炎は、皮膚にかゆみや湿疹を伴う症候群です。昔はアレルギーを起因として症状が出ていました。しかし、現在では、アレルギーによらず湿疹やかゆみが出る報告もあります。アレルギーなどを持っている人を内因性アトピーと呼び、そうではなく症状が出ている場合を外因性アトピーと呼んでいます。そんな多く分岐した症候群ですが、皮膚だけに原因があるわけではありません。その1つに、ストレスを感じることでかゆみが起きる、増しているという報告もあります。そんなストレスが起因となる湿疹やかゆみとはどんなものなのでしょゆか。

かゆみがアレルギー以外でも起こる

2,ストレスで痒みが出る

  • 職場でイライラストと痒くなる
  • 緊張する時にかゆみが出る
  • 体が疲れているとかゆみが出る

ストレスがかかるとかゆみがです。かゆみはアレルギーや炎症以外でも起こります。その理由の1つに代償という行為によって起こります。

かゆみを感じた後は、その部分をかくことでかゆみは治ります。かくということで問題解決すると同時に、描く行為によって快感を覚えます。そうすることで、体の異常を感じる→かゆみ→かく→快感→解消という流れができます。この流れが続くことで、体に異常が起こる→かく→快感→解消など一部の感覚が省略されることもあります。イライラするストレスを解消したいという働きがけで、描くという行為が行われることもあります。また、かくという行為は自称行為にも近いです。ある説によれば、かくという行為は、自分自身を保つため、自己認識として行われるとも言われています。イライラした自分を取り乱さないという目的に使われることもあるそうです。

そんな感覚のズレや習慣は、意識的な行為の繰り返しによって改善することができます。また、ストレスを感じた時にかゆみを感じるのは、ストレス解消以外にm理由があります。それは、過度な緊張であるとかゆみを感じやすくなるという感覚過敏もあります。これらは、習慣を変えることや自律神経を整えることで改善できます。では、そんなストレスが自律神経にどんな影響を及ぼしているのでしょうか。

ストレス解消としてかくことがある

3,ストレスが自律神経に与える影響

ストレスとは、体に加わる刺激のことをさしています。ストレスという言葉だけでは、ネガティブ印象を受けてしまいがちです。しかし、私たち人間は、ストレスがあるから今の状態を把握することができ、正常範囲内に保とうとします。その正常範囲に保つ働きをホメオスターシスと言います。なので、ストレスが全くない状態でも私たちの体にはよくないのです。

ストレスは正常を保つために必要

  • イライラすると痒い
  • 帰宅すると痒い
  • 湿疹が慢性化して薬が効きにくい
  • 疲れが溜まっている

このような時はストレスが過剰にあります。

過度なストレスを受け続けると、私たちの体は緊張状態になります。自律神経では、交感神経が優位になります。その状態では、顆粒球という血球が多くなり、かゆみを引き起こしやすい状態になります。また、緊張状態が続くことで、神経や筋肉がこわばり感覚過敏になりやすいです。

4,湿疹とストレス対策

  • 体を緩めて緊張をとく
  • 深い呼吸を意識する
  • さらに強い緊張を入れて、脱力させる

緊張状態が慢性化することで、炎症以外のかゆみも起こりやすいです。そんな時は、状態や状況を変えることで解消できることがあります。

まずは、マッサージやストレッチなどで筋肉を緩めるます。筋肉は自律神経と関連しているので、筋肉を緩めることで交感神経の緊張を緩和させます。

次は、深い呼吸をすることで、副交感神経を刺激して相対的に交感神経とのバランスを保ちます。呼吸が浅い、切迫していることで交感神経が興奮します。ですので、その反対である深いゆっくりした呼吸を行います。

さらに、運動や体に緊張を作る状態を意図的に作り出します。慢性的な緊張ではなく、さらに強い緊張が加わることで、一過性に緊張状態が跳ね上がり、次に降下します。そのようなギャップを作ることで膠着状態を解消します。

5,英気治療院の方針

  • 筋肉の緊張を緩和させ交感神経を制御する
  • 体の巡りを促し副交感神経を整える
  • 生活習慣の見直して、緊張しすぎない習慣へ導く

多くに方に当てはまりやすいのが上記3つです。

体の緊張が高いことで、感覚過敏だけでなく、交感神経に振りやすい状態にあります。そんな時は、一旦筋肉を緩めてリセットします。そうすることで、感覚過敏の解消になります。また、緊張状態が解消されることで、薬自体も効きやすくなります。

また、内臓の機能を高める場合は、体の循環を促すと良いです。結構循環を畝がすことで、内臓の働きを整えることができます。自然治癒力とは、体を正常化させる働きです。傷の治癒だけでなく、免疫の正常かもその範疇にあります。だからこそ、体の緊張を時、巡りを促すことが有効になります。

6,この記事のまとめ

さて、いかがでしたでしょうか。

ストレスは、必要に応じて受け取り、過剰にならないような環境を作ることが健康づくりに必要です。

体をうまくコントロールするには、体の反応を見ながらケアをするのが良いです。緊張しすぎた時は緩めて、時に運ぶさせます。そしてその土台となる生活習慣が馴染んでいくことで、症状を必要としない体になります。是非とも、最後は自分自身でコントロールできるようにを目指していきましょう。

この記事がみなさまのお役に立てれば幸いです。

アトピーとストレスに関する関連記事