おでこがかゆい原因と対処

おでこがかゆい原因と対処

おでこがかゆい原因

おでこがかゆい原因

  • 目の疲れ
  • 頭皮の引きつり
  • 熱のこもり

キャパオーバーが痒みを出す

目の疲れ

目が疲れることで、目の周りの神経が緊張します。神経が緊張することで、痛みやかゆみなどへ過敏になりやすいです。
また、固くなった神経を緩めるために血液が集まり赤ら顔にもなりやすいです。

頭皮の引きつり

頭皮は足の裏から人つながりでつながっています。足の疲れや背中のコリがあると、皮膚を伝っておでこが引き連れます。
首の動かしやすさや頭皮の硬さがあれば、頭以外のコリなどを疑ってみましょう。

熱のこもり

脳疲労になると頭の中に熱がこもり赤ら顔やむず痒さが起こりやすいです。

エネルギーの消耗が多い脳は、パソコンと同じで使いすぎると熱を持ちます。熱を帯びると血液はさらに引き寄せられ赤ら顔になってしまいます。

おでこがかゆいときの対処

おでこがかゆいときの対処

  • 神経を休める
  • 胸とお腹を膨らませる
  • 頭を冷ます

体全体でケアをする

神経を休める

眼精疲労になると、目の周囲の神経が影響を受けて緊張します。神経は緊張することで過敏になります。痛みはもちろん痒みもその1つです。目の周りがむず痒い場合、目が疲労していることが多いです。
この様な場合は、目の血流を促すだけでなく、周囲の緊張した神経を緩めるマッサージが有効です。

胸とお腹を膨らませる

首には胸に繋がる空間があります。この空間に圧力がくわわると、頭に熱や圧が加わりやすくなります。
この時には、腹式呼吸や胸式呼吸をすることで圧を下に逃すことができます。

呼吸が苦しい場合は、過緊張や自律神経の乱れも影響している場合があります。その時は、自律神経を整えるケアをしてから行うと、呼吸もしやすくなります。

頭を冷ます

頭に熱がこもった時は、頭を冷やすと効果的です。
対処として直接的な方法ですが、熱で膨張して皮膚が脆く傷つきやすい状況を脱することができます。

まずは、熱を冷まして落ち着かせましょう。それから上記の体全体へ向けたケアをされると良いです。

是非とも試してみてくださいませ。

動画で解説

おでこがかゆいについて詳しくはこちら

おでこがかゆい