おでこがかゆい

1,おでこがかゆい理由

髪の毛がおでこを痒くする

おでこがかゆいときにまず見る劇ことは2つあります。1つは、おでこに刺激が加わっていないのか。もう1つは、皮膚の中に問題がないのかを確認します。その内と外の問題に目を向けることで、なぜ痒みが起きたのかが見えてきます。

おでこに加わる刺激

前髪がおでこの痒みを出す

  • 髪の毛の毛先が触れている
  • 化粧による刺激

このようにおでこに直接触れるものなどのよる刺激が痒みを引き起こすことがあります。よくおでこを隠すために髪の毛を伸ばしている場合、返って痒みを誘発することがあります。些細なことですが、このようなことが痒みを起こし、かいてしまう悪循環を起こしていることが多いのです。

皮膚の中の問題

  • おでこの引きつり
  • 神経の緊張
  • 皮膚の乾燥

痒みは乾燥や緊張によって感じやすくなります。乾燥することで痒みを感じる神経が表皮近くに伸びるとの報告もあります。また、神経が緊張することで感覚過敏も起こりやすいです。特におでこと同じ等に眉毛の痒みも起こりやすいです。そんなときは、疲労や過度な力みが原因のこともあります。

2,おでこがかゆい原因

緊張すると痒みやすくなる

  • 皮膚が引き連れて痒みが出る
  • 目の疲労で神経が緊張する
  • 皮膚が乾燥して痒みが出る
  • 熱がこもり痒みが出る

皮膚そのものに問題がある場合は、乾燥のことが多いです。栄養不足であれば、引きつりやすく壊れやすいです。その問題に加えて、目に疲れや

姿勢不良で頭に夏がこもると痒みが起こりやすいです。ポイントなのが、どんなときに痒みを感じるのか、どのようにかいているのかなどで深さの違いがわかります。傷ができる場合は、皮膚の脆さに加えて、皮膚よりも深い部分に原因があることが多いです。その場合は、かくという行為ではなく、その深さに応じたケアをする必要があります。

3,一般的なかゆみへの対処

おでこの痒みは冷やすと良い

  • 薬の塗布で炎症を抑える
  • 保冷剤などで冷やす

ステロイドなどの炎症を抑える薬が一般的には処方されます。傷ができてしまう場合は、炎症が起きていますし、傷があるだけで痒みを感じやすいです。ですので、その処置で痒みが治れば問題ありません。また、熱のこもりなどは、冷やすことで沈静化することも多いです。

しかし、これらの対処でも痒みが止まらない、ぶり返すことがあります。その場合は、炎症を起こし続けている、または痒みの元凶が取りきれていない場合があります。そのようなときは、一般的な痒みへの対処と並行して、皮膚そのものや皮膚よりも深い部分へのケアをする必要があります。

4,英気治療院の取り組み

神経を緩めると痒みにくくなる

  • 頭皮の引きつりを解消して乾燥しにくくする
  • 目にかかる負担を減ら緊張を緩和させる
  • 熱を発散しやすくして熱のこもりを防ぐ

乾燥、熱のこもり、緊張などが痒みを起こす要素としてあります。

例えば目の疲労があることで、目の周りの眉毛、こめかみ、頬周り、おでこ周囲にある神経が緊張しやすくなります。その場合、血液の鬱滞や充血、神経の緊張が起こります。その状態が続くことで、感覚過敏やほてりが起こり痒みやすくなります。二次的に起きた緊張やほてりが痒みを起こします。ですので、対処としては、痒みを止めるだけでなく、緊張やほてりもおさめることで痒みが起こりにくくなります。

5,この記事のまとめ

さて、いかがでしたでしょうか?

おでこの痒みは、皮膚と皮膚以外の問題で起こります。大切なのは、何が痒みを起こしているのかを明確にすることです。それができれば適切な対処ができます。なんとなく、たまたま治った場合は、意識して痒みをコントロールできません。痒みは必要があって体が出しているサインです。その体の声に答えることができれば、皮膚を痛めることなくおさめることができます。是非とも、皮膚以外の体の変化に目を向けてみてくださいませ。