アトピーと慢性疲労症候群

1,慢性疲労症候群とは?

慢性疲労症候群とは、原因不明の強い疲労が長期間(一般的に6ヶ月以上)におよび継続する病気である

「慢性疲労症候群の実態調査と客観的診断法の検証と普及」研究班. “日本疲労学会による新たなCFS診断指針”. 2015年3月12日閲覧より
https://www.fuksi-kagk-u.ac.jp/guide/efforts/research/kuratsune/fatigue/fatigue05.html

2,慢性疲労症候群が起こる原因

  • 遺伝子異常
  • 免疫異常
  • 内分泌異常
  • 神経学的異常
  • ミログリアによる異常
  • 感染症

一般的に、慢性疲労症候群は、単一もしくは複数の要素が重なり原因となっております。この慢性疲労症候群は、体調不良の引き金になっています。

慢性疲労症候群の原因は、アトピー性皮膚炎に関しても原因となり起こります。

  • 慢性炎症による消耗
  • 重金属によるエネルギー代謝障害

慢性炎症による消耗

慢性炎症とは、長期的に体で起こっている炎症です。この炎症が起きていると、体の至るとことで炎症が起こりやすくなります。アレルギー疾患であるアトピーも慢性炎症によって引き起こされやすい疾患の1つです。慢性炎症があると他の部位にも炎症が起こりやすくなります。これをホーミング機構といいます。

慢性炎症は、上咽頭、腸管、口腔など様々な部位で起こる可能性があります。ですので、慢性疲労症候群の疑いがあれば、その炎症を解消することが優先となります。

重金属によるエネルギー代謝障害

慢性疲労症候群は、重金属などによってエネルギー代謝の経路に障害が起こることでも発症します。身近なもので言えば水銀です。歯科金属の一部に水銀を使用したアマルガムという金属があります。これは体内に内に入ると有機水銀に変換して取り込まれる場合があります。排泄機能がうまく働いていない場合には、重金属が蓄積していき、エネルギー代謝を阻害します。その結果、慢性疲労症候群を引き起こします。

3,慢性疲労症候群が起こる人の特徴

慢性疲労症候群が起こりやすい人には、その生活習慣にも特徴があります。例えば、睡眠不足、偏った食生活などが挙げられます。慢性炎症を引き起こす原因は、重金属や慢性炎症のように、体にかかる負担だけではありません。

体を回復する時間や質の低下があることでも起こるのです。毎晩の夜更かしが続くことで、自律神経が乱れてしまいます。偏った食事によって、栄養素の不足が起こります。このように、負担や体のケアのアンバランスが慢性疲労症候群を起こすのです。

 

 

4,慢性疲労症候群が起こる時にする対処

一般的な対処法

  • 非薬物療法
  • 薬物療法
  • リツキシマブ

上記の対処法は、症状に対する対処になります。慢性疲労症候群が、起きた原因についての対処ではないです。もちろん、対処をして生活の質を高めることは必要です。しかし、それだけでなく、体んかかる負担や薬やサプリメントなどを減らして卒業できる習慣やケアも並行して行うべきです。

英気治療院の考える慢性疲労症候群への対処法

  • 体にかかる負担を減らす
  • 体を回復させるケアを行う

重金属や慢性炎症などへのケアが負担の軽減い当たります。また、食事や睡眠の質を高めることが回復させるためのケアに該当します。

上記のような負担は、血液データや遺伝子検査など客観的なデータなどを用いることでも明確になります。

そのほかにも、現状の生活習慣を問診やカウンセリングなどで紐解くことで汲み取ることができます。

5,慢性疲労症候群が起こらないための予防

体の感覚を正常化することで、慢性疲労症候群を予防することができます。仕事や学業など体に負担をかけるシチュエーションが起こることはあります。しかし、そこで起きた負担をしっかりと解消することを行なっているかどうかを確認します。

体は長期的に負担をかけると、感覚が鈍くなっていきます。無理をしすぎていると、ぎっくり腰のように、急に痛みが出るように、体のスイッチが切れてしまいます。

頑張ったぶんだけ、体を回復させる取り組みがあるかどうかを見直します。そうするだけで、体に意識が向き、ほんの少しの変化をも感じ取ることができます。感覚の変化に気付きやすくなれば、ほんの少しのケアで体を元の健康な状態に戻すことができるのです。

6,整体で慢性疲労症候群が解消できる理由

体の疲労は血流や神経の伝達によって感じ取っています。その巡りを促すことで、感覚が戻り、体が回復しやすくなります。

また、疲労することで自律神経が乱れます。自律神経の乱れは筋肉の緊張に現れやすいです。この変化を利用して、筋肉の緊張を解くことで、自律神経を整えます。慢性疲労症候群では、体の緊張が強いことが多いです。ですので、この緊張を緩和することが、慢性疲労の解消につながります。

7,この記事のまとめ

さて、いかがでしたでしょうか?

慢性疲労症候群をケアすることで、アトピーのケアにもつながります。日頃の生活習慣が慢性疲労を引き起こし、アトピーの回復を難渋させます。痒みへのケアという意識だけでなく、体の疲労を取り除く取り組みをすることでもアトピーのケアにつながります。

是非とも、ご自身の健康づくりにお役立てくださいませ。

参考・引用

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%85%A2%E6%80%A7%E7%96%B2%E5%8A%B4%E7%97%87%E5%80%99%E7%BE%A4(wikiより)

英気治療院にLINEで予約

https://eiki-tiryouin.co.jp/first/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

川崎市多摩区のアトピー専門整体「英気治療院」

(当日予約も受付け中)土日祝日も営業

0120-71-4976

0120-71-4976
ネット予約はコチラ LINE予約はコチラ
営業時間
9:00-21:00
定休日
11月は5、6、7、8、11、14、23、25日ですです。(別途、休診日以外では、当日予約も可能です)

〒214-0014神奈川県川崎市多摩区登戸2075-2コスモスパジオ向ヶ丘遊園502-A