顔まわりのアトピー

1,顔まわりのアトピーとは?

アトピー性皮膚炎では、特に大人アトピーで見られてやすいが顔まわりの赤みや湿疹です。アトピー性皮膚炎では、肘、膝、顔など左右対に出るのが特徴です。特に顔の赤みや湿疹は、皮膚の代謝が活発な分だけ、変化が著しいです。皮膚が薄いので、赤み、体液、落屑などの症状が起こりやすいです。アトピーと同様、同じような症状でも、その出ている部位が異なる場合、対処の仕方や出ている意味合いが異っているのです。では、なぜ、このような症状が出るのですか?それは、顔まわりには、様々な器官が集中しているからです。

2,顔まわりにアトピーが起こる原因

顔まりりの赤みや湿疹は、アレルギー以外でも起きます。その原因は目や口、はな、耳などの器官への負担があります。また負担に伴い、筋肉や神経が強張り、赤くなった痒みを引いて起きているのです。それがそれらの器官への負担は、使いすぎにも多くです。目の充血のように、血液が皮膚に集まります。体は負担がかかりそうで起きる緊張を解消したいだめに、痒みを引き起こします。皮膚表面に刺激を加えることで、炎症が起きる、さもなければ赤みや痒みを引き起こしているのが病態です。

3,顔まわりのアトピーが起こる人の特徴

顔まわりは、他の部位と組織とは異なります。例えば、皮膚の厚みが薄いです。角層と呼ばれるのは、0,02mmです、サララップ1枚分程度です。しかし、顔の皮膚は、その半分の0.01mmと言われております。その分、赤みが出やすいです。また、顔には毛細血管も豊富で、のぼせやすく、血液の眠りも収まりやすいです。

このような皮膚であり、5感覚のほほんが顔まわりに集まっています。それが器官に負担がかかり、赤みが出やすいくらいです。

まぶたの赤み

目の疲労があると、まぶたが赤くなりやすいです。目の周りをすることで、皮膚が薄くなります。目の充血だけでなく、まぶたの周りにも鬱血が起ります。充血は血液を集めている状態です。鬱血は、血液の流れが悪くなって、満ちることです。目を負担するか、熱を持てることで、目の周りは赤くなります。目にかからない負担を減らせ、冷やすなどの対処をすることで、解消したりすっきりします。

口周りの落屑

口周りの落屑は、乾燥するために起きます。消化機能の低下や栄養不足もあります。また、緊張するために唾液の分泌が少ししかない、それによって唇が乾燥します。唇には、汗腺がありますそれでは、周りの皮膚から水分を奪います。舌をなめる、唇を紡ぐ行為が刺激となってかぶれや炎症が起こります。この場合は、栄養補給や頬周りを緩めることで、唾液のです分泌を促します。そうすることで、乾燥しなくなり、落屑も治ります。

耳切れ

耳たぶが下から切れてしまった状態を耳切れといいます。耳切れの原因は、熱のこもり、食いばり、それでむくみが皮膚をもろくして、避けています。この場合は、耳にまるで負担を減らせます三尺管や聴覚への負担を考慮します。耳切れが起きた時は、冷やして落ち着かせ、周りを緩めることからされてください。

顎周りのカサカサ

顎周りは皮膚が特に薄くなっております。ほほや喉周りの皮膚が引っ張るところで、引き伸ばされて乾燥してくださいます。このような場合は、顎をかくのではなく、頬や喉囲を緩めることで解消できます。また、乾燥したほほては赤い場合は冷やすことが良いです。顔は皮膚が薄く熱を持ちやすいので、温めてもろくなってしまいます。冷やすことで血流もされ、保湿もできますので、お試しくださいませ。

4,顔まわりのアトピーが起こる時にする対処

  • 冷やす
  • 温める
  • 流す

冷やすことで落ち着かせる

顔まわりの赤みや湿疹は血液が集まっていることが多いです。また、その場合は、それ以上血液を集めないようにすることで解消できます。冷やすことで血管を収縮させて赤みが引きますまた、氷のような冷たいものです、保湿の効果もありますので、のぼせなどによる乾燥対策にも有効です。

