大人に整体が必要な理由

写真は左右にスライドできます

整体って何しているの?

整体って何しているの?

整体は手当て呼吸で体を整える

整体は手当て呼吸で体を整える

整体で自然治癒が上がる

整体で自然治癒が上がる

大人に人ほど症状が出やすい理由

大人に人ほど症状が出やすい理由

整体と聞いて、どんなイメージを持たれますか?

例えば、ぼきぼき、バキバキなどのイメージはありませんか?

そのような整体を「カイロプラクティック」と言います。
それも整体という大まかな分類の1つです

大人になり、社会に出るとケアの一環として整体やカイロなどを受ける機会もあるかと思います。

しかし、整体といっても世の中にはかず多く存在します。

英気治療院で行なっている整体は、体を整えることがです。
その整え方には、考え方の違いで分類されています。

それでは、より安全な整体とはどのようなものでしょうか?体に働き掛ける方法や大人に人にこそ必要な理由を交えてお伝えさせていただきます。

1,整体とは何をしているの?

整体では、刺激を与えるて、反応を引き出しています

例えば、異常のある部分に対して刺激を入れるとその部分がおかしいと認識できます。
体は、その異変に気づけるから直そうとして自然治癒力が働きます。

傷ができた時に、痛みや熱感などの感覚を感じるので、それ以上傷が広がらないように、保護したり修復するように働きがけています。

整体とは、このように自然治癒力は本来持つ働きをしやすい状態に整えるます。

自然治癒力は、老若男女皆持っている能力です。大人になるにつれて、代謝が落ち、感覚が鈍くなるとその程度は衰えていきます。

大人になっても少しも良い状態を保つには、体を整える必要があります。その整体には、どんな効果があるのでしょうか?

実際に体で起きている変化を交えながら解説いたします。

2,なぜ、大人に整体が必要なのか?

それでは、なぜ、年齢を重ね大人になると、整体が必要になるのでしょうか?

1つは、大人になるにつれて、代謝が落ち、自然治癒力が働きにくくなるからです。

もう1つは、体は周囲の環境に馴染んでいき、自分自身が疲労してるのに気が付け無くなってしまうからです。

緊張する環境が多いと、意識は体の外へ向きます。仕事終わりにどっと疲れを感じるのはそのためです。疲労が重なると、体への負担がぬぐいきれず傷みやすくなります。

その結果、怪我や病気などの症状を伴う疾患を患ってしまうのです。

このような痛んで症状が出るまでには、5つの段階があります。それについてもご説明させていただきます。

3,体が異常を知らせる5つのサイン

  • 歪んでバランスをとる
  • 歪んで固まると違和感を感じる
  • 固まったままになると痛みを感じる
  • 様々な組織が障害を受けて痺れが起こる
  • 最終的にはマヒしていく

体には壊れる順番があります

体は歪んでバランスとり、良い状態を保とうとしまします。
しかし、体にかかるストレスが大きい、長期間受け続けると、体は歪んで固まタママになります。この状態になると違和感を感じます。首肩こりなどがそれに当たります。
この固まった違和感があるときに、マッサージやセルフケアをすれば、強い症状が出る前に解消できます。しかし、固まったままになると痛みや痒みなどを感じて負担を解消しようとします。

多くの場合は、「言うたみうど目やかゆみ止めで症状を押さえ込みます。その間に、体にかかる負担が取り除かれれば、痛みや痒みは、薬の効果が切れても、振りかえさなくなります。生活の質を保つために、薬を使用はとても大切です。しかし、同じことを繰り返して、薬を常用する依存傾向はよくありません。
症状が長くと、体を守るために、制限をかけます。また、刺激を受け続けた体の感覚は異常な状態になります。感覚麻痺と感覚過敏が起こります。その1つに組織が障害を受けて痺れがあります。

感覚異常が続くと、最終的にはマヒしていきます。

このように体は壊れていきます。
その過程で、起こる症状は、元に戻そうとする体の働きがけなのです。

症状を抑えるのではなく、症状がおきた意図を汲み取り、症状の必要にない体にできれば、元の健康な体に戻ります。

4,体をよくするためにする方法

体には治す手引きがあります。
治癒の過程や方法は私たちの細胞に設計図た説明書があります。
自分で起こした症状であれば、自分の力でよくできます。

しかし、外部からの刺激や自分の体の感覚のズレがあるとなかなか元に戻りません

そこで、外からの治療が必要になります。
整体もその方法の1つです。

手を当てで意識する

体は無意識に直している
その代表的な行為の1つが手当てです。

お腹の痛い時に、気になる部分に手を当てます。
心が穏やかになり
辛さが緩和されます。

これは、大人であっても子供であっても同じ行為を行います。
無意識に体に良いことをします。

手当ては体に意識を向ける行為
手を当てると緊張が和らぎ
その部分の感覚を研ぎ澄ませます

そうすると、その部分の異常を感知して修復します。
整体でも、手当てを基本とします。
その部分の感覚を元に戻して、本来持っている機能を取り戻します。

ボキボキ、バキバキは外部からの瞬間的な力で刺激を与えます。
しかし、場合によっては刺激が強すぎてかえって緊張する場合もあります。

呼吸で体のめぐりを促す

呼吸は、いきていく上で欠かせないものです。

発生から胎児の頃から行なっている脳脊髄液のめぐりを1時呼吸と言います。

出生から始まる肺呼吸を2時呼吸と言います。

これらの呼吸が体の細胞へ酸素を運搬して、代謝を活発にします。

それだけでなく、呼吸をして、体全身が動き緩みます。

呼吸の滞りは体の緊張を生み出します。体が固まり歪めなくなり、症状が起こります。

血液や体液、息継ぎだけでなく、体が歪んでバランスを取れるのも呼吸の働きがけなのです。

緊張して体が固まっている時も、呼吸は浅くなります。仕事があり、意識が外に向きやすい大人ほど深くてゆっくりした呼吸が必要になるのです。

 

組織の位置や形を整える

整体の1つに、組織の位置や形を整え本来の機能を戻せます。
体のめぐりをうながして、生体のリズムを調節が可能です。

胃下垂などがあるときは、呼吸も浅くなります。そのような場合は、胃腸の位置を戻して、横隔膜や腸腰筋を緩めます。そうすると、お腹の張りはなくなり、呼吸がスムーズに行えます。

このような働きがけによって、体は生きるために最適な状態を取り戻します。

5,この記事のまとめ

さて、いかがでしたでしょうか?
一般的な生体のイメージは変わりましたでしょうか?

優しい整体のイメージに変わっていただけると、普段のセルフケアでも同じように取り入れていただきやすいかと思います。

ぜひとも、自分自身のケアとして、辛い部分に手当てを数rことから取り入れて見てくださいませ。