すねがかゆい

すねがかゆい時にどのような対処をされますか?手や足が届くのでついかいてしまいがちな部分です。また、すねは骨ばっているので、皮膚の変形や色素沈着にもなりやすい部分です。場合によってはアミロイド苔癬と呼ばれる皮膚の肥厚する変形も起こってしまいます。そんなすねの痒みは、皮膚以外の負担が痒みを起こすこともあります。そんな痒みの原因や対処の仕方を英気治療院の取り組みを交えて解説させていただきます。

1,すねがかゆい理由

靴下を脱ぐとかゆい

  • 異物を除去するためにかゆみが起こる
  • 神経の過敏症で痒みが起こる
  • 骨への負担でかゆみが起こる

すねがかゆくなる時は、どんなときでしょうか?

例えば、靴下を脱いだ時にかゆみを感じることが多いです。その場合は、靴下の繊維ゴムの締めつけなど物理的な問題洗剤成分ノリ加工などの化学的な問題もあります。このような問題の場合は、刺激になったものを除去する、滞っためぐりを解消することでかゆみは治ります。
また、靴下そのものが原因であれば、同じ靴下を履くことで繰り返します。ですので、これが問題!と思ったことであれば再現性があるのです。
かゆみを感じてかいて治れば問題ありません。しかし、繰り返す、傷になる場合は、かくという対処が適切ではありません。そのような時には、どんな時にかゆみを感じるのかを観察します。また、再現性や体の変化をみながらかく以外の対処を試みることで皮膚を傷つけることなくかゆみを抑えることを指定行きます。

2,すねがかゆい原因

すねのかゆみ

  • 皮膚に刺激具加わっている
  • めぐりが悪い
  • 骨に負担がかかっている
  • 神経の圧迫がある

かゆみは体の異常を知らせるサインの1つです。
皮膚表面に異物がある、皮膚そのものに異常がある時に、それを拭うなどして解消させる働きがけです。ですので、皮膚を傷つけない程度の強さですむはずなのです。
しかし、皮膚を傷つけてしまう場合には、皮膚よりも深い部分に問題があると考えられます。その場合は、かゆみを感じた部分の皮膚よりも深いところにどんな組織があるのかを知ることで、何が異常を起こしているのかを推測できます。

例えば、神経、血管、リンパ管、骨などがあります。かゆみの原因を探るには、出ている部分だけでなく、その湿疹がどんな形や分布で起きているのかを見ることが有効です。特に多いのが骨の面に沿ってかいていることが多いです。

さらに、骨に問題がある時には、強くえぐるようにゴリゴリとかき壊します。このように湿疹の分布や範囲、かゆみを感じた時にどのようにかくのかを観察することで、何がかゆみを引き起こしているのかを知る手立てになります。

3,一般的なかゆみへの対処

すねの炎症には薬が有効

  • スキンケアで保湿を行う
  • 傷口には薬を塗布して炎症を抑える
  • 抗ヒスタミンなどのアレルギーに対する内服を使用する

一般的に、皮膚そのものに問題があれば保湿や保護などのケアが第一選択とされます。その上で、傷がある、湿疹や炎症の所見があれば薬の処方がなされます。それで、大半はよくなります。しかし、それでも繰り返しかゆみが起こる場合には、炎症を起こし続けているのか、または、皮膚に炎症以外の問題が起きて痒みを誘発していると考えます。

まずは、皮膚そのものへのケアや対処が必要です。それをした上で、残る問題を解決するために区別をすることができます。このようにして、慢性化する場合には複数の要素が混在しています。皮膚以外のケアについて、英気治療院では、姿勢や体の中に起こる問題を整えることで解消していきます。それでは、その内容をお伝えさせていただきます。

4,英気治療院の取り組み

かゆみ対策には鍼灸で自律神経を整える

  • 骨盤や背骨を整えすねにかかる負担を軽減する
  • 胃腸を整え体の重心を変える
  • 体の緊張を解消させて自律神経を調節する

まずは、アレルギーなどの炎症反応が起こりやすい体かどうかを確認します。体の中で慢性的な炎症があると、皮膚にも炎症反応が起こりやすくなります。これをホーミング機構と呼ばれています。その影響は姿勢に現れます。胃腸の調子が悪い場合には猫背や骨盤が傾いてお腹にシワができやすいです。この姿勢がさらに胃腸を圧迫してさらなる鬱血や負担を重ねてしまいます。その場合は、お腹や背中の緊張を緩和してお腹にかかる負担を解消させていきます。その上で、食べ物や日常生活の習慣を変えることで、慢性的な炎症も解消させていきます。そうすることで、姿勢やそのに付随するすねにかかる負担も解消されて、かゆみにくい体になっていきます。

また、経絡ではすねは胃経という経絡に属します。胃腸の負担があることで、すねの周りの筋肉も緊張します。鍼灸を用いて経絡を整えることで、そのめぐりを解消させてかゆみが起こりにくい状態にしていきます。
さらに、体の中で、自律神経が緊張しすぎていると、感覚過敏やアレルギー症状を起こしやすくなります。背中やお腹の筋肉の緊張はその状態を反映しています。ですので、背中やお腹を緩めることで、自律神経の働きを正常化させて、アレルギーや感覚過敏が起こりにくい状態にしていきます。

英気治療院では、このように体の中ら姿勢を正すことで、かゆみそのものやかゆみが起こりにくい状態にしていきます。

5,この記事のまとめ

さて、いかがでしたでしょうか?

すねのかゆみは、すねに直接刺激が加わる問題と、間接的にかゆみを引き起こす問題のに分けて考えることができます。まずは、スキンケアや炎症に対数る対処が必要です。その上で、まだ残るかゆみに対しては、すね以外の部分に問題があると考えます。鍼灸や姿勢などを用いることですねにかかる負担を減らすことができます。その結果、かゆみそのものが起こりにくい体にすることができます。

是非とも、すねが辛い、繰り返している場合には、すね以外に起きている体の不調を解消されてみてくださいませ。