温めることで痒みの元を排除する

痒みを感じる物質にヒスタミンと同様にがあります。また、血液が鬱滞していることで痒みを感じます。このように、何かが充満している場合は、その滞在を解消することでよくできますします。

水ですすぐことで痒みの元を流す

水を流して水を流すと、その流れにはされて血液等が回りきります。体温よりも冷たい、水分で保湿もできるので、痒みも治りやすいです。乾燥気味の場合には、十分水で潤われた後にクリームなどの油分を塗ると水分が蒸散することで起こる乾燥を防がれることができます。

5,顔まわりのアトピーが起こらないための予防

顔まわりにアトピーが起きるには、共通して「無理をしている」から起きてます。無理なのは使いすぎたり刺激したりするなどのことを言います。目の充血はわかりやすいですが、筋肉や神経の強張りが起きても痒みを起こします。皮膚より深く部分にあるので、強くかいて傷を作っています。そんな赤みや湿疹の予防は、休息と回復です。

使いすぎた時は血流を促す

使えそうな時にはまったく冷やすことが良いです。充血している部分は赤くなります。必要に応じて血液を集めていますが、必要以上に赤くなり火照りをうむ場合があります。そんな時は、アイシングをして抑えます。

また、火照りがない場合には、温めて、栄養補給や老廃物の除去を目的として温めるのが良いです。アイシングに温熱療法は、その時に熱を持っているなどどうかで判断します。よくわからない時には、心地よい方を選択します。

回復させるために緩める

赤みが起る時には、血液を集めたい時です。例えばお風呂に入れると、急に顔が赤くなる場合があります。この時には、血液を集めたい時に集める部分に集まって行こです。ですので、顔まわりの疲労や老廃物がある時に、このような風呂に入れると赤くなる現象が起こります。それで、入浴を済ませた後には、必要な分だけ血液を集めたことで赤みが薄らいでいきますします。

顔まわりの赤みは、このようにして集める理由がなくなることで治っています。その理屈から神神や筋肉のこりや怖がりがある時には、指圧やマッサージをすることで、赤みを引かせることができます顔の赤みを解消するには、必要なだけを血液を集めるか、集める必要を与えない方法があります。

6,整体で顔周まわりのアトピーが解消できる理由

顔まわりの赤みや湿疹は、使いすぎや乾燥などの影響を受けて起きます。

整体では、5感覚のバランを整え、体にかかる負担を分散させます。例えば耳にかかる負担の軽減として、片足バランシングのしやすさがあります。片足で不安でいると、体の具合感覚を司る三半規管に負担がかかります。筋肉を緩めて体の軸をしっかりと保つことができれば、三半規管への負担を軽減することができます。整体では、このように原因に対しても対処することがありますできます。

7,この記事のまとめ

さて、いががでしたでしょうか?

顔まわりの赤みや湿疹は、アレルギー以外でも起こります。見た目がアトピーっぽいだけでステロイドを多用することが多いです。しかし、赤みや湿疹は緊張や感想でも起こります。体で起きている症状の本当の原因を知ることで、薬に頼ることなく赤みや湿疹を解消することができます。是非とも、皮膚以外の体の変化を読み解いて、適切な対処をされてくださいませ。

英気治療院にLINEで予約

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

川崎市多摩区のアトピー専門整体「英気治療院」

(当日予約も受付け中)土日祝日も営業

0120-71-4976

0120-71-4976
ネット予約はコチラ LINE予約はコチラ
営業時間
9:00-21:00
定休日
12月は6、9、13、22、23、24日です。(別途、休診日以外では、当日予約も可能です)

〒214-0014神奈川県川崎市多摩区登戸2075-2コスモスパジオ向ヶ丘遊園502-A