アトピーで眉毛がかゆい

1,アトピーで起こる眉毛のかゆみとは?

アトピーは、かゆみや赤みを主体とするアレルギー症状と言われております。そのかゆみを感じる部分は人の状態に応じて特定の部分に起こる傾向があります。眉毛の部分にかゆみが起こる場合には、その部分周辺や解剖学的に関わる組織に問題が起こると生じやすいです。

2,眉毛がかゆくなるが起こる原因

  • 目の神経の疲労
  • 目の周囲の乾燥
  • 筋膜のひきつり

眉毛周囲のかゆみは、炎症以外でも起こります。眉毛よりも深い部分の組織に問題があってもかゆみは生じます。

眉毛の下には神経がある

眉毛の下には顔面をそうように神経があります。目の疲労や頭部周囲へ関与する神経が硬くなることで、かゆみが出ます。

目の周囲の乾燥

目の乾燥は、目の周りにとどまらずまぶたにまで及びます。ですので、目が疲労して乾燥すると乾燥によるかゆみが眉毛でも起こります。

筋膜がひきつるとかゆみが出る

筋膜は皮膚や筋肉の間にある組織です。この筋膜は縦横斜めに連なってつながりを作っています。おでこ周りにもこの筋膜があり、足裏にまで続いています。この筋膜はひきつることでもかゆみは起こります。

 

3,眉毛がかゆくなる人の特徴

  • 目が疲労しやすい
  • 姿勢が崩れやすい
  • 頭痛が起こりやすい

眉毛がかゆくなりやすいとは、目の疲労が疲労しやすい人に多いです。ついで姿勢不良や頭痛が起こりやすい人に見られる傾向があります。皮膚よりも深い部分に強張りが起こることでかゆみは起こりやすいです。

4,眉毛がかゆくなった時にする対処

  • 眉毛周囲を指圧する
  • 目の周りの巡りをよくする

眉毛にかゆみを感じた場合には、巡りをよくすることで解消できます。その方法として、温めたり指圧をして改善させていきます。温めることで血管が拡張して巡りがよくなります。また、眉毛への指圧は、神経を緩める事を目的とします。神経がこわばる事で、体液を集めて緩めようとします。しかし、緩めることができないと、熱をもち巡りが悪くなってかゆみを引き起こします。そのような状態を解消することでかゆみは治ります。

5,眉毛がかゆくならないための予防

  • 頭皮や筋膜を柔らかくする
  • 目の疲労をとる

皮膚や筋膜のひきつり解消することで、かゆみが起こる前に対処することができます。また、目の疲労は乾燥や神経の強張りを引き起こします。ですので、かゆみが起こる前にケアをすることで、かゆみそのものが出ることなくコントロールできます。

6,整体で眉毛のかゆみが解消できる理由

目のケアの1つに、目や首回りの動きを解消することで行えます。眉毛にかゆみがあっても、眉毛そのものに問題があることは少ないです。また、筋膜の問題を1つ取っても、足裏や姿勢不良がその問題を引き起こします。ですので、眉毛に負担をかける要素を解消することで、眉毛に起こるかゆみに対応することができます。

7,この記事のまとめ

さて、いかがでしたでしょうか?

眉毛のかゆみは、眉毛そのものに問題はあることは少ないです。多くの場合は、その周囲やより深い部分や遠い部分の影響を受けてかゆみが起こります。もし、そのような場合は、眉毛をこすっても一時しのぎにしかならず、かゆみを繰り返してしてしまいます。この問題については、かゆみに伴って変化する体の不調を解消する事でよくすることができます。その1つの方法としてマッサージやストレッチなどもあります。

是非とも、繰り返してしまう場合にはケアを試して見てくださいませ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

川崎市多摩区のアトピー専門整体「英気治療院」

(当日予約も受付け中)土日祝日も営業

0120-71-4976

0120-71-4976
ネット予約はコチラ LINE予約はコチラ
営業時間
9:00-21:00
定休日
12月は6、9、13、22、23、24日です。(別途、休診日以外では、当日予約も可能です)

〒214-0014神奈川県川崎市多摩区登戸2075-2コスモスパジオ向ヶ丘遊園502-